ジャンルを問わず様々なトラックの魅力を引き出せるパフォーマンスを実現 - SE535 Special Edition レビュー

チャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」。その第3楽章。雄々しいムードが立ち上がっていく行進曲をリズミカルに彩り、機関銃を思わせるティンパニのロールと、ステージを切り裂くシンバルが迫りくる躍動感を印象づける。これは、気持ちがいい…。SE535 Special Editionは情景を太くも、鋭くも描ききることができる名イヤホンですね。

まずはクラシックの名盤からチェックしましたが、ジャズも、ロックも、ポップスともマッチする。音源が持つチカラを真正面からぶつけてくる。ガツンと、くる。タイトな低域は筋肉質ゆえの弾力性に優れており、広いホールで録った音源のふくよかさもきれいに描きますし、スタジオで録ったシャープなアタックもリアルに写しだす。そして注目すべきは中高域ゾーン。ささやくようなボーカルも思いのたけをぶつけてくるシャウトも、色がシャッキリと鮮やか。ギターの16分音符が踊りまくるハイスピードなリフも1音1音をしっかりと分けて鳴らしてくれます。音楽を構成するすべての情報をときには艶やかなグラデーションをいれつつパンフォーカスにまとめていく。その結果、ジャンルを問わず様々なトラックの魅力を引き出せるパフォーマンスを実現しています。

ハードウェアとしての作りもさすが、と唸ってしまいますね。耳の形に沿って型をつけられるワイヤーフォームフィット機能付き着脱式ケーブルは本来プロフェッショナルな現場向けのアーキテクチャですが、日常生活で使っても便利すぎです。フィット性は高く常に安定していますし、イヤーピースと相成って遮音性の高さにもつながっています。

オプションも豊富です。RMCE-LTG リモート+マイクLightningアクセサリーケーブルと組み合わせることでiPhone、iPadに直結できる仕様にカスタマイズできますし、RMCE-BT1 BLUETOOTH アクセサリーケーブルを用いればBluetooth仕様にもアップデート。実際にRMCE-BT1 BLUETOOTH アクセサリーケーブルとSE535 Special Editionを組み合わせてみましたが、音質の高さ、良さはワイヤレスでも受け継がれていました。飛行機での移動中も快適で楽しい音響環境が作れますよ。

武者良太(ガジェットライター)

1971年生まれ。埼玉県出身。1989年よりPC雑誌でライター活動を開始。バンド活動から末期のファミコンゲーム音楽制作に関わり、ストリートダンスを嗜んでいたこともありアコースティックトラックも、デジタルトーンなダンスミュージックも好む。オーディオ機器記事はGIZMODO JAPAN、ヘッドフォンブック、ポタ音スタイル、朝日新聞デジタル、DIGIMONO!、GetNavi webなどに寄稿。またAI、クラウドファンディング、デジタルガジェットの記事も担当しており多くの媒体で執筆している。元Kotaku Japan編集長。Facebook「WEBライター」グループ主宰。

シュア・ ジャパン株式会社

info@shure.co.jp