TAKAYOSHI SHIRAKAWA

BACK DROP BOMB、Noshow、AA=でVo.を担当。
BDBではワイヤレス、NoshowではSM58ワイヤードと使い分けている。

BACK DROP BOMB :
1994年10月バンド結成。ヒップホップのビート感、ラウドでハードコアなギター、ファンキーなリズムセクション、ツイン・ボーカルから繰り出されるダンスホール・レゲエの要素も盛り込んだタイトかつスリリングなライミングといった多彩な要素を融合した音楽性は、いわゆるミクスチャーの象徴的存在となる。  
伝説的野外イベント「AIR JAM '98」や、FUJI ROCK FESTIVAL、ROCK IN JAPAN FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVALなど国内の主要大型フェスティバルの常連となるなど、ライヴバンドとしての存在感を見せつける。
1999年には彼らの初期代表作といっても過言ではないアルバム『MICROMAXIMUM』をリリース。以降、通算4枚のフル・アルバムをリリース。多彩な音楽性を感じさせ、常に一歩先を行く音源をリリースし続ける。
2012年2月には5枚目となるフル・アルバム「THE OCRACY」をリリース。そして10月にはオリジナルメンバーの有松益男(Dr.)が復帰。
2013年2月には有松復帰後初作品「59days preface」をリリース。

HP : http://backdropbomb.jp/


Noshow :
その昔、ALLを愛するメンバーがALLのコピーバンドとして結成したのが「東京ALL」。その後メンバーチェンジを経てTakayoshi Shirakawa、Shinobu Watanabe、Naou Hara、Leona Hiramotoの4人になりバンド名をNOSHOWに改名する。
2001年5月、AMBIENCE RECORDSからリリースされたALL TRIBUTE V.A.「It's gonna be ALLright」(AMBR-001)にShe's My Exで参加する。
2003年4月、AMBIENCE RECORDSからPAVERSとのSplit Album「Prefab Unison」(AMBR-003)がリリースされる。
2004年4月、JELLYFISH RECORDSから3P3B V.Aによるオムニバスアルバム「CARRY THAT WEIGHT」(JFR-015)がリリースされる。
2013年3月、長期にわたる活動休止を経てドラムにYutaka Katayamaを迎え入れ活動再開を決意。 5/10恵比寿LIQUID ROOMで行われるBACK DROP BOMB tour "3days preface" -SPECIAL "Final Party"-にてを再始動ライブを決行。

HP : http://www.3p3b.co.jp/bands/noshow.html

TAKAYOSHI SHIRAKAWA氏からShureマイクへのコメント

10代の頃、ビデオで見たラッパーの持ち物を何でも欲しがっていて、その中にSM58もあったのが最初。
当時は音楽をやるなんて思っていなかったから、単純に物として欲しかった。絶対定番のフォルムを始め、絶妙な物量。この質感をすべての出音の基準にしているのは明らか。ボーカルならいちばん付き合いのあるモデル。
今はBDBではワイヤレス、Noshowではワイヤードを使っています。

Contact

シュア・ジャパン株式会社

What TAKAYOSHI SHIRAKAWA uses