SRH440 について語る – オーディオ・ビジュアル評論家鴻池賢三氏

自宅では、オーバーヘッド型のSRH440を愛用しています。SHUREの歴史において、オーバーヘッド型のヘッドホンは始まったばかりですが、原音再生を目指した色付きのないニュートラルな音作りが気に入っています。どんなジャンルの音楽も楽しめますし、自ら演奏する楽器の音色を確認するにも安心できるからです。音質は、低域から高域までスムーズでバランスが良く、また、余韻なども豊かに再現する繊細さを併せ持っています。アーティストの息遣いやニュアンスが感じられつつ、それでいて超高域で神経質に破綻する事の無い仕上がりの良さには感心するばかりです。オーバーヘッド型のSRHシリーズには、上位のSRH840がありますが、個人的には、一回り小型軽量で、コストパフォーマンスの良いSRH440が気に入っています。

鴻池賢三(こうのいけけんぞう)

オーディオ・ビジュアル評論家
AV専門誌で製品の評価や評論、音響や映像の調整方法について解説や執筆活動を行う。日本で唯一のTHX/ISF認定ホームシアターデザイナーでもあり、オーディオ・ビジュアル関連企業のコンサルティングを手がけるDAC JAPAN代表。(http://www.dac-japan.com/

シュア・ ジャパン株式会社

info@shure.co.jp