DAPに、スマホに、オールラウンダーのイヤホン - SE215m+ Special Editionレビュー

デジタル・オーディオ・プレイヤー(DAP)で音楽を愉しむ人が増えている。スマートフォンの内蔵ストレージは汎用であり、音楽鑑賞用途には「量」が足りないということが理由のひとつだが、音の「質」でDAPを指向する消費者も少なくない。スマートフォンに比べアンプの駆動力が高く、よりヘッドホン/イヤホンの性能を引き出せることもポイントといえる。

問題は外出時だ。DAPの性能に見合う再生能力にくわえ、取り回しやすさと機動力が求められるため、自宅でゆったり愉しむときとはわけが違う。オーナーシップを誇れるデザインも必要だ。

今回登場した「SE215m+ Special Edition」は、まさにその的を射た製品といえる。駆動系は好評を博したSE215と同じシングルダイナミック型MicroDriverを採用、チューニングも現行モデルSE215 Special Editionのままだが、錬成された技術は敢えて変える必要がないことの裏返しでもある。それだけShureはSE215および派生モデルに自信を持つのだろう。

SE215 Special Editionを愛用してきた筆者の耳に、その音は「安定感」のひと言。ダイナミック型ドライバーでありながらBAを思わせる精緻な高域、それでいて厚みとキレのある低域。ライブ音源はボーカルの定位よく口もとまでありありと描きつつ、ステージ上の奥行き感、そして熱気を聴く者に伝える。同じく発表されたばかりのウォークマン最新モデル「NW-WM1A」で試聴したが、高級DAPでもじゅうぶんな描写力を発揮できる。

端子部分は従来モデルに比べやや細身となり、ケースが邪魔をして挿入できないというトラブルが減少している。ささやかな変更と映るかもしれないが、我々評論家陣がShure設計チームに繰り返し対処を求めていた部分なのだ。ラジオやストリーミングなどスマートフォン直結で聴く場面もあるだけに、うれしい改善といえる。グレーのShureロゴが入ったホワイトカラーのボディも、性別や年齢を超えて耳もとに映える。DAPによし、スマートフォンによし、まさにオールラウンダーのイヤホンといえるだろう。

海上 忍(うなかみ しのぶ)

ITコラムニスト。UNIX系OSやスマートフォンに関する連載・著作多数。オーディオ&ビジュアル機器方面では、BluetoothやAirPlayといったワイヤレス技術のほか、DLNA/DTCP-IPに代表されるネットワーク関連機能の豊富な取材経験を持つ

シュア・ ジャパン株式会社

info@shure.co.jp