Ben Folds(ベン・フォールズ)

ベン・フォールズは、批評家に絶賛され、プラチナセールスを記録したベン・フォールズ・ファイブのリーダーとしてメジャーでの最初の成功を収めた。その後はソロアーティストとしても成功し、3枚のスタジオアルバムを録音、さらに、彼の名高いライブパフォーマンスを記録した2枚のアルバムと1枚のリミックスアルバムをリリースしている。

また最近、「Ben Folds Presents: University A Cappella!」をリリースしたが、これは大学のグループが演奏した彼の曲を集めたものである。2009年、フォールズはNBCのアカペラコンテスト番組「The Sing Off 」に審査員として登場した (この年の後半に放送された第2シーズンにも同じ役割で登場した)。

フォールズはかねて自身がプロデュースしたWilliam Shatnerのアルバム「Has Been」でNick Hornbyと1曲共作していた。このアルバムはHuffington Post紙に「人間の条件に関するありのままの事実を思い切って語った近年まれに見る作品」と評価された。

フォールズはまた交響楽団とも親交が深く、世界最高のオーケストラと競演している。例えば2006年、ソールドアウトを記録したオーストラリアツアー、ナショナル交響楽団と競演し、ケネディ・センターで数回にわたりソールドアウトを記録したライブ、キース・ロックハートが指揮したボストンポップスとの競演、オーストラリアのシドニーオペラハウスでのライブなども行なっている。

Contact

シュア・ジャパン株式会社

What Ben Folds uses