日本,

Shureドラムコンテスト「Drum Mastery 2019」の優勝は、ダニエル・ケリー2世さん(米国)に決定!

リズムに秀でたドラマーや才能あるパーカッショニストの発掘を目的とするドラムコンテスト「Drum Mastery 2019  Shure ドラムコンテスト」の入賞者が発表されました。

優勝は、多彩なリズムスタイルとクリエイティブな奏法を駆使したビデオ作品で審査員の心をつかんだダニエル・ケリー2世さん(米国バージニア州ハンプトン)。ケリーさんには、Metropolis Studiosでアッシュ・ソーンによるマスタークラスとプロのスタジオ・エンジニアによるドラムマイキングワークショップを受講できる5日間の無料のロンドン旅行に加え、5,000米ドル相当のShure製品が贈呈されます。

準優勝はマティアス・クノルさん(ドイツ)。クノルさんには3,000米ドル相当のShure製品が贈呈されます。

第3位はカルロス・アートゥロ・エルナンデス・クビージョスさん(コロンビア)。クビージョスさんには1,000米ドル相当のShure製品が贈呈されます。

 

オールスター審査員として、アッシュ・ソーン(英国)、テイラー・ゴードン(米国)、トビアス・デーラー(ドイツ)、柏倉隆史(日本)、崔石光(中国)の各氏が最終審査を行い、柏倉氏は以下のようにコメントを寄せています。


音楽に順位をつけるのは容易な事ではなかったです。
なぜなら
音楽は楽しむものだから
正解も不正解もない素敵な世界
素晴らしいパフォーマンスをArigato
全てのパフォーマーに花束を!

 

日本の受賞者、繪野 匡史氏には賞品として、Shure MV88+ ビデオキットとShure SE215 Wireless高遮音性イヤホンが贈られました。

受賞者詳細についてはウェブサイトをご覧ください:https://drum-mastery.shure.com/app/winners

 

お問い合わせ先

シュア・ジャパン株式会社

本件プレスリリースに関するお問合せ: pr@shure.co.jp

Shure について

Shure(www.shure.com)は、およそ1世紀に渡って人々が驚くほど冴えわたるサウンドを世界に送り出してきました。 1925年に設立され、その品質、性能、耐久性で知られているオーディオ機器の世界的リーディングカンパニーです。マイクロホン、ワイヤレスマイクシステム、インイヤーモニター、イヤホン/ヘッドホン、会議システムなど様々な音響機器をユーザーに届けています。 クリティカルリスニングで、ここ一番の大事なステージで、スタジオで、そしてミーティングルームでも、いつでもShureがあなたを強力にバックアップします。

Shure Incorporatedは、米国イリノイ州ナイルズ(Niles)に本社を置き、米国、ヨーロッパ・中東・アフリカ、アジアに30以上の製造施設と販売拠点を有しています。

シュア・ジャパン株式会社(Shure Japan Limited/www.shure.co.jp) は、Shure Incorporatedの日本法人です。

※Shureは米国Shure Incorporatedの登録商標です。

※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。