Shureの歴史

Shureの歴史

無線機部品の小さな卸売業者としての1925年の創業から、オーディオエレクトロニクスにおける世界的なリーダーとしての地位を築き上げた現在に至るまで、Shure製品の活躍はあらゆるオーディオシーンに広がり、数々の実績を上げ続けています。

Shureが築いてきた歴史の中で重要な節目となった出来事をご紹介します。

2:39
The Story of Shure - Short version

From a humble start as a radio parts wholesaler in 1925 Shure has grown to become a global leader in audio electronics. Shure products have been ever…

1920年代

1920年代

Sidney N. Shure
Sidney N. Shure

1925

4月25日、Sidney N. ShureがShure Radio Companyを設立。従業員1名の個人経営会社として、工場製造による無線機製品が市販される以前に、無線機部品キットを販売。 その3年後、Shureの従業員は75名に増員。

1929

大恐慌による不景気が全米に拡大。 工場製造による無線機製品の市場投入により、無線機部品キットの需要が低下。 小規模なマイクロホンメーカーの専属販売代理店となる。

1930年代

1930年代

モデル55 Unidyneの発売当時の広告
モデル55 Unidyneの発売当時の広告

1939

シングルエレメントを採用した業界初の単一指向性マイクロホン、モデル55 Unidyneマイクロホンを発売。 その高品質な性能と個性的な外観により、「世界で最も認められたマイクロホン」としてしての評価を獲得。

フランクリン・D・ルーズベルト、ジョン・F・ケネディー、マーティン・ルーサー・キングなどの歴史的人物が演説用にShureのマイクロホンを使用。55 Unidyneがエルビス・プレスリーなどのパフォーマーのイメージシンボルに。

今日まで、その象徴的なフォームはすべての世代に愛されています。

Shureのクラシックマイクロホンの数々(1930年代)
Shureのクラシックマイクロホンの数々(1930年代)

1931

Ralph Gloverという若きエンジニアの指揮の下、独自のマイクロホンの開発に着手。

1932

モデル33N 2ボタン・カーボン・マイクロホンを発売し、米国でわずか4社のマイクロホンメーカーの1社となる。 同マイクロホンは、大型で高価な機器が大半を占める市場に投入された、業界初の軽量かつ高性能な製品であった。

1933

さまざまなメーカーに対し、フォノカートリッジの交換用クリスタルピックアップの供給を開始。

Shure初のコンデンサーマイクロホン、モデル40Dを発表。

1936

スタイリッシュかつ実用的な、マイクロホン用のサスペンション・ショック・マウントで、当社初の特許を取得。

1940年代

1940年代

1946年、Shureは米国最大のフォノ・カートリッジ・メーカーとなる。
1946年、Shureは米国最大のフォノ・カートリッジ・メーカーとなる。

1942

第二次世界大戦中の米国軍へマイクロホンを提供。品質コントロールのために厳重な軍用規格(MILSPEC)を採用。それ以来、この基準はShure製品の品質テストに使われている。

1946

米国最大のフォノ・カートリッジ・メーカーとなる。

1948

LPレコードと78回転SPレコードの両方を再生可能な業界初のフォノカートリッジ、900MGを発売。

1950年代

1950年代

1951

モデル55Sを発売。エルビス・プレスリーが愛用したことから「エルビスマイク」と呼ばれることも多く、1993年に米国郵政公社が発行したエルビス記念切手にも描かれた。

1952

Shure初のリボンマイクロホン、モデル300を発売。

1953

業界初のワイヤレス・マイクロホン・システム、Vagabondを発売。 同システムは2個の補聴器用電池で動作し、約700平方フィートの「パフォーマンス・サークル」における通信が可能。

Shure Vagabond:業界初のパフォーマー向けワイヤレスマイクロホン
Shure Vagabond:業界初のパフォーマー向けワイヤレスマイクロホン

1954

わずか1グラムのトラッキングフォースのShure M12ダイネティック・フォノ・リプロデューサー・トーンアーム/カートリッジセットが業界スタンダードとなる。

1958

ステレオレコーディングに対応した世界初のフォノカートリッジ、M3Dを発売。

1959

SM57の前身であるUnidyne III モデル545を発売。 同マイクロホンは、マイクロホンの側方からではなく先端に向かって話すタイプ(エンドアドレス型)として業界初の高性能単一指向性マイクロホンであった。

1960年代

1960年代

Shure V15の発売当時の広告
Shure V15の発売当時の広告

1964

「かつてない最高クラスの品質を備えたフォノカートリッジの1つ」として支持されたShure V-15ステレオ・ダイネティック・カートリッジを発売。 同製品には、垂直トラッキング角度が15度、左右対称設計のバイラジアル楕円針を採用。

1965

クリアで自然なサウンドに加え、優れた耐久性と高い信頼性を誇るSM57ダイナミック型マイクロホンを発売(「SM」は「スタジオマイクロホン」の略)。 同製品は、リンドン・B・ジョンソン大統領以来のすべての大統領の演説を支え続けているマイクロホンである。

1966

Shure SM58を発売。ザ・フーやザ・ローリング・ストーンズといったロックミュージシャンに採用され、高い信頼性と優れた音質を両立した比類のない性能を高く評価される。 すぐにライブパフォーマンスに最適なボーカルマイクロホンとしての業界スタンダードの地位を確立したSM58は、今もなお定番のボーカルマイクロホンとして世界中で愛され続けている。

1967

業界初の完全なポータブルPAシステム、ボーカルマスターを発売。 同システムは制御卓、スピーカー、アンプ、ミキサー、マイクロホンで構成され、 複数のコンポーネント/システムを組み合わせて拡張することで大規模なSRアプリケーションに使用することも可能であった。

エディー・クレイマーが、今日伝説的なパフォーマンスとして記憶されているウッドストックで3つのShure M67ミキサーを使用。

1970年代

1970年代

1976

世界最小のダイナミック型ラベリアマイクロホン、SM11を発売。

1978

スタジオクオリティのサウンドの再現性と、ライブパフォーマンスに求められる耐久性/信頼性の両立を業界で初めて実現したコンデンサー型マイクロホン、SM81を発売。

1980年代

1980年代

1982

マイケル・ジャクソンのベストセラーアルバム「スリラー」のボーカル録音用にShure SM7が使用される。

1983

「その時代で最も大きな革命を起こしたフィールドミキサー」としての賞賛を受けるFP31ミキサを発売。 その質量はわずか2.2ポンド(約1 kg)。放送用カメラへの接続も容易で、かつてない高い機動性をニュース収録現場に提供。

複数のマイクロホンを使用する設備向けのオートマチック・マイクロホン・システム(AMS)を発売。指向性に基づくゲーティングを使用する業界初の自動式の高品位ミキサーシステム。

1984

業界初の単一指向性バウンダリーマイクロホン、SM91を発売。 当初はピアノ用として開発されたが、現在ではキックドラムの「アタック」の収音に広く使用されている。

NASA、米国国防総省などの機関や主要ラジオ局がShure ST6000テレカンファレンスシステムを採用。

1985

革新的な最高級デコーダーによって革新的なサラウンドサウンド機能を提供する特許取得のホーム・シアター・サウンド・システム、HTS5000を発売。

1989

BETA 58/BETA 57マイクロホンを発売。そのスーパーカーディオイド指向特性と高出力レベルにより、ハウリングを抑えた、かつてない高ゲインをコンサートステージ上で実現。

1990年代

1990年代

Rose L. Shure取締役会長
Rose L. Shure取締役会長

1990

Lシリーズの発売により、ワイヤレスマイクロホン市場に参入。 その後10年を待たずに、Shureはワイヤレスマイクロホンの分野において他社を圧倒する世界的リーダーとなる。

1991

ドイツのハイルブロンに事業所を開設。 Shure Europe GmbHは、欧州・中東・アフリカのShure販売代理店に販売、サービス、サポートを提供。

1993

有名なモントルー・ジャズ・フェスティバルのオフィシャル・テクニカル・パートナーに初めて就任。有益なパートナーシップは現在も続いている。

1995

Sidney N. Shureが93歳で死去。Rose L. Shureが取締役会長に就任。

1996

Shure初のデジタル信号処理(DSP)製品であるDFR11EQデジタル・フィードバック・リデューサーを発売。

Shure初のオートマチックミキサー、SCM810を発売。 この8チャンネル・オートマチック・ミキサーは、話者のマイクロホンのみをオンにすることで、複数のマイクロホンがオン状態になることによって生じる音質低下を最小限に抑えるShureの特許技術、IntelliMixを採用。

1997

PSM 600の発売により、パーソナル・インイヤー・モニタリング・システム分野に参入。

1999

香港にShure Asia Limitedを開設。アジアおよび環太平洋地域に広がる販売代理店にサービスを提供。

KSMプレミアム・レコーディング・マイクロホン・シリーズ初製品となるKSM32を発売。The Tonight Showでジェイ・レノのデスクマイクロホンとして使用される。

Shure Brothers IncorporatedからShure Incorporatedに社名変更。

設備音響向けマイクロホンシリーズ、Microflexを発売。

21世紀

21世紀

2002

Shure Europe GmbHの子会社として、ドイツ国内における営業およびマーケティング全般を担当するShure Distribution GmbHを設立。

世界の才能ある若いボーカリストの発掘・支援を目的とするShure Montreux Jazz Voice Competitionをヘッドラインスポンサーとして立ち上げ。現在も同イベントのスポンサーを続けている。

ナイルズのShureオフィス
ナイルズのShureオフィス

2003

英国での古くからの提携がある販売代理店、HW Internationalを買収し、Shure Distribution UKに社名変更。

Shure USが47年の歴史を刻んだイリノイ州エバンストンからイリノイ州ナイルズに本社を移転。

Shureに贈られたグラミー賞トロフィー
Shureに贈られたグラミー賞トロフィー

National Academy of the Recording Arts and Sciences®主催の、2003年テクニカル・グラミー賞(2003 Technical GRAMMY)を受賞。同賞は、レコーディング業界に大きな貢献を果たした個人/企業に向けてRecording Academyから贈られる。

2004

1965年発売のSM57がTECnology Hall of Fameに殿堂入り。 同殿堂は、Foundation for Excellence in Audioにより、オーディオ技術の進化に重要な貢献を果たしたオーディオ製品と革新を高く評価し表彰するために設立。

2005

中国に2つの新施設を開設。最先端の技術を駆使した製造施設を蘇州に置き、営業/マーケティング事業所を上海に置く。

最も要求の厳しい大規模ワイヤレスアプリケーションのニーズに応えるUHF-Rワイヤレスシステムを発売。

2006

東京に営業/マーケティング拠点を開設。

E500高遮音性イヤホンの発売により、パーソナル・リスニングにおける新機軸を開拓。

業界初のコンデンサー型プレミアム・ハンドヘルド・マイクロホン、KSM9を発売。カーディオイド/スーパーカーディオイドの指向特性の切り替え機能を搭載し、スタジオクオリティーのサウンドをライブパフォーマンスに提供。

2007

数々の賞を受賞したEシリーズに引き続き、高遮音性イヤホンSEシリーズを発売。 新しいサウンドシグネチャー、スタイル、モジュール性能、向上した人間工学デザインを紹介。 イヤホンを携帯電話用にステレオヘッドセットとして使用できるアクセサリー、Music Phone Adapter(MPA)を発売。

Shure Distributor Giveon Electronics, Ltd.の長年にわたる努力により、伝説的製品であるSM58の発売40周年の記念切手がイスラエルで発行。

2008

1939年発売の55 UnidyneがTECnology Hall of Fameに殿堂入り。 同殿堂は、Foundation for Excellence in Audioにより、オーディオ技術の進化に重要な貢献を果たしたオーディオ製品と革新を高く評価し表彰するために設立。

ShureのSM58/SM57/BETA 57/BETA 87/KSM9マイクロホンが新作テレビゲーム「Rock Band2」に登場。

2009

スタジオマイクメーカーCrowley & Trippを買収し、2つのプレミアム・リボン・マイクロホンKSM313とKSM353を発売。

PG42USB/PG27USBマイクロホンを発売。 いずれもすべてのPC/Macレコーディング愛好家のための完結したソリューションで、Shureクオリティーで「プラグ&プレイ」が可能。 また、X2u XLR-to-USBシグナルアダプターの出荷を開始。

SRHヘッドホンシリーズの発売により、新たな製品カテゴリーとしてヘッドホンマーケットに参入。

2010

オランダに新支社を設立。

KSM42とKSM44AをKSMマイクロホンシリーズに追加。電子音響工学に基づいた、卓越したデザインと技術によってワールドクラスのサウンドを再生。

2011

世界トップクラスの会議やAVシステム機器サプライヤーのInformationsteknikの買収を完了。

カリフォルニア州のアナハイムで行われたNAMM トレードショーで、干渉を自動的に検出して周波数を切り替えるAXTワイヤレス・マネジメント・ネットワークを発表。

エッピンゲンのShureオフィス
エッピンゲンのShureオフィス

Shure EMEAがドイツのエッピンゲンに新本社屋を開設。

ShureのEMC研究所(RF協議会)が米国公認機関による試験所認定プログラムに認定。

先進の素材とデザインを採用し、極めて優れたアイソレーションとデザイン性を提供する、KSM353リボンマイクロホン向けの革新的な新しいショックマウントを発表。

2012

ULX-Dデジタルワイヤレスを発表。このシステムは、妥協のない24ビットの明瞭な音質と優れたRF効率を、シングル、デュアル、および、クアッドチャンネル受信機で提供し、あらゆる規模のプロフェッショナルSR用途に対応。 Shure製品として初めてDANTEデジタル・オーディオ・ネットワーキング・テクノロジーに対応。

第54回グラミー賞のテレビ放送では、ブルース・スプリングティーン、Eストリートバンド、コールドプレイ、ザ・ビーチ・ボーイズ、テイラー・スウィフト、サー・ポール・マッカートニーなど、有名アーティストがShure製品を使用。

2012年夏季オリンピックの開会式および閉会では、主要な豪華出演者の多くが新しいAXTワイヤレスマイクロホンを使用。

Centraverse音響設備用マイクロホンシリーズを発売。本シリーズは、プロフェッショナル設備向けのMicroflexシリーズよりお買い求めやすいエントリーバージョン。

本社にあるS.N. Shureシアターがアメリカ建築家協会からInterior Architecture Honor Awardを受賞。

オランダの社員がクレンボルグの新事務所に移動。

2013

DIS(Danish Interpretation Systems)会議ディスカッションシステムの販売を開始。

VP83/VP83F LensHopperカメラマウント・コンデンサー・マイクロホンの出荷を開始。

4基の高精度MicroDriverと本物のサブウーファーを搭載した業界初のイヤホン、SE846高遮音性イヤホンを発表。

役員室やカンファレンス環境向けに、インテリジェントな充電式送信機と包括的なリモート・コントロール・ソフトウェアを提供するMicroflex Wirelessを発売。

IEEE Engineering Grammy 2014
IEEE Engineering Grammy 2014

2014

モデル55 Unidyneマイクロホンが米国電気電子技術者協会(IEEE)からIEEE Milestone Awardを受賞。

マイアミに新支社を設立。国際的な存在感を拡大し、南北アメリカ全体に事業を展開。

標準ペダルボード内で干渉を継続的に監視するShure初のギターペダル型ワイヤレス受信機GLXD6を発売。

イマジン・ドラゴンズ、ロード、ジョン・レジェンド、ポール・マッカートニーをはじめ、グラミー賞授賞式においてパフォーマンスを披露したすべてのアーティスト/バンドがShure PSM1000 パーソナル・モニター・システムを使用。

Sandy LaMantia社長兼CEO
Sandy LaMantia社長兼CEO

2015

Apple iOS/Mac/PCデバイスに直接接続してプラグ&プレイで収音が行える極めてポータブルなデザインのデジタル・マイクロホン・シリーズのMOTIVを発売。

Shure EMEAが、ワイヤレス・オーディオ・システムのパフォーマンスを改善する革新的技術を持つ米国RF Venueの独占販売権を獲得。

世界初のコンデンサー型高遮音性イヤホンシステム、KSE1500を発売。

Sandy LaMantia社長兼CEOが退任の予定を発表。

Christine Schyvinck社長兼CEO
Christine Schyvinck社長兼CEO

2016

グローバルオペレーション・マーケティング・営業担当上級副社長兼最高執行責任者(COO)のChristine (Chris) Schyvinckが2016年1月1日付けで社長に就任。

世界初のデュアルダイヤフラム設計ダイナミック型ハンドヘルドマイクロホンKSM8を発表。50年以上にわたるダイナミックマイクロホン技術の歴史の中で最も重要な進歩である。

愛された元取締役会長Rose L. Shureの死去を大きな悲しみと共に発表。

革新的なMicroflex Advanceシーリング・アレイ・マイクロホンおよびテーブル・アレイ・マイクロホンを発表。

アイコン的存在のSM58ボーカルマイクロホンが誕生50周年を迎える。

Crain’s Chicago Businessの「シカゴの最も革新的企業」トップ10にShureが名を連ねる。

プロフェッショナルおよび一般消費者用マイクロホン市場の分析に基づき、ShureがFrost & Sullivan選出の「2016 North America Company of the Year Award」を受賞。

Super 55-BLK デラックス・ボーカル・マイクロホン ピッチブラック・エディション
Super 55-BLK デラックス・ボーカル・マイクロホン ピッチブラック・エディション

2017

より多くのチャンネル数、安定したRFパフォーマンス、拡張された自動周波数管理技術を提供し、音楽ホールや教育機関などの施設に最適なGLX-D® Advanced デジタルワイヤレスを発表。

比類ない音質と直感的なセットアップとオペレーションを提供するIntellimix P300オーディオ会議プロセッサーを発表。

SM58誕生50周年を祝し、The Who (ザ・フー)とPaul McCartney (ポール・マッカートニー)の特別デザイン限定モデルをチャリティオークションに提供。収益のすべてをMeat Free MondayおよびTeen Cancer Americaに寄付。

Global Presence Allianceより、AVおよびUCメーカーの世界的リーダー企業に贈られる2017 Vendor Excellence賞を受賞。

Shureの革新的ワイヤレス技術を搭載するAXT Digitalワイヤレスシステムを発表。比類ないRFおよびオーディオパフォーマンスで新たな業界基準を確立。

ブラジル・サンパウロに地区オフィスを新設。社員ひとりひとりを大切にする職場環境、そして協業しやすいワークスペースとしてブランドのグローバルスタンダードを反映。

アイコニックな55モデルUnidyne™をリバイバルさせたSuper 55-BLK デラックス・ボーカル・マイクロホン ピッチブラック・エディションを発表。

携帯電話、ノートパソコン、その他の携帯機器とのスムーズな接続性を求める顧客のニーズに応え、 SEイヤホンをラインナップに追加。