バリエーションとして巧く作り込んだモデル - SE215 Special Edition レビュー

 SE215はShureイヤーモニターとしては唯一のダイナミック型ドライバー搭載モデルです。もちろんエントリークラスの価格も魅力ですが、価格は抜きにしてダイナミック型が好きだから他のモデルではなくこのモデルを選んだ、もしくは検討中だという方もいらっしゃると思います。

 …気が合いますね!

 実は僕自身も、SE215はShureイヤーモニターの中でも特に好きなモデルです。そしてダイナミック型ドライバー搭載イヤホン全体の中でも屈指の良モデルと思っています。満足納得しています。

 そんな僕となればその特別モデルの登場の知らせにはもちろん諸手を上げて喜んだ …わけではありませんでした。僕の最初の反応は「変えるべきところなんてある?」でした。SE215の優れたバランスを考えると、そこに手を加えることに不安を覚えたのです。

 しかし手元に届けられたSpecial Editionを聴くと、「バリエーションとして巧く作り込んだな」と思わされます。中低域を強化したチューニングとなっていますがその具合が絶妙。豊かで量感を増しているのに緩く広がることはなく、アタック感や音像の明確さを維持しています。おかげでベースがぐいぐいと引っ張るような曲では重量感を増しつつスピード感も保たれており、それらが合わさってのドライブ感グルーブ感が強力です。またボーカルも厚みを増します。僕好みの女性シンガーで言えば、宇多田ヒカルさんや鬼束ちひろさんの声の低音の豊かな響きを、さらにより豊かに感じさせてくれるのが嬉しいところです。

   バランスとしては高音側は、相対的にはやはり少し弱まります。ですのでフラットなバランスや際立つ解像感を好む方にはノーマルモデルがおすすめです。ですが高音それ自体の音色や再現性はノーマルモデルと遜色ありません。例えばシンバルをある場面では薄刃にある場面では厚みを持たせてと描き分ける幅の広さ。エレクトリックギターの倍音も場面ごとに鋭さと柔らかさを描き分けてくれ、音色の立体感も特筆できます。ドラムスの強打のバシンと濁点の効いた適当な荒さもポイント。それらは最上級のダイナミック型イヤホンであるノーマルモデルと共通の持ち味です。ボーカルの声に少しのざらつきを残すその質感描写の生々しさも、しっかりと維持されています。

  「それで個人的にはノーマルとスペシャルどちらを選ぶの?」と問われたら… 返答に詰まります。もしくはその時の気分次第でどちらにも転ぶと思います。中低音を強化したSpecial Editionが登場したことでノーマルのSE215のバランスの良さなどもより印象的です。SE215とSE215 Special Editionはお互いを引き立てるラインナップと言えます。嬉しくも悩ましいことです。

高橋敦(たかはしあつし)

オーディオ・ビジュアル系ライター
PC(特にMac)関連の記事からライターとしての活動を始め、その経験を生かしつつも、現在はオーディオ・ビジュアル製品の紹介に軸足を置く

シュア・ ジャパン株式会社

info@shure.co.jp