日本,

Shure、ISE 2017でULX-D®送信機2モデルを含む新製品を発表

Shureはオランダ・アムステルダムで開催中の世界最大級の業務用AVインテグレーションシステムの展示会ISE 2017において、ULX-D®デジタルワイヤレスシステムを含む5つの製品カテゴリで新製品を発表いたしました。いずれの製品も日本での発売に関する詳細情報は未定です。発売時期や販売価格は決まり次第ご案内差し上げます。

ULX-D®デジタルワイヤレスシステムにバウンダリー型とグースネック型の送信機が登場

先進的な技術で圧倒的な音響性能と信頼性を誇るULX-D®デジタルワイヤレスシステムに、ビジネスミーティングの場に最適なバウンダリー型(ULXD6)とグースネック型(ULXD8)の送信機ラインアップが追加されました。既存の通信プラットフォームを活かした、高音質・低遅延での多チャンネル運用が可能です。アルカリ単三電池とリチウムイオン充電池SBC900Aの両方に対応、専用ネットワーク・チャージステーションの発売も予定しております。

Micorflex WirelessにHigh Densityモードが登場

 

1.9GHz帯域採用のMicroflex Wirelessに、新機能が追加されます。Shure独自のテクノロジー「High Density(ハイデンシティー)モード」が、ファームウェアの更新により、Microflex Wirelessでもご利用いただけるようになりました。これにより、本モード運用時には、従来の2倍である最大80チャンネル(※)の同時運用が可能となります。
(※)実際の運用状況により、使用可能なチャンネル数は異なります。

オーディオプロセッサー IntelliMix P300含む3機種を発表

Shure独自のDSPテクノロジー IntelliMixを搭載、会議用途に特化したコンパクトなデジタルオーディオプロセッサー、 IntelliMix P300を発表致しました。Dante接続に対応し、MICROFLEX™ ADVANCE™、 Microflex Wirelessと組み合わせた設置が可能です。 この他、最大4ch応のANIUSB-MATRIX、ANI22の合計3モデルを発表致しました。

同時通訳ユニットの新製品を発表会議システムDCS6000対応製品ラインナップとして 2モデルを発表

同時通訳ユニットは、3系統の通訳チャンネルに対応、大型カラーディスプレイを搭載し、更にNFCカードに対応、スピーカーも内蔵しています。この他、ネットワーク制御に対応した電子掲示ネームサインを同時発表致しました。

Centraverseに新マイクロホンラインアップを追加

 

 

設備音響用マイクロホンCentraverseのグースネックマイクロホンに、デスクトップベース一体型の新モデルCVG12D/CVG18Dが追加となりました。 既存モデルと同様、ミュートスイッチもオプションで選択可能、更に充実した製品ラインアップとなりました。

シュア・ ジャパン株式会社

info@shure.co.jp

Shure Incorporated (www.shure.com)について

Shure Incorporatedは1925年に設立されたマイクロホンおよびオーディオ機器の世界のリーディングカンパニーです。長年にわたってShureは、性能、信頼、価値に対する伝説を生み出す多くの高品質のプロフェッショナルおよび一般消費者向けのオーディオ製品を製造してきました。Shureの多様な製品ラインには、パフォーマー向けワールドクラスのワイヤードマイクロホンおよびワイヤレスマイクロホンシステム、インイヤーパーソナルモニターシステム、カンファレンス・会議システム、ネットワークオーディオシステム、数々の賞を受賞したイヤホンやヘッドホン、最高品位のフォノカートリッジがあります。今日、Shure製品はオーディオ性能が最も重視される場所で選択されています。

Shure Incorporatedは米国イリノイ州のナイルズ(Niles)に本社を置いています。また、ドイツの エッピンゲン、香港、中国にセールスおよびマーケティング本部を持ち、さらに米国、EMEA、アジアを通じ製造施設と地域の販売拠点を30以上有しています。


Shure Japan(www.shure.co.jp)はその日本法人です。

※Shureは、米国Shure Incorporatedの登録商標です。
※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。