用語

EQイコライザー

イコライゼーション(EQ)、またはトーンコントロールは周波数特性と音質を好みの形に変える事ができます
イコライザーは音の振幅を指定の周波数までブーストしたり切り取ったりすることができます。
フラットな周波数特性を作ったり、特定の楽器の音に色をつけたりすることが可能です。
 


サブカーディオイド

サブカーディオイドマイクロホンは、カーディオイドよりも広い範囲で音を収音します。無指向性よりも周囲の音に対し後方感度が低下しますが、カーディオイドほどではありません。ステージモニター等の音響強化をした場合にフィードバックの影響を受けやすいので、放送やインイヤーモニター等フィードバックが問題とならないシチュエーションでの使用に適しています。


アンバランス型回路

マイクロホンの配線タイプには、バランス(シールドを施された 2 本の線で音声信号を伝えます)、あるいはアンバランス(シールドされた 1 本の線を使用)があります。 アンバランス出力は1つの電子導体(とシールド)の信号を持ちます。
近くの電源等電子機器のハミングに簡単に反応し、干渉がおきてサウンドクオリティーを下げる可能性があります。
バランス出力は2つの電子導体(とシールド)の信号を持ちます。それぞれの信号は同じレベルで逆の指向特性を持ちます(1つが正、1つが負など)。このタイプも近くの電子機器に反応を起こしますが、バランス型マイクロホン入力は2つの信号の違いだけを捉えて干渉の影響を抑えます。
オーディオ-(-オーディオ)= オーディオ+オーディオ& ノイズ-ノイズ=0.
このエフェクトは電子ノイズをなくし、強いオーディオ信号を届けます。


インピーダンス

インピーダンスは圧と流れの比を表し、信号に対する抵抗値のことを指します。
単位はオーム(Ω)です。
インピーダンスが低ければマイクロホンに多くのフローが流れることが出来ます。
出力インピーダンスはミキサーのマイクロホンの入力インピーダンスより低くある必要があります。


エレクトレット

エレクトレットマイクロホンはコンデンサーマイクロホンに似ています。

コンデンサーマイクロホンは電源が必要ですが、エレクトレットは永久的に極性された合成素材です。
これはバックプレートに取付けられており、このマイクロホンはファンタム電源やバッテリの電源が必要ありません。

 


カーディオイド

カーディオイドマイクロホンは前面の感度が一番高く、背面の感度は低いです。
無指向性マイクロホンよりもフィードバックを減らし、不要な音を拾わないという特性があります。
カーディオイドマイクロホンは特に大音量のステージ向けです。


コンデンサーマイクロホン

コンデンサーマイクロホンは電源が必要で感度が高く、スムーズで自然な音を作ります。コンデンサーマイクロホンは、音に敏感な帯電ダイアフラムと バックプレートで構成されています。ダイアフラムが音を感知するとダイアフラムとバックプレートの距離が変わり、コンデンサーの容量も変わります。このス ペースの違いが電子信号を生みます。コンデンサーマイクロホンには電源が必要です。そして、電源を供給する方法としては、ファンタム電源と呼ばれる方法が 一般的です。


コンプレッサー

コンプレッサーは話し手や歌い手のピーク(過大音量)を、事前に設定した歪みを生じさせない量だけ自動的に下げます。また、コンプレッサーは大音量部と小音量部のレベル差を小さくするので、見かけ上の音量を大きくできます。
例えば2:1比率の場合、入力信号が2デシベル上がるごとに出力レベルは1デシベルのみ上がります。コンプレッサーのさまざまなパラメーターは特定の信号を処理するのでパフォーマンスに多大な影響を与えます。アタックタイムやリリースタイムなどはとても重要です。


スモールダイアフラム

コンデンサーマイクロホンにはスモールとラージダイアフラムという言葉が使われます。
ラージダイアフラムは最低直径1インチ(2.54cm)です
ラージダイアフラムマイクロホンは音にハーモニクスを加え、声をスムーズにするのでボーカルレコーディングによく使われます。
スモールダイアフラムマイクロホンはフラット周波数帯域を持っているので自然な音になり、楽器レコーディングによく使用されます。


スーパーカーディオイド

スーパーカーディオイドマイクロホンは狭い部分の音を捉え、カーディオイドよりも周囲の音を排除します。
背面部分の音も一部拾いますので、マイクロホンのポジショニングがとても重要になります。スーパーカーディオイドはフィードバックに対して有効なマイクロホンで、一つの音を大音量の環境で収音したい場合に最適です。


ダイナミックマイクロホン

ダイナミックマイクロホンは比較的シンプルな構造の上、手頃で頑丈です。このタイプのマイクロホンは高い音圧レベルを扱うことができ、また高い温度や湿度といった不向きな状況にも耐えることが可能です。
ダイナミックマイクロホンはダイアフラム、ボイスコイルと磁石と搭載しています。ボイスコイルはダイアフラムの後ろの磁場に囲まれています。ボイスコイルは収音に応じて電子信号を生じさせます。


ダイナミックレンジ

ダイナミックレンジとは、信号の再現能力を表す数値で、最小値と最大値の比率をdB単位で表したものです。
この2つのレンジはマイクロホンの等価雑音でマイクロホンが拾える最大のサウンドプレッシャーレベル(SPL)を指します。
 


ダイバーシティ

いわゆるダイバーシティレシーバーは2つのアンテナがあり一貫性のある信号受信に役立っています。
1つ目のアンテナのワイヤレス信号が悪くなった場合、2つ目のアンテナが受信をし、ドロップアウトやノイズの多いシグナルがなくなります。
全てのShureワイヤレス製品はダイバーシティ受信機能があり、非ダイバーシティーシステムよりも信頼性の高い性能を誇ります。


デシベル

デシベル(dB)はフィートやインチ、ポンドなどの単位では有りません。デシベルは2つの値の比較で電子とアコースティック測定によく使われます。
デシベルはボルテージなど2つの値を比べる数字です。
デシベルは対数比で非常に大きな測定値を小さな測定値に変えます。
ボルテージとデシベルの関係は次の式で表せます。dB = 20 x log(V1/V2)


トランスデューサー

トランスデューサーはエネルギーを別のタイプに変換します。
マイクロホンではサウンドエネルギーを電子信号に変える役割を果たします。
最も使用されるトランスデューサーのタイプはダイナミックとコンデンサーです。


トランスデューサータイプ

トランスデューサーはエネルギーを別のタイプに変換します。
マイクロホンではサウンドエネルギーを電子信号に変える役割を果たします。
最も使用されるトランスデューサーのタイプはダイナミックとコンデンサーです。


ハイパーカーディオイド

ハイパーカーディオイドマイクロホンはスーパーカーディオイドより更に狭い部分の音を捉え、周囲の音を排除します。 背面部分の音も一部拾いますので、マイクロホンのポジショニングがとても重要になります。ハイパーカーディオイドはフィードバックに対して有効なマイクロホンで、一つの音を大音量の環境で収音したい場合に最適です。


ハーフカーディオイド

ハーフカーディオイド指向特性マイクロホンは通常フラットな表面にマウントされているバンダリーマイクロホンです。
カーディオイドと同じようなサウンドを拾いますが、マウント表面より上の半球の部分だけを捉えます。


ファンタム電源

全てのコンデンサーマイクロホンはファンタム電源が必要です。
48ボルト(マイクロホンによっては12ボルト)の電源が通常ミキサーによって提供されます。
コンデンサーマイクロホンによっては内蔵の電源で動作し、ファンタム電源を供給できないミキサーやPCサウンドカードと共に使用するのに最適です。


フィードバッグ

どのサウンドシステムを使用しても大音量のサウンドはマイクロホンに拾われます。
このサウンドがまたシステム内に録音され、スピーカーで更に再生されます。
そのサウンドがまたマイクロホンに拾われ、この循環が続きます。
この状況をフィードバックとよびます。
これがシステム内にノイズを発生させ、ハウリングという現象を起こします。


ミックスモード

Shureステレオインイヤーパーソナルモニター(IEPM)システムはMixModeという機能を備えています。
ステレオIEPMはステレオモードで左右それぞれから2つのオーディオチャンネルを受信します。
MixModeは両方の音をモニターに届けますが1つをバンドミックス、もう1つをボーカルミックスにしたり、それぞれの音のバランスをコントロール出来ます。


ラージダイアフラム

コンデンサーマイクロホンにはスモールとラージダイアフラムという言葉が使われます。
ラージダイアフラムは最低直径1インチ(2.54cm)です
ラージダイアフラムマイクロホンは音にハーモニクスを加え、声をスムーズにするのでボーカルレコーディングによく使われます。


リボンマイクロホン

リボンマイクロホンはダイナミックマイクロホンの一つで、薄い電子リボンがポールと磁石の間に配置されています。
リボンはリボンマイクロホンの一部で音を拾う役割を果たします。
リボンは通常とても薄い金属膜です。片方をポールピースに、もう片方は絶縁され、2極の強力な磁気によって吊り上げられています。
リボン振動体が磁界中で振動することによって、リボンの両端に起電力が生じ、音声信号が得らます
一般的にリボンマイクロホンは双方向特性で、前面と背面から収音し、左右90度の音を排除します。


全高調波歪み

全高調波歪み(THD)とは周波数特性と同じぐらいオーディオ単位としてよく使われる値で、信号の歪みの程度を表す値です。
ハーモニック正弦波がユニットに流され、歪み測定器に送られます。
基準測定レベルに基づき、測定器はテストで使用された周波数を出し、残りの他の周波数をフィルタリングし、望む帯域幅(通常20Hz~20kHz)に調整します。
ACラインハムや干渉バズ等の残ったものがノイズです。


動作周波数

全てのワイヤレスマイクロホンシステムは動作周波数と呼ばれる特定の周波数で送受信をしています。
ワイヤレスシステムを使用する際に重要なのは正しい動作周波数を選ぶことです。
RF周波数を適当に選んでしまうとマイクロホンが干渉を起こし、ノイズの多い信号やドロップアウトにつながります。2つのワイヤレスシステムを同じ場所で1つの周波数を使って操作することは出来ません。
また、同じように2つのマイクロホンシステムをレシーバー1つのみで同時に使用する事もできません。
より性能の良いシステムはより多い周波数選択が出来、複数のレシーバーとトランスミッターを結合する機能があります。


双方向性

双方向指向特性はいわゆる”8の字型”と呼ばれます。
8の字型指向特性を持ったマイクロホンは前面と背面から音を捉え、90度左右からは音を拾いません。
このタイプのマイクロホンは通常リボンマイクロホン或いはラージダイアフラムマイクロホンです。


周波数

サウンドやラジオ波が一秒に何回振動するかをヘルツ(Hz)で表したものが周波数です。

サウンド振動の周波数は私達が耳にするピッチと直接関わりがあります。
ピッチについて話すよりも、客観的な数字で表せる周波数は音の特徴について語るときに有効です。

 

ワイヤレスラジオマイクロホンシステムでは、オーディオは特定の周波数のラジオ波で運ばれ、トランスミッターとレシーバーの周波数は同じである必要があります。

 


周波数特性

周波数特性とはどれくらいの高域から低域まで収音できるか、また、音の高低によって感度がどのように変わるかを表します。これは特定の周波数に対してマイクロホンがどれだけ感度が高いのかを示します。
周波数特性は主に2種類に分けられます。

フラット周波数特性:全ての聞こえる周波数(20Hz~20kHz)がマイクロホンに同様に拾われます。レコーディング等、音に色を加えること無く録音をしたい時に最適です。
テイラード周波数特性:特定のアプリケーションの音を強化したい時に最適です。例えばマイクロホンは最高で2~8kHzのレンジを持ち、ライブボーカルの音を明瞭にします。


圧縮

デジタル圧縮フォーマットの異なるタイプは次のとおりです。

  • AAC - アップル社の圧縮フォーマット
  • FLAC - 可逆圧縮フォーマット
  • Ogg – Vorbis圧縮フォーマット
  • MP3 – 最も利用されている圧縮フォーマット
  • WAV - 圧縮や音の破棄をしないデジタルオデジタル圧縮形式は次のとおりですーディオフォーマット
  • WMA - ウインドウズの圧縮フォーマット
     

 


恒久的バイアス

コンデンサーマイクロホンのマイクロホンカプセル(フラムとバックプレート)はコンデンサー素子を充電するための極性電圧が必要ですが、電子がバックプレートにチャージされているタイプでは素子のための外部電源は必要ありません。しかしエレクトレットコンデンサマイクロホンはファンタム電源か電池がプリアンプを作動させるために必要となります。


感度

与えられた音圧レベル(SPL)に対してマイクロホンが生じる電子信号の値を感度と言います。感度は94db(1パスカル)の音圧レベルで表されます。感度が高いほどマイクロホンの音量が大きくなります。
単位は[mV/Pa] または [dB/Pa]です。


指向特性

マイクロホンの指向特性は、方向や角度に対するマイクロホンの感度を表します。最も一般的なタイプは次の通りです

無指向性、カーディオイド、スーパーカーディオイド


無指向性

無指向性マイクロホンは全ての角度で同じ感度を持っています。全ての方向から音を拾いますのでマイクロホンが特定の場所を向いている必要がありませんので、ラベリアマイクロホンに有効です。デメリットとしては、PAスピーカー等フィードバックに対して有効ではない点です。


等価雑音

等価雑音はシステム自身が作る電子雑音のことです。
全ての電子機器は絶対零度以上の温度がある限り等価雑音を生じます。
電子機器作動中は雑音が発生します。
部品の雑音と回路内の雑音がデバイスの等価雑音となります。
デバイス同士が集まると同様に等価雑音が発生します。
この等価雑音はデバイスやシステムの雑音レベルを表しています。
雑音レベルとデバイスの信号レベルの差がS/N比です。


近接効果

全ての指向性マイクロホン(カーディオイド、スーパーカーディオイド等)が近接効果を持っています。これはマイクロホンが音源に近づいたときにベースに反応し、温かみのあるサウンドを再生する事を指します。プロの歌手は常にこの近接効果に気をつけています。マイクロホンを唇の近くに近づけて音の変化を試してみてください。