SE215 について語る – フリーランスライター 山田祥平氏

SE215 について語る – フリーランスライター 山田祥平氏

SHUREのイヤホンのローエンド製品でありながら、着脱可能なケーブル、そして、耳のカーブの形状を記憶してケーブルを確実にフィットさせるワイヤフォームフィットの採用といい、ハイエンド製品と同様の装備を持つのはうれしい。音創りの傾向は「ふくよか」といった印象で、刺激的な騒音感は皆無だ。

カジュアルにデジタルオーディオプレーヤーで音楽を楽しむ場合は、多ドライバで音響特性を限界まで研ぎ澄ましたイヤホンを使うのもいいが、こうしたシングルドライバーの工夫されたバランス感を味わう楽しさも捨てがたい。そういう意味では愛用のイヤホンをできるだけ予算をしぼってグレードアップしたいと考えている方には最適だ。

ローエンドとはいっても栄えあるSHUREイヤホンファミリーの一員だ。装着にも伝統のSHUREがけを求められる。いわゆるSHUREがけと呼ばれるケーブルを耳の上から後ろにまわす装着方法だ。左右のユニットは厳格にそう設計されている。

ワイヤーフォームフィットのおかげで装着時の安定感もいい。安くてもSHUREはちゃんとSHUREなんだという所有感が味わえるコストパフォーマンスの高い製品だ。

山田祥平(やまだしょうへい)

フリーランスライター
パソコン、デジカメ、オーディオ関連の連載を多数のオンライン、紙媒体に寄稿。「できるシリーズ(Impress Japan刊)」など単行本も多数

シュア・ ジャパン株式会社

info@shure.co.jp