ねごと (NEGOTO)

negoto

Vo&Key 蒼山幸子 Sachiko Aoyama
G&Cho 沙田瑞紀 Mizuki Masuda
B&Cho 藤咲佑 Yu Fujisaki
Dr&Cho 澤村小夜子 Sayako Sawamura

全員平成生まれ、オルタナティブを感じさせるロックを軸にクールでファンタジックなポップエッセンスを盛り込んだガールズロックバンド。2008年に行われた10代の野外フェスで審査員特別賞を受賞、その後下北沢、渋谷を中心に精力的にライブ活動を続け、企画する自主イベントがすべて即日SOLD OUTする中、2010年9月に初音源となる「Hello! “Z”」をリリース。新人としては異例の全国FM&AM40局以上でのパワープレイ、ラジオオンエアチャートで月間1位を獲得。また2011年3月リリースの1st Single「カロン」がau「LISMO!」CMソングに起用され注目を浴びる。SUMMER SONICや韓国の音楽フェスへの出演を経て、2013年2月には待望の2nd Full Album「5(ファイブ)」をリリース。現在、11枚目のシングル「シンクロマニカ」がリリースとなっている。

ねごとオフィシャルウェブサイト: http://www.negoto.com/

 

ねごとのメンバーはShureイヤホンについて下記のコメントを述べています。

蒼山幸子(Vo&Key)
最近ライブをする際にイヤモニと併用してShureのイヤホンを使わせてもらってもらっています。もともとライブでデッドな環境が苦手なのですが、Shureのイヤホンを使うとそれぞれの楽器の音の空気感がちゃんと現れるのでピッチを取りやすいだけでなく、包み込まれる感じがして歌いやすいです。私は試した末に、クリアすぎず、だけどくっきりと輪郭が見えるハイと、まろやかにしっかり響いてくれるロウのバランスが一番自分に合っていたSE535を使っています。これからライブで使う度ににどんどん相性が良くなっていくんじゃないかと、今から楽しみです。

澤村小夜子(Dr&Cho)
ShureのSE535をライブで使っています。 普通のイヤホンだと、ドラムの生音とイヤホンボリュームのバランスが難しく、全てを爆音で聴いてしまうのですが、Shureのイヤホンは外の音が入らないし、音のまとまりが良いので、自分の音を客観的に聴くことができ、落ち着いて演奏することができます。爆音にしなくて済むので耳にも優しいです。

沙田瑞紀(G&Cho)
SE215 を使い始めて2年が経ちました。普段のリスニングはもちろん、ツアー先で作曲する時にも活躍しています。どの音域も安定のバランスで聴きとりやすいのと、カナル型のSE215は音漏れも少なく、ほどよいフィット感を味わえます。スタイリッシュなフォルムもShureらしいデザインで、持っているだけでなんだか気分がよくなります。音楽ファンのみんなに一度は試して欲しい逸品です!

藤咲佑 (B&Cho)
SE215 Special Editionはまずデザインに一目惚れしました。おしゃれで可愛い色が目立ってこれをつけて音楽を聴くことが楽しくなります。そして、何と言っても低音域に厚みや暖かさがあるところもポイント。
ベースシストとして低音域が持ち上がって聴こえることは嬉しいことなんですが、他の楽器との兼ね合いがよく一体感があります。ボーカルの歌い方、癖に寄り添ってベースを弾く私にとっては、ニュアンスが伝わりやすいこのイヤホンはこれから演奏していく上でも大活躍してくれそうです。

 

ねごと、ボーカルの蒼山氏はお使いのBETA 57Aについて下記の通り述べています。

SHURE BETA 57Aは繊細に声の細かいニュアンスを出してくれるので、愛用しています。
ねごとは激しい曲も静かな曲もあるのですが、その両方でもはっきり声を拾ってくれるバランス感あるマイクだと思います。

Contact

シュア・ジャパン株式会社

What NEGOTO uses