日本,

Shure, Microflexネットワーク対応マイクロホンシステムとQSCのQ-SYSプラットフォームとの統合対応を発表

業界最高クラスの会議用マイクロホンとAVソリューション向けの、包括的コントロールと音声インテグレーションを実現

 

QSC, LLCとShure Incorporatedはこの度、Shure Microflex AdvanceおよびMicroflex Wirelessマイクロホンシステムと、 Q-SYSプラットフォームとの統合対応を発表、製品の外部拡張性を更に高めることとなりました。この提携により、Shure MXA910シーリングアレイマイクロホンおよびMicroflex Wirelessマイクロホンシステム用に新たなコントロールプラグインがリリースされます。Q-SYS Designerの最新バージョン5.3では、Dante、アナログ音声、AES67を用いた音声のルーティングを含め、数々の音声入出力オプションを利用できます。この他、クイックスタートガイドの追加により、ShureおよびQSCシステム間の音声のインテグレーションやコントロール設定もスムーズに行えるようになりました。

QSCとShureが共同開発したShure MXA910コントロールプラグインでは、Q-SYS周辺機器やタッチスクリーンコントロ―ラーを使用したQ-SYSプラットフォームによるMXA910の多様な音声制御、プリセット呼び出し、モニター機能に対応しています。MXA910コントロールプラグインはQ-SYSの音声インテグレーション形式から独立しているため、異なるオーディオ伝送形式を選択してのプラグインコントロールが可能です。例えば、Shure 製品のANIシリーズによるアナログ音声、Q-SYS のDanteブリッジカード、Q-SYS Coreシステムプロセッサーに新規対応したAES67ソフトウェアのいずれでも、お選びいただけます。音声のインテグレーション形式としてAES67を使用すると、追加のブリッジ用デバイスやソフトウェア認証を必要とすることなくプラットフォーム内のすべてのQ-SYS CoreとMXA910を簡単に統合することができます。上位機種Q-SYS Core110fにも対応し、業界最高水準の効率性を発揮するDSPや、AVブリッジ、さらには16チャンネルのAEC制御を備え、最大で2台のMXA910を、単一のネットワーク接続で1台分のラックスペース内に収めることができます。

セットアップガイドも、QSC/Shureの共同開発により、MXA910とQ-SYSとの間での、AES67を使用したネットワークオーディオにおける音声インテグレーションや、Q-SYSシステムでのMXA910のプラグインコントロール・モニタリングの設定手順を分かりやすくステップごとに解説しています。

QSCの設備システムプロダクトマネジャー、マーティン・バーバー(Martin Barbour)氏は、「Q-SYSとMicroflexマイクロホンシステムとのソフトウェアレベルでの統合により、システムインテグレーターは、あらゆるスケールのプロジェクトにおいて完全統合されたAVソリューションをエンドユーザーに提供できるようになります。これは、新しいソリューションであるQ-SYS AV-to-USBブリッジによる会議用カメラとソフトコーデックアプリケーションの接続にも対応しています。また、制御システムを音声伝送の仕組みから独立させることにより、用途に応じた音声伝送形式を自由に選択しながら、マイクロホンやラウドスピーカー、アンプを含むあらゆる音声制御プロセスにおいて最高のパフォーマンスを実現することができるようになりました。」と述べています。

Shure Incorporated ネットワークシステムプロダクト・シニア・ディレクターのChad Wiggins(チャド・ウィギンス)は「QSCとの提携は極めて喜ばしく、双方のお客様にさらに優れたエクスペリエンスをご提供できることを嬉しく思っています。Q-SYS Designerソフトウェア上での、Shure MXA910シーリングアレイマイクロホン用コントロールプラグインの提供は、既存のMicroflex Wirelessマイクロホンシステムから見ると、非常にスムーズな機能拡張だと言えます。また、両社が共同開発したセットアップガイドは、システム設計者が、AES67を使用してMXA910とQ-SYSとの統合プラットフォームを構築する際には、技術的に非常に有益な情報となることでしょう。これらは、お客様の利便性向上、両社機器の相互運用性向上に対する私たちの明確な意思を示す素晴らしい例です。」と述べています。

さらに、Q-SYSはオーディオ、ビデオ、およびLinuxコントロールのRTOS(リアルタイムオペレーティングシステム)プラットフォームとしては唯一のソフトウェアベースであるため、QSCおよびShureのデベロッパーにとっては、コントロールプラグインのライブラリを他のShure製品に拡大することが可能で、またインテグレーターにとっては、簡潔なソフトウェアアップデートによって、これらの製品を将来的なシステム設計に組み込みことができるようになりました。

Shure MXAコントロールプラグインおよびセットアップガイドは、Q-SYS Designerソフトウェア バージョン5.3よりご利用いただけます。

シュア・ ジャパン株式会社

info@shure.co.jp

Shure Incorporated (www.shure.com)について

Shure Incorporatedは1925年に設立されたマイクロホンおよびオーディオ機器の世界のリーディングカンパニーです。長年にわたってShureは、性能、信頼、価値に対する伝説を生み出す多くの高品質のプロフェッショナルおよび一般消費者向けのオーディオ製品を製造してきました。Shureの多様な製品ラインには、パフォーマー向けワールドクラスのワイヤードマイクロホンおよびワイヤレスマイクロホンシステム、インイヤーパーソナルモニターシステム、カンファレンス・会議システム、ネットワークオーディオシステム、数々の賞を受賞したイヤホンやヘッドホン、最高品位のフォノカートリッジがあります。今日、Shure製品はオーディオ性能が最も重視される場所で選択されています。

Shure Incorporatedは米国イリノイ州のナイルズ(Niles)に本社を置いています。また、ドイツの エッピンゲン、香港、中国にセールスおよびマーケティング本部を持ち、さらに米国、EMEA、アジアを通じ製造施設と地域の販売拠点を30以上有しています。


Shure Japan(www.shure.co.jp)はその日本法人です。

※Shureは、米国Shure Incorporatedの登録商標です。
※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。