「SE215」を真正面からワイヤレス化した、その安心感を評価 - SE215 Wireless 高遮音性イヤホン レビュー

 プロフェッショナル向けの音響機器を送り出すシュアが遂にBluetooth接続によるワイヤレスイヤホン発売に踏み切った--そんな取り組みの第一弾として発売されたモデルが「SE215 Wireless」だ。オリジナルの有線モデルである「SE215」の発売は2011年の発売以降、イヤホンのベンチーマークとも呼べる存在であり、満を持してワイヤレス版を投入、というのが僕個人としての捉え方だ。

 「SE215 Wireless」の実機を前に構造を調べてみると、イヤホン部は「SE215」そのままで、元もとMMCX端子で交換可能だったケーブル部を、Bluetoothによるワイヤレス接続タイプに置き換えることで、ワイヤレス対応を果たした事がすぐに分かる。

 ワイヤレスのスペックはBluetooth4.1で対応コーデックはSBC、ケーブル部には首元に当る中央部分にシュアのロゴが配されたバッテリーを搭載する。最大連続駆動時間は8時間でmicroUSB端子で充電するタイプだ。

 実際に装着してみても”シュア掛け”可能なワイヤー入りのケーブル部、首もとにケーブルを回す構造は装着感としても快適で、シュアユーザーなら納得できる筈。3ボタン式のリモコンとマイクも標準的で、スマホ接続時の通話も全く支障なくこなせた。

 ワイヤレス化に伴い、「SE215 Wireless」のサウンドは、どう変化したのだろうか。

 スマホから手持ちの音源を再生し聴き込んでみると、中低域にどっしりとした厚みを持たせつつ、ストレートに音の情報を描き出す「SE215」のサウンドを見事に継承。特に豊かな空間再現、そしてフラットな帯域バランスのなかで主張する低音といったバランスは流石はシュア流といったところ。様々な音源を聴き込んでみたが、J-POP、ロック、ジャズ、ダンス、クラシックまで納得できる、守備範囲も広いサウンドだ。Bluetooth接続のワイヤレスと聞くとサウンドクオリティを心配になったが、シュア自身が設計・チューングしたワイヤレス接続タイプに内蔵されたアンプチューニングの妙もあって、音質の心配は全く不要だった。

 定番の「SE215」をスタンダードにワイヤレス化した製品として、期待通りのパフォーマンスを得られる完成度の高いイヤホン「SE215 Wireless」。サウンドに惚れ込みシュアを選んできたポータブル・オーディオ愛好家も安心して購入できるワイヤレスイヤホンと呼べるだろう。

折原一也(オーディオ・ビジュアルライター)
PC系版元の編集職を経て、2004年よりモノ雑誌やオーディオ・ビジュアル専門誌、WEB媒体にて映像とサウンドの専門家として活躍。2009年より音元出版主催のVGP審査員。

シュア・ ジャパン株式会社

info@shure.co.jp