coldrain

coldrain

プロフィール

2007年に名古屋で結成された、Masato(Vo)、Y.K.C(G)、Sugi(G)、RxYxO(B)、Katsuma(Dr)からなるラウドロックバンド。日米両国籍を持ち、極上のメロディと多彩なスキルを操るMasato(Vo)の英詞の歌、静と動を操る重厚なリズム隊、絡み合うテクニカルでエモーショナルなツインギター、全世界での活動の経験から生み出される説得力のある圧倒的なライブサウンドは、今なお進化を続けている。2008年に1stマキシシングル「Fiction」で鮮烈のデビュー。ライヴを中心に今活況を呈している若手ラウドロックのダイナモとしてシーンを牽引してきた。世界的名ロックプロデューサー David Bendeth( Paramore やBreaking Benjamin、Killswitch Engage、Papa Roachなどを手がける)がプロデュースしたミニアルバム2rdミニアルバム「Through Clarity」は楽曲と音源がスケールアップし話題となる。同収録曲「No Escape」が超人気ゲームシリーズ「バイオハザード」の新作「バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ」に書き下ろしたCM タイアップ曲に起用される。2013年3rdアルバム「THE REVELATION」をリリースし、オリコンウィークリー7位と躍進。これまでSUMMER SONIC,ROCKIN JAPAN FES, TREASURE 05 X,SWEET LOVE SHOWER等の国内大型フェスにも出演を果たし、同年行ったレコ発ワンマンツアー9カ所は全てソールドアウトとなった。2014年海外フェスROCK AM RING、ROCK IM PARK、DOWNLOAD FESTIVALに出演を果たし、Bullet For My ValentineやBring me The Horizon等のミリオンアーティスト他、世界的人気バンドを数多く抱えるイギリスの大手マネジメントRAW POWER MANAGEMENTとゴールドディスクアーティスト多数輩出しているアメリカの名門レーベルHopeless Recordsと正式契約。2015年の春にはオーストラリアで開催される南半球最大級のロックフェスであるSOUNDWAVE FESTIVALに出演し、地元メディアだけでなく他の海外のメディアも賞賛を受け、さらにはPapa Roachのヨーロッパツアーでメインサポートに抜擢される。同年、4thアルバム「VENA」をリリース。2016年1月Zepp Nagoyaにて行われた、「VENA JAPAN TOUR 2016」FINAL公演まで、ヨーロッパ、アメリカ、日本全て71箇所ものLIVEを行う。5月には、ヨーロッパヘッドライナーツアー、6月からは、アメリカWarped tourに出演。

coldrain OFFICIAL WEB SITE
http://coldrain.jp/

【Masato氏コメント – Super 55 デラックス・ボーカル・マイクロホン】

自分の声質、歌とシャウトのバランス、
パフォーマンススタイルを踏まえてのマイク選びには長い間悩まされていました。
100%満足できるマイクなんて無いんじゃないかと何年か諦めていたくらいです。
Super 55は大好きなボーカリストである、
Brandon Boyd (incubus)がライブで使っているのを見て試してみたのがきっかけでした。
見た目とか憧れが先行して手に入れたSuper 55でしたが、
ライブのリハーサルで使ってみたらエンジニアが今までで1番合ってると言い出すまさかの結果でした。
指向性やゲイン感がやりたいことにぴったり合っていてかつ見た目もかっこいいから
それから5年ライブで使わなかったことはありません。 一生この先Super 55もありえますね。

【RxYxO氏コメント – GLXD16, BETA 58A】

GLXD16の凄さは、なんと言っても電波の安定性だと思います。 WiFi帯のワイヤレスはフェスなどの色んな電波が飛び交う現場でよくトラブルが起きてしまうことがあり、悩んでいました。 それがGLXD16に替えてからそういった現場でも全く問題無く使えるようになりました。 大きさもコンパクト、レイテンシーも気にならないしチューナー機能も付いていて無敵の代物です。 音質も凄く良くて、ギターワイヤレスの新時代の幕開けです。

BETA58Aをコーラスマイクで使い始めてもう10年近くなりますが、この絶対的な安定感は他のマイクでは感じたことがありません。 バランスの整ったまさに世界基準、世界標準に相応しいマイクだと思います。 僕はこの先もずっと、BETA58Aを使い続けていくでしょう。

【Sugi氏コメント – BETA 58A】

何本のライブをこのマイクでプレイしたか数え切れません。海外ツアーも国内ツアーも、どこへ行くにも常にBETA58Aを持って行きます。 変わらない音質、タフさ、コストパフォーマンスは計り知れないです。 僕にとってギターと一緒。必需品です。

【Katsuma氏コメント – SE215 高遮音性イヤホン】

ドラマーが使うイヤモニとして僕が重要視してるのは、
激しい首の動きにも動じないフィット感、
シンバルなどの高音域から耳を守ってくれる遮音性、
そしてバスドラムなどを気持ちよく感じさせてくれる低音感。
そのすべてを兼ね備え、なおかつコストパフォーマンスにも優れたSE215をずっと愛用しています。
あまりすべての音が綺麗に分離されすぎた音よりも、
音の塊が力強く聞こえてくる音が好きなので、
他のシリーズもいくつか試したけど、
結局これ以上にしっくりくるものはなかったです。
今となってはライブ、レコーディング、普段のリスニング用としても手放せないですね。
今後もお世話になります!

coldrainが使用している製品

coldrainが使用している製品

シュア・ ジャパン株式会社

info@shure.co.jp