WHY WE CHOOSE SHURE - Shureを選ぶ理由 -

ライブサウンドエンジニア 竹田 圭子氏 ヘッドホンレビュー(SRH940, SRH840)

透明感、臨場感あふれるサウンド SRH940
SRH940 を試聴させて頂き、臨場感あふれるサウンドと豊かな空間表現力にとても感動しました。LIVE収録された音を再度聞いてみると、あたかもステージ場にいるような錯覚さえ起こしてしまいます。自然なローエンド、ハイエンドの伸びもスムーズでとても正確。ジャズやクラシックのアコースティック系の楽器の再現も正確で、ヴォーカルの息づかいやエフェクターまで繊細に再現する透明感にあふれ、リスニング用としても優れています。今まで試聴したヘッドホンの中でも素晴らしい、やっと巡り会えたトップクラスの製品です。

装着感も自然で圧迫感が少なく、長時間着用可能。イヤーカップが90度に回転するので着用したままでもアーティストと会話が出来るのが便利。

重圧のあるローエンド、パワー感のあるヘッドホン SRH840
SRH840 をライブコンサートで使用していますが、現場で使用の際、大音量を入力してもディストーションに強く、音抜けの良い中域、タイトな低域、密閉型で遮音性能に優れているため、大音量でPA が鳴っている状況の中でも的確なミックス、トラブルシュートが可能です。例えばキックのマイクを確認する際、ディストーションする事無く正確に音源の細部の確認が出来ます。今まで多数の製品を試してみましたが、ほとんどがディストーションしてしまったり、低音域のパワーが無かったりと残念な結果になる事が多かったのですが、 SRH840 はこれらの問題点をすべてクリアーしてくれる製品です。

SRH840 / SRH940 共に着脱式ケーブルの為、ケーブルの接触不良と言うトラブルも無くなり、着用したままでもステージ上を移動出来るのが便利。またコンパクトで軽量なため、手荷物の重量またはサイズに制限が有るフライト移動の際にも適しています。

SRH840, SRH940 どちらの製品も使用状況によってポジティブ、ネガティブなポイントが有りますが、私はレコーディングや編集、また音楽鑑賞には SRH940、ライブコンサートなどの現場では SRH840 と使い分けています。

Keiko Takeda (竹田 圭子)

Live Sound Engineer 2002年、 Roberta Flack の専属エンジニアとして渡米。 その後、Al Jarreau, Four play, Al McKay All Starts, Usher などジャンルを問わず、数多くのトップアーティストのツアーを経て、現在 Sergio Mendes、 Jacksons のワールドツアーに参加中。また、Los Angeles の Japanese American National Museum の Facilities / Technical Manager でもある。

シュア・ ジャパン株式会社

info@shure.co.jp