水曜日のカンパネラ

水曜日のカンパネラ

【プロフィール】

テックハウス調の楽曲に違和感あるボーカル。意味不明の言葉の連続のリリック。ただ、それが何故か感動を呼ぶ。それが「水曜日のカンパネラ」。メンバーはコムアイ(歌唱・主演)、ケンモチヒデフミ(音楽)、Dir.F(その他)の3人だが、表に出るのは基本的には主演のコムアイのみとなっている。最新アルバム『私を鬼ヶ島に連れてって』に収録される楽曲「桃太郎」がWEBやラジオを中心に話題となり耳の早いリスナーが次々と中毒者になっている。また、4月15日には初の全国流通EP『トライアスロン』をリリース。

【水曜日のカンパネラ・コムアイ氏コメント】

BLX24/SM58
ワイヤードのマイクを使っていた時、リハーサルでの注文はエスカレートしていました。 30m、40m、50m…もうちょっと伸ばせませんか、と、 手首に絡み付いた蔦をもうちょっと伸ばせませんか。 蔦を切っちゃってからは、シュタアッと回転しても脚や身体はきれいなまま、絡み付いた蔦をほどく必要もないから次のステップを踏めます。 ステージに立って、客席を眺めて、ああ、反対側のあの扉まで行きたい、あそこでぼーっとしてるあなた、どんな顔するかな、と思った時、行って歌えるんだと思うと、どんどん行ける。 どんどん行けると思ったら、きゅーーっと、背中からうなじに向かって、自由と元気がむくむく湧いて出て、大泣きするように、大笑いするように、そのあとはよく覚えてません。 私の鎖レスマイクちゃん、いつもありがとうね♡

PSM300
歌う会場が大きい時は、ステージから離れたところで歌うとステージからの音が半拍遅れで聞こえてきて、それを聞いて歌うから更に遅れて…って大変だったの! 遠くにいけるようにしてくれてありがとう!!

【水曜日のカンパネラ サウンドエンジニア 角真希子氏コメント】

水曜日のカンパネラに関わらせて頂く機会が増え、彼女のパフォーマンスをより引き出すことを考え、ワイヤレスマイクを選びました。 今までも好んでSM58を使用していたこともあり、BLX24/SM58にしました。音質もSM58と変わらず、何より受信機と離れても音質の劣化は感じられません。 水曜日のカンパネラは演出上しばしば客席に降り立つスタイルをとっています。以前に二階席がある会場で二階から登場した際も音が途切れる事も無く音質変化も見られず、安定したパフォーマンスが提供出来ました。 広い会場ほどポテンシャルを大きく発揮するマイクだと思っています。

水曜日のカンパネラが使用している製品

水曜日のカンパネラが使用している製品

シュア・ ジャパン株式会社

info@shure.co.jp