ブース番号5845 | オレンジ・カウンティ・ コンベンションセンター | フロリダ州 | 2017年6月14日〜16日

設備音響向け新ソリューションのご紹介

Shureは、InfoComm2017にて、建設的かつ円滑な会議運営を実現する新たな会議ソリューションをご提案致します。そして、この度Shureは、新たな会議システム製品を発表する運びとなりました。この新製品は、ワイヤード・ワイヤレス両方のラインアップを備え、高音質かつ高度な会議コントロールを実現します。InfoCommにお越しの際は、ぜひShureブース(ブース番号:5845)にお立ち寄りください。ますます充実するShureの製品ラインアップを実際にご覧いただけます。更に、会場ではShureのエキスパートが各種ご相談を承ります。製品デモンストレーションおよびトレーニングセッションへの参加登録については、 shure.com/infocomm2017をご覧ください。

ShureのInfoComm出展に関する最新情報については、Twitterで@shuresystemsをフォローしてください。


カンファレンス用・ULX-D™ デジタルワイヤレス新ラインアップ

ULX-D デジタルワイヤレスは、RF運用に優れた特性を持ち、ソフトウェアによるコントロール、Dante®対応の高音質デジタルオーディオ、AES-256暗号化など多くの機能を有しています。

ULXD6バウンダリー型送信機、ULXD8 グースネック型送信機

ULXD6 バウンダリー型送信機およびULXD8 グースネック型送信機は、会議や講演イベントなどの際に、机上用マイクとして最適な、コンパクトなソリューションとなります。迅速なセットアップが可能で、有線マイクの固定設備では難しい、座席レイアウトやテーブルの配置変更にも柔軟に対応できます。

ULXD6・ULXD8の両送信機は、最大300フィート/ 100メートルの優れた運用距離に対応し、また幅広いアンテナ分配オプションを選べるため、企業内の小規模の会議から、コンベンションセンターでの大規模な会議まで、様々なスケールの用途に柔軟に対応可能です。専用の充電池または単3電池により、長時間に及ぶ会議にも安定して対応することができます。

ULXD8 グースネックベース型送信機はMX410DF, MX415DF Dualflex グースネックマイクロホンと互換性があります。

SBC450 4ベイ/SBC850 8ベイネットワーク充電ステーション

SB900A充電池使用の際は、ULXD6/ULXD8送信機から電池を取り外すことなく、送信機を直接充電器に差し込む形でスムーズに充電することが可能です。SBC450/SBC850充電ステーションをネットワークに接続すれば、各送信機の充電状態をPCから遠隔でモニターすることができます。さらに、Shure Wireless Workbench®、SystemOnソフトウェア、または他社製コントロール・システムを使用することにより、充電器を経由して、送信機の設定変更やファームウェア更新を行うことも可能です。


Microflex Wireless High Density(ハイデンシティー)モード

Microflex Wirelessは、企業の会議室、ビデオ会議室、多目的会議室、ホテルの会議場など、薄型のワイヤレス卓上型マイクロホンを必要とする多くの会議環境に最適なシステムです。

複数の送信機を組み合わせることで、スタンダードモードでは最大40チャンネル、High Density(ハイデンシティ)モードでは最大80チャンネルの同時運用を実現します。
*使用時の電波環境により異なります


Microflex™ Advance™

Microflex Advance シーリングアレイマイクロホン・テーブルアレイマイクロホンは、収音範囲を細かく設定し、必要な音を正確に収音することが可能な、汎用的かつスマートな会議ソリューションです。

Designer ソフトウェア

新たなソフトウェア「Designer(デザイナー)」は、システムインテグレータや設計者がMXA910シーリングアレイマイクロホンの収音範囲を検討する際に、ソフトウェア上に図面を取り込み、MXA910の収音範囲の分布を正確にシミュレーションすることが可能な、ソフトウェア・アプリケーションです。各MXA910の収音ローブおよびその他の設定は、従来のようにマイクロホンをネットワーク経由でPCに接続している時だけでなく、未接続の状態でも、ユーザのPC上で設定を編集し、保存しておくことができます。保存された設定は、デバイスプリセットファイルとしてPCからエクスポートし、MXA910ブラウザソフトウェア上でインポートすることにより、簡単にマイクロホンに設定を反映することができます。

A910-HCMハード・シーリング・マウント

A910-HCMハード・シーリング・マウント

A910-HCMは、MXA910シーリング・アレイ・マイクロホンをの壁設置または天井埋め込み型の設置を可能にするアクセサリーで、部屋全体との一体感を追求した、洗練された製品外観を実現します。あらかじめ天井に設置しておけば、後からMXA910を追加設置することが可能です。

A310B-FM/A310AL-FMフラッシュマウントアクセサリー

A310B-FM/A310AL-FMフラッシュマウントアクセサリー

A310-FMは、MXA310テーブル・アレイ・マイクロホンをテーブルに埋め込むためのオプション・アクセサリーであり、音響性能とミュートボタンの操作性を維持しながら、設置時の高さを抑え、テーブルとの一体感のある美しい外観を実現します。カラーは、ブラックまたはアルミ仕上げから選択することが可能です。


IntelliMix オーディオプロセッサー

P300は、ビデオ会議用途に最適化されたIntelliMix DSPアルゴリズムを搭載し、8チャンネルのアコースティック・エコー・キャンセレーション(AEC)、ノイズリダクション、およびオートマチックゲインコントロールにより、高品質の会議音響を実現します。Dante™接続(10インプット / 2アウトプット)、アナログ接続(2インプット / 2アウトプット)、USB接続(1インプット / 1アウトプット)、および携帯電話等の接続(3.5mm)に対応し、会議室に導入したシステムとの外部接続、およびPCや携帯電話との連携を、非常に容易に行えます。


オーディオ・ネットワーク・インターフェース

ANIUSB-MATRIX USB接続対応オーディオ・ネットワーク・インターフェース

ANIUSB-MATRIXは、既存のANI4INおよびANI4OUTの製品ラインアップを補完し、USB出入力または、1系統のアナログ入力、および最大4系統のMicroflex™ Advance™またはMicroflex™ Wireless音声出力チャンネルを、会議室に導入されたビデオ会議システムまたはPC上のビデオ会議アプリと接続することが可能です。

ANI22オーディオ・ネットワーク・インターフェース

ANI22は、最大2系統のマイク/ライン入出力とDanteネットワークとの自由な音声ルーティングが可能で、PCブラウザソフトウェアによる遠隔コントロールを実現します。XLR出入力に対応したモデルと、ブロック出入力に対応した、2モデルのラインアップを揃えています。


Microflexマイクロホン 新ラインアップ追加

MX395 どのような場にも馴染む落ち着いたデザインのバウンダリー・マイクロホンに、新ラインアップ追加

主張しすぎない洗練されたデザインに定評のある、Microflexテーブル設置型バウンダリーマイクロホンに、新たなラインアップが追加されます。
黒・白・アルミの全てのカラーバリエーションで、2色LED搭載モデル・非搭載モデルの各2種類のオプションを選べるようになり、様々なお客様のニーズに、更に細かく対応できるようになりました。


SW6000ソフトウェアアップデート

Windows対応、SW6000会議向けソフトウェアは、あらゆる規模、あらゆる構成の会議に対応し、一括管理、コントロール、個人設定のカスタマイズ等を可能にします。DCS 6000デジタル・カンファレンス・システムやMicroflex Completeと連動して運用することにより、幅広い用途への柔軟な対応が可能です。


Microflex Complete

2018年秋以降発売予定

Microflex Complete会議システムは、高度に統合されたオーディオ制御により、会議室内の会議メンバーだけでなく、離れた場所から遠隔で参加するメンバーにも、自然で明瞭な音質を提供する、カンファレンスシステムです。美しいカラー・タッチパネルスクリーン、電子投票機能、個人設定用カードスロットなどの多彩な機能を搭載し、一般的な会議環境はもちろん、役員会議、議会、学会など、決められたアジェンダに基づく会議環境にも最適な、汎用カンファレンス・システムです。


2018年冬以降発売予定

Microflex Complete Wireless・ワイヤレス会議システムは、透明性の高いデジタルオーディオ品質と、豊富な制御機能に加え、暗号化されたデジタルワイヤレス伝送を提供します。1台のアクセスポイントにつき最大125人の参加者ユニット運用に対応し、また、ケーブル配置上の制約を克服することにより、参加メンバーの座席を固定せず柔軟に進められる現代のスマートな会議環境と、従来の固定された座席で行われる伝統的な会議環境の両方に対応することを可能にしています。Shureが築き上げた独自技術による、電波干渉の自動検出・自動回避機能により、音声のドロップアウトのない、信頼性の高いマイクロホン運用を実現します。

電子掲示ネームサイン MXCSIGN

電子掲示ネームサイン MXCSIGN

Microflex Completeのラインアップとして、ネットワーク制御に対応した電子掲示ネームサインを発表。会議参加者の氏名や役職、国名や、会社のロゴなども高精細なディスプレイで表示することが可能。

同時通訳ユニット MXCIC

同時通訳ユニット MXCIC

新たな同時通訳ユニットは、大型カラーディスプレイ搭載により優れた操作性を実現、3系統の通訳チャンネルに対応、スピーカーも内蔵。


AXT Digital

AXT Digitalは、UHF-R、ULX-D®、AXTといった既存の優れたワイヤレスシステムにおいてShureが培ってきた独自のテクノロジーを最大限に生かしつつ、あらゆるプロフェッショナルの制作現場に対応すべく、最も先進的で高度な技術を以て新たに開発された、Shure最高峰のデジタルワイヤレスシステムです。複雑を極める電波環境において様々な顧客ニーズに柔軟に対応し、高度なRF安定性、優れたオーディオ品質、ソフトウェア・コントロール、また豊富な製品ラインアップを実現しています。

お問合せ

ご質問・ご要望への回答は時間がかかる場合がございます。

送信

ShureのInfoComm出展に関する最新情報については、Twitterで@shuresystemsをフォローしてください。