SE315 について語る – オーディオ・ビジュアル評論家鴻池賢三氏

SE315 について語る – オーディオ・ビジュアル評論家鴻池賢三氏

個人的に、SHURE製品は、カナル型ヘッドホンブームの火付けと言われるE2Cから継続して愛用しています。音楽を聴く上で、静寂を保つ「遮音」は基本機能として重要であり、原音再生を重視したコンセプトに共感している為です。

音質については、新モデルの度に、より原音に迫る進化が感じられ、興味が尽きません。特に、SE315を初めて聴いた時、そのスピード感と鮮度の高さには、従来の進化を超える「大きな進化」に衝撃を受けました。

SE315は、3基のバランスドアマチュアドライバーを持つSEシリーズ最上位のSE535に比べ、ドライバーは1基とシンプルですが、SHUREが独自に新開発したMicroDriverを採用していて、低域から高域までのレンジの広さは必要充分。逆に、ネットワーク回路を持たない事で、MicroDriverの再生能力を最大限に引き出し、新しい次元のサウンドを実現したのでしょう。

オーディオの世界では、「金の耳を持つ」と呼ばれる天才的な開発者がいると言われていますが、SE315には、類い希なる非凡さを感じずにはいられません。

鴻池賢三(こうのいけけんぞう)

オーディオ・ビジュアル評論家
AV専門誌で製品の評価や評論、音響や映像の調整方法について解説や執筆活動を行う。日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナーでもあり、オーディオ・ビジュアル関連企業のコンサルティングを手がけるDAC JAPAN代表。
http://www.dac-japan.com/

 

シュア・ ジャパン株式会社

info@shure.co.jp