まだまだいける、発売から数年を経てなお一線級のイヤホン - SE215m+ Special Editionレビュー

■SEシリーズのエントリークラスに追加されたSE215m+ Special Edition

 「SE」シリーズのエントリークラスを構成するダイナミック型ドライバー搭載モデルのひとつ「SE215」のバリエーションに、リモコン&マイク搭載の新ケーブルを採用するモデルが追加された。「SE215m+ Special Edition」だ。

 イヤホン本体は低域重視でリ・チューニングされたバリエーションモデル「SE215 Special Edition」と同等のスペック。ただし見ての通りカラーはホワイト!アイボリーでもパールでもなくストレートなホワイトの実物はなかなかのインパクトだ。

■リモコン&マイク搭載の新ケーブル

 音については「SE215 Special Edition」からの変更はない。ポイントはリモコン&マイク搭載の新ケーブル。

 機能としては一般的な3ボタンリモコン&マイク。

 とはいえ「一般的な」の中にも使いやすい・使いにくいはある。このリモコンは使いやすい部類だ。メインボタンのみ別体で凸になっていて、ボリュームの+とーの文字も凸に加工されている。耳元リモコンは手探りでの操作になるので、こういった「触ればわかる」配慮は嬉しい。

 ケーブル外装の素材感は215 Special Edition付属のケーブルと似ているが、あちらの太さは3mm弱なのに対してこちらの太さは2mm強と、スリムになっている。

 プレイヤーに接続する側のプラグが大幅に小型化されていることにも注目。Apple純正iPhone 5/5s/SE用ケースの最小サイズのイヤホン穴を通り抜けて問題なく接続できるほどだ。プラグが小型だとイヤホンを挿した状態でスマホを持って操作していても邪魔になりにくくもなり、その点でも嬉しい。

■サウンドについて ― 発売から数年を経てなお一線級

 さて、前述のようにサウンドチューニングは215 Special Edition から変更されていない。ケーブルが変わってはいるので多少の違いはあるかもしれないが、シュアのことだからそこも最小限に抑えてあるだろう。

 しかし215 Special Edition 登場時から現在までには再生環境、ポータブルプレイヤーの大幅な性能向上があった。現在の環境で改めて確認することでこのm+も含めて215 Special Edition のチューニングの印象も変わるかもしれない。今回はAstell&Kern「AK70」との組み合わせを試してみた。エントリークラスの最新モデルだ。

 確認含めて音の概要を先に述べておくと、ダイナミックドライバーの密閉型として自然な音調で、中低域の押し出しや厚み、密度感といったところが特に持ち味。ポート(空気孔)で音を調整してあるタイプと比べると音の抜けや空間の広がりでは一歩譲るが、代わりにベースやドラムスの素直な太さや力強さ、全体の厚みといったところは発売から数年を経てなお一線級だ。もちろん遮音性の高さと音漏れの少なさもポイント。

 低音重視チューニングと言われるとそのやり過ぎを懸念する方もいらっしゃるだろう。しかしこのモデルはいわゆる「重低音チューニング」とは違う。例えばエレクトリックベースでいうと、主に強化されるのは音色の実体の芯や太さだ。そのさらに下のディープな響きを過剰にしてボンボンさせてしまうことはない。もともとこのモデルがそうである上にAK70含め現代の音楽プレイヤーの制動力、イヤホンの動きをしっかりコントロールする力の向上もあり、低域の制動のよさはさらに明確になる。

 空間の見晴らしは、イヤホン全体の底上げが進んだ現在の基準で言えば特別にクリアとまでは言えない。しかし音場全体の厚みや濃さを持ち味とするタイプでありつつもっさりしすぎないというのは今でも通用するポイントだ。

 高域は基本的には控えめだが、シンバルやアコースティックギターはアタックのアクセントがほどよく強調され、シャキッとチャキッとしている。おかげで細かなリズムが見えやすい。ここはモニター用としての聴き取りやすさを意識してかもしれないが、リスニング用としても嬉しいところ。

 これら空間性や高域の要素も、最新プレイヤーとの組み合わせでその潜在能力が改めて際立った箇所だ。

 今改めて新ケーブルを用意してまでの「SE215 Special Edition 」プッシュ。これはシュアからの「このモデル、まだまだいけるでしょ?」というメッセージなのだろうか? 僕はまんまと、まだまだいけそうだと思わされてしまった。

高橋敦(たかはしあつし)

オーディオ・ビジュアル系ライター
PC(特にMac)関連の記事からライターとしての活動を始め、その経験を生かしつつも、現在はオーディオ・ビジュアル製品の紹介に軸足を置く

シュア・ ジャパン株式会社

info@shure.co.jp