Shure RSSフィード Shureによる現在のプレスリリース {{host}}/company/press.rss ja © 2017 Shure Japan Limited. All rights reserved. 無断複写・複製・転載を禁じます https://www.shure.co.jp//dts66gh2l7cuk.cloudfront.net/assets/rssicon-579e0d1e07d89fc1246a72f00d42e759.png Shure RSSフィード {{host}}/company/press.rss SHUREがYAMAHAコンソールとのワイヤレスシステム統合を更に拡張 https://www.shure.co.jp/ja/news/press/press_releases/2017/Shure-Expands-Wireless-System-Integration-With-YAMAHA-Consoles <div style="line-height:160%"> <p>&nbsp;</p> <p>Shure IncorporatedはAXT、QLX-D、ULX-DワイヤレスマイクロホンシステムとYamaha CLおよびQLシリーズ ミキシングコンソールとの統合コントロールを発表しました。Yamaha CL/QLシリーズ のファームウェアバージョン4.1により、サウンドエンジニアはショーの最中でもミキサーの位置から、これらのShureワイヤレスシステムの状態をモニタリングし、コントロールできるようになります。非常に過酷なライブ環境にも対応可能な、2つの音響プロフェッショナル向け機器のシステム統合が実現し、業務効率は大幅に改善することが期待されます。 </p> <p>Yamaha CLまたはQLシリーズのコンソールは、Shure AXT400、QLXD4、またはULXD4ワイヤレス受信機が同一のネットワークに接続されている場合、コンソールの画面上でシステムを検出できるほか、各システムを認識して、入力チャンネルを選択して伝送することが可能になります。更に、送信機の電池残量やRF、オーディオ信号レベルをモニタリングし、受信機のオーディオ出力レベルもコンソールから調整することができます。AXTワイヤレスシステムでは、ShowLink®アクセスポイントを使用することにより、送信機のゲインレベルについても、ミキシングコンソールからの遠隔コントロールに対応しています。</p> <p>Shureのエンジニアリング & プロダクト・ディベロップメント・シニアディレクターである、Rob Fuhlbrugge(ロブ・フールブラジ)は、「ワイヤレスマイクロホンは急速にライブイベントの基盤となりつつある一方、ワイヤードのマイクロホンには無かった運用上の難しさがありました。ShureワイヤレスシステムとYamahaのミキシングコンソールが更なる統合を遂げたことにより、音源がワイヤードかワイヤレスかに関わらず同じ感覚でコントロールできるようになりました。サウンドエンジニアにとっては、ワイヤレスのチャンネルを、ワイヤードマイクロホンのチャンネルと同一のワークフローでモニタリングしコントロールすることが可能になり、これら二つの間にあった運用上の差異は、実質的になくなったといえるでしょう」と述べています。</p> <p>この画期的なシステムの有用性は、ShureとYamaha双方のエンジニアリングチームの長年にわたる協力関係の成果です。以前のファームウェアにおいては、Danteコントローラー・ソフトウェアを必要とせずに、Yamaha CLシリーズ、コンソールのタッチパネルディスプレイ上で、Shure ULXD4DやULXD4Qを検出しパッチすることが可能でした。今回の発表は、これらのシステム統合が更に大幅に拡張され、Dante非対応のShureワイヤレスシステムにも対応したことを意味しています。</p> </div><div>&nbsp;</div> <p><strong>Shure Incorporated (www.shure.com)について</strong></p> <p>Shure Incorporatedは1925年に設立されたマイクロホンおよびオーディオ機器の世界のリーディングカンパニーです。長年にわたってShureは、性能、信頼、価値に対する伝説を生み出す多くの高品質のプロフェッショナルおよび一般消費者向けのオーディオ製品を製造してきました。Shureの多様な製品ラインには、パフォーマー向けワールドクラスのワイヤードマイクロホンおよびワイヤレスマイクロホンシステム、インイヤーパーソナルモニターシステム、カンファレンス・会議システム、ネットワークオーディオシステム、数々の賞を受賞したイヤホンやヘッドホン、最高品位のフォノカートリッジがあります。今日、Shure製品はオーディオ性能が最も重視される場所で選択されています。</p> <p>Shure Incorporatedは米国イリノイ州のナイルズ(Niles)に本社を置いています。また、ドイツの エッピンゲン、香港、中国にセールスおよびマーケティング本部を持ち、さらに米国、EMEA、アジアを通じ製造施設と地域の販売拠点を30以上有しています。</p> <div> <p><br /> Shure Japan(www.shure.co.jp)はその日本法人です。</p> <p>※Shureは、米国Shure Incorporatedの登録商標です。<br />※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。 </p> </div> https://www.shure.co.jp/90a12d86-8063-4392-9ad5-11472fc732ea 10 Mar 2017 Shure、ポール・マッカートニーとザ・フーの 限定版グラフィックデザインSM58マイクをオークションへ https://www.shure.co.jp/ja/news/press/press_releases/2017/Shure-Partners-with-Paul-McCartney-and-the-Who-To-Auction-Off-Limited-Edition-Graphic-Painted-SM58-Microphones <div style="line-height:160%"> <p>&nbsp;</p> <p>世界でもっともポピュラーなマイクロホンShure SM58ダイナミックマイクロホンは1966年以来、世界的に強い影響力を持つミュージシャンたちに愛用され続けています。そのSM58と伝説的アーティストたちとの強い絆の記念として、Shureはポール・マッカートニーとザ・フーの協力を得て600本限定で特別グラフィックデザインによるシリアル番号付きSM58を製造し、オークションに出品します。キャンペーンによる収益金はこの二組のアーティストが力を注ぐ基金、ポール・マッカートニーの<a href="http://www.meatfreemondays.com/" target="_blank">Meat Free Monday</a>とザ・フーの<a href="https://www.teencanceramerica.org/" target="_blank">Teen Cancer America</a>へ全額寄付されます。シリアル番号付きマイクロホンは、アーティストごとの特別グラフィックデザインとなっています。SM58 50周年ポール・マッカートニー記念版は、ポールの娘メアリー・マッカートニーが撮影したKisses on the Bottomのアルバムジャケットのデザインを採用。ザ・フー限定版は、1976年以来彼らのアルバムカバーのデザインとPR用ビジュアルを担当しているグラフィックデザイナー、リチャード・エバンスのオリジナルアートワークを採用します。</p> <p>それぞれの300本ずつのSM58がオークション用に製造され、シリアル番号11~300の製品は定価で販売されます。シリアル番号1~10のマイクロホンは、ハンドル部分にアーティストの直筆サインを入れてShureによりオークションに出品されます。限定版マイクロホンのオークションはチャリティプログラム<a href="http://www.ebay.com/rpp/charityshop" target="_blank">eBay for Charity</a>にて実施され、収益金は全額がアーティストの選んだチャリティへと寄付されます。長年にわたって世界で愛され続けているこれらのアーティストたちの音楽と彼らの慈善活動の歴史を称え、またその活動に一緒に参加できる、それがSM58 50周年記念アーティスト限定版オークションなのです。</p> <p>「ポール・マッカートニーとザ・フーは、私たちの時代において最も影響力がある曲を多数発表している偉大なアーティストです。彼らが世界に与えたインパクトを考えれば、この特別な50周年記念版SM58を彼らとのコラボレーションによって作るはとても自然なことです。しかもその彼らの声をあらゆる世代のファンたちに届けてきたのは、まさにこのマイクですからね。」とShureの企業及び政府リレーションズ担当バイスプレジデントであるマーク・ブルナーは語っています。「そしてポール、ロジャー、ピートは慈善活動にとても熱心で、長年にわたって寄付を行なったり慈善活動を指揮したりしていることでも知られています。そんな素晴らしいミュージシャンの選んだチャリティ団体に今回の収益を100%寄付できることを私たちも誇りに思っています。」</p> <p>「Meat Free Monday」はポール、メアリー、ステラ・マッカートニー親娘が2009年に設立した団体で、家畜生産による環境的ダメージに対する人々の理解を高める活動を行っています。気候変動を緩和し、貴重な天然資源を守り、人々の健康を改善するため、1週間のうち少なくとも1日は肉を食べない日を作ろう、というキャンペーンです。「Teen Cancer America」は癌を患う十代の若者たちのために英国で20年以上にわたって慈善活動を続けているロジャー・ダルトリーとピート・タウンゼンドによって2012年に設立されました。この基金は、病院や医療プロフェッショナル達の中で小児と成人の腫瘍診療のギャップを埋める助けとなり、病院や外来治療施設において十代の若者専用の病棟を作るための教育やサポートも行っています。<br /> 「Shure SM58は長年にわたって僕の声を世界中の何百万人という人々に届けてくれているマイクです。毎日世界中であらゆる人々の声を乗せてこのマイクは活躍しているのです。」とポールは語っています。「Shureの50周年記念SM58限定版に関われて嬉しいですよ。それに私たち家族にとって大切な慈善活動にも同時に貢献できたのは、とても素晴らしいことです。お互いに今後もがんばっていきましょう。」<br /> ロジャー・ダルトリーは「SM58 50周年記念限定版を祝うにあたって、これまでに僕たちが達成してきたことを振り返るのと同時に、音楽の力、他者を支えようという心の力によって今後何ができるのかを考えることはとても大切なことです。ShureとSM58は僕のキャリアにおいてとても大きな役割を果たしてきました。そして僕たち自身はこれまで十代の若者の癌治療を支える活動に多数関わってきました。ですからこの偉大なマイルストーンを記念して共にオークションに参加することは僕たちにとってとても自然な流れなのです。」と語っています。<br /> オークションの詳細は<a href="http://www.shure.com/auction" target="_blank">http://www.shure.com/auction</a>をご覧ください。</p> <p style="font-weight:bold; font-size:16px; margin-top:30px">■Meat Free Mondayとは</p> <p>2009年にポール、メアリー、ステラ・マッカートニー親娘により設立されたMeat Free Monday (ミートフリーマンデー、&rsquo;肉を食べない月曜日&rsquo;)は、一週間に一日だけ肉を食べない日を設けることが環境フットプリントの削減と自身の健康改善につながるというメッセージを人々に届けています。</p> <p>その設立以来、キャンペーンの実績は次の通りです。</p> <ul> <li>欧州議会に出席、肉食を控えることの重要性についてスピーチ。2009年12月、気候変動に関する政府間パネルのラジェンドラ・パチャウリ議長その他とともに、ポールは「Global Warming and Food Policy: Less Meat = Less Heat(地球温暖化と食糧政策:肉を減らして熱を下げる)」という題目で欧州議会の公聴会でスピーチを行いました。</li> <li>312種類のレシピ、42人のシェフ、俳優、ファッションデザイナーらのセレブリティからの寄稿を含めた「The Meat Free Monday Cookbook」を出版。朝食、お弁当、ランチ、サイドディッシュ、夕食、デザートに至るまで、1年間の各月曜日にお勧めの季節ごとのメニューを紹介しています。</li> <li>学校および大学にも普及。英国内でおよそ1,000校の学校施設と数々の大学が「肉を食べない月曜日」活動に参加。米国、ベルギー、ドイツ、フィンランド、ブラジル、南アフリカ、台湾など世界中で週に一度「肉を食べない日」を実施する教育機関が拡大しています。</li> <li>Puma(スポーツウェアメーカー)、Ocado(オンラインスーパー)、Pieminister(英国のパイ製造企業およびレストランチェーン)、Feng Sushi(ロンドンのレストランチェーン)、Ecotricity(再生可能エネルギー企業)、Louis Hotels(欧州のホテルチェーン)、Malm&ouml; Aviation(スウェーデンの航空会社)など、企業からの支援も獲得しています。</li> </ul> <p style="font-weight:bold; font-size:16px; margin-top:30px">■Teen Cancer Americaとは</p> <p>英国で大きく発展し成功を遂げている若者向けの癌患者支援プログラム「Teenage Cancer Trust」に続き、「Teen Cancer America」は米国の病院および医療プロフェッショナルの中で小児と成人の腫瘍診断の間にあるギャップを埋めるための活動を進めています。「Teen Cancer America」は特に13~25歳の若者向けの特別治療病棟の進歩に向けて病院および外来治療施設へ教育と支援を行っています。これらの施設は、癌患者の経験が理解され、癌と共に生きることの重要性を養う場所となります。Teen Cancer Americaは若い癌患者に必要な治療やサポートを生み出すため、小児および成人腫瘍治療に関わる医師や医療プロフェッショナルとの連携も進めています。</p> <p style="font-weight:bold; font-size:16px; margin-top:30px">■eBay for Charityとは</p> <p>eBay for CharityはeBayコミュニティのメンバーが米国および海外の慈善活動に寄付を行えるプラットフォームです。売り手は売り上げの10~100%を寄付することが可能で、買い手は購入時に寄付金を追加することができます。現在までに、7億2千500万ドル以上がeBay for Charityを通して慈善活動に寄付されています。</p> </div><div>&nbsp;</div> <p><strong>Shure Incorporated (www.shure.com)について</strong></p> <p>Shure Incorporatedは1925年に設立されたマイクロホンおよびオーディオ機器の世界のリーディングカンパニーです。長年にわたってShureは、性能、信頼、価値に対する伝説を生み出す多くの高品質のプロフェッショナルおよび一般消費者向けのオーディオ製品を製造してきました。Shureの多様な製品ラインには、パフォーマー向けワールドクラスのワイヤードマイクロホンおよびワイヤレスマイクロホンシステム、インイヤーパーソナルモニターシステム、カンファレンス・会議システム、ネットワークオーディオシステム、数々の賞を受賞したイヤホンやヘッドホン、最高品位のフォノカートリッジがあります。今日、Shure製品はオーディオ性能が最も重視される場所で選択されています。</p> <p>Shure Incorporatedは米国イリノイ州のナイルズ(Niles)に本社を置いています。また、ドイツの エッピンゲン、香港、中国にセールスおよびマーケティング本部を持ち、さらに米国、EMEA、アジアを通じ製造施設と地域の販売拠点を30以上有しています。</p> <div> <p><br /> Shure Japan(www.shure.co.jp)はその日本法人です。</p> <p>※Shureは、米国Shure Incorporatedの登録商標です。<br />※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。 </p> </div> https://www.shure.co.jp/800ca0be-40ff-4ee5-9e42-f4b051656748 1 Mar 2017 『ムービーウォーク:SNSで素敵な動画を公開しよう』開催のおしらせ https://www.shure.co.jp/ja/news/press/press_releases/2017/moviewalk <div style="line-height:160%"> <p>&nbsp;</p> <p>シュア・ジャパン株式会社はこの度Apple銀座で、iPhoneと MV88 iOSマイクロホンを使ったワークショップ『ムービーウォーク:SNSで素敵な動画を公開しよう』を開催いたします。<br /> 開催は2017年3月8日、国際女性デー(ミモザの日)に合わせ女性のためのイベントといたしました。iPhoneにMV88 iOSマイクロホンを装着し、ムービーウォークを楽しみます。SNSに動画がアップされることが多くなった昨今、映像と合わせて音声にも注目した動画撮影のテクニックに触れていただく機会をご用意いたしました。<br /> 女性映画監督の永田琴氏をゲスト講師に招き、景色や聴こえてくる音を活かした動画撮影のヒントを学びます。<br /> 同日夕方には、この日の参加者の動画作品を楽しむ鑑賞会もございます。 </p> <p style="float:left; width:310px;"><img width="100%" height="100%" alt="" src="/dmsfiles/default/shure/news_events/press_release/moviewalk/MV88_1" /></p> <p style="float:left; width:310px; margin-left:10px"><img width="100%" height="100%" alt="" src="/dmsfiles/default/shure/news_events/press_release/moviewalk/MV88_2" /></p> <p style="clear:both; visibility:hidden">.</p> <p style="font-weight:bold; font-size:16px;">【イベント詳細】<br /> ■ムービーウォーク:SNSで素敵な動画を公開しよう</p> <p style="float:right; width:250px; margin-left:10px"><img width="100%" height="100%" alt="" src="/dmsfiles/default/shure/news_events/press_release/moviewalk/Mis_Nagata"/><br />映画監督、脚本家の永田琴氏</p> <p style="width:380px">日時・場所 : 3月8日(水)2:00 p.m. - 4:30 p.m. @Apple銀座<br /> 女性のためのイベントです。国際女性デーに合わせて、ソーシャルで素敵な動画を公開してみませんか?iPhoneやiPadは指先だけで誰でも簡単に動画を撮影できます。今回は、女性映画監督永田琴氏とともに銀座の街を歩いて日比谷公園まで。公園内の美しい景色や聴こえてくる音を活かした動画撮影のヒントを学びます。その後、iMovieで動画の簡単な編集まで体験しましょう。MV88 iOSマイクも合わせて使いながら、情景がよりリアルに伝わる動画撮影、ストーリーテリングを学びます。充電を済ませたiPhoneご持参の上、歩きやすい服装でご参加ください。<br /> ※女性対象のイベントです。<br /> ※ご参加にはお申し込みが必要です。申し込みはこちらから<br /><a href="http://www.shureblog.jp/news/moviewalk_at_apple/" target="_blank">http://www.shureblog.jp/news/moviewalk_at_apple/</a></p> <p style="clear:both; visibility:hidden">.</p> <p style="font-weight:bold; font-size:16px;"> ■女性の視点で撮影した動画を楽しもう</p> <p>日時・場所:3月8日(水)5:00 p.m. - 5:30 p.m. @Apple銀座 3F シアタールーム<br /> 国際女性デー、ミモザの日に寄せてiPhoneやiPadで制作された動画を楽しみませんか?女性映画監督永田琴氏とともに、動画撮影にチャレンジされた女性の方の作品を一緒に鑑賞いたしましょう。撮影・編集などのポイントや、Shure MV88 iOSマイクなどのアクセサリを使って工夫したところのお話を聞きながら、動画でストーリーを伝える楽しさをパネル形式でご紹介いたします。ぜひお気軽にご参加ください。<br /> ※参加自由のイベントです。ご希望の方は開催時間に直接会場にお越しください。 </p> <p style="font-weight:bold; font-size:15px;; margin-top:40px;">【Shure MV88について】</p> <p><img width="30%" height="100%" alt="" src="/dmsfiles/default/shure/news_events/press_release/moviewalk/MV88_product" style="float:left;" /> MV88 iOSデジタル・ステレオ・コンデンサー・マイクロホンは、Lightning端子を備えたiOSデバイスに直接接続できる手のひらサイズのコンパクトなマイクです。動画撮影に使いやすさとプロ仕様のオーディオを提供します。ShurePlus MOTIV専用レコーディングアプリを使えば、ステレオ幅、指向性、イコライザーなどの最適化、高度な録音編集・調整機能が使用でき、オリジナリティ溢れるサウンド制作を可能にします。 製品について詳しくはシュア・ジャパンウェブサイトをご覧ください。</p> <p>MV88製品ページ:<br /> <a href="https://www.shure.co.jp/ja/products/microphones/mv88">https://www.shure.co.jp/ja/products/microphones/mv88</a></p> <p style="margin-left:10px; font-weight:bold; font-size:16px; margin-top:40px">【取材をご希望のメディア様へ】</p> <p>当日イベントの取材をご希望のメディア様は、シュア・ジャパン株式会社までご連絡ください。 <a href="mailto:pr@shure.co.jp?">pr@shure.co.jp</a> (担当:岡村)</p> <p style="clear:both; visibility:hidden">.</p> </div><div>&nbsp;</div> <p><strong>Shure Incorporated (www.shure.com)について</strong></p> <p>Shure Incorporatedは1925年に設立されたマイクロホンおよびオーディオ機器の世界のリーディングカンパニーです。長年にわたってShureは、性能、信頼、価値に対する伝説を生み出す多くの高品質のプロフェッショナルおよび一般消費者向けのオーディオ製品を製造してきました。Shureの多様な製品ラインには、パフォーマー向けワールドクラスのワイヤードマイクロホンおよびワイヤレスマイクロホンシステム、インイヤーパーソナルモニターシステム、カンファレンス・会議システム、ネットワークオーディオシステム、数々の賞を受賞したイヤホンやヘッドホン、最高品位のフォノカートリッジがあります。今日、Shure製品はオーディオ性能が最も重視される場所で選択されています。</p> <p>Shure Incorporatedは米国イリノイ州のナイルズ(Niles)に本社を置いています。また、ドイツの エッピンゲン、香港、中国にセールスおよびマーケティング本部を持ち、さらに米国、EMEA、アジアを通じ製造施設と地域の販売拠点を30以上有しています。</p> <div> <p><br /> Shure Japan(www.shure.co.jp)はその日本法人です。</p> <p>※Shureは、米国Shure Incorporatedの登録商標です。<br />※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。 </p> </div> https://www.shure.co.jp/839dc383-ca88-4c8d-8b58-e88c41483cd8 13 Feb 2017 Shure、ISE 2017でULX-D®送信機2モデルを含む新製品を発表 https://www.shure.co.jp/ja/news/press/press_releases/2017/ISE2017 <div style="line-height:160%"> <p>&nbsp;</p> <p>Shureはオランダ・アムステルダムで開催中の世界最大級の業務用AVインテグレーションシステムの展示会ISE 2017において、ULX-D®デジタルワイヤレスシステムを含む5つの製品カテゴリで新製品を発表いたしました。いずれの製品も日本での発売に関する詳細情報は未定です。発売時期や販売価格は決まり次第ご案内差し上げます。</p> <p style="font-weight:bold; text-align:center; margin-top:30px; font-size:15px;">ULX-D®デジタルワイヤレスシステムにバウンダリー型とグースネック型の送信機が登場</p> <p style="float:left; width:300px">先進的な技術で圧倒的な音響性能と信頼性を誇るULX-D®デジタルワイヤレスシステムに、ビジネスミーティングの場に最適なバウンダリー型(ULXD6)とグースネック型(ULXD8)の送信機ラインアップが追加されました。既存の通信プラットフォームを活かした、高音質・低遅延での多チャンネル運用が可能です。アルカリ単三電池とリチウムイオン充電池SBC900Aの両方に対応、専用ネットワーク・チャージステーションの発売も予定しております。</p> <p style="float:left; width:300px; margin-left:10px"><img width="100%" height="100%" alt="" src="/dmsfiles/default/shure/news_events/press_release/ISE2017/2" /></p> <p style="clear:both; visibility:hidden">.</p> <p style="font-weight:bold; text-align:center; font-size:15px">Micorflex WirelessにHigh Densityモードが登場</p> <p style="float:left; width:300px; margin-left:10px">1.9GHz帯域採用のMicroflex Wirelessに、新機能が追加されます。Shure独自のテクノロジー「High Density(ハイデンシティー)モード」が、ファームウェアの更新により、Microflex Wirelessでもご利用いただけるようになりました。これにより、本モード運用時には、従来の2倍である最大80チャンネル(※)の同時運用が可能となります。 <br /><span style="font-size:80%">(※)実際の運用状況により、使用可能なチャンネル数は異なります。</p> <p style="float:left; width:300px; margin-left:10px"><img width="100%" height="100%" alt="" src="/dmsfiles/default/shure/news_events/press_release/ISE2017/3" /></p> <p style="clear:both; visibility:hidden">.</p> <p style="font-weight:bold; text-align:center; font-size:15px; ">オーディオプロセッサー IntelliMix P300含む3機種を発表</p> <p style="float:left; width:400px; margin-left:10px">Shure独自のDSPテクノロジー IntelliMixを搭載、会議用途に特化したコンパクトなデジタルオーディオプロセッサー、 IntelliMix P300を発表致しました。Dante接続に対応し、MICROFLEX™ ADVANCE™、 Microflex Wirelessと組み合わせた設置が可能です。 この他、最大4ch応のANIUSB-MATRIX、ANI22の合計3モデルを発表致しました。</p> <p style="float:left; width:200px; margin-left:10px"><img width="100%" height="100%" alt="" src="/dmsfiles/default/shure/news_events/press_release/ISE2017/4" /></p> <p style="clear:both; visibility:hidden">.</p> <p style="font-weight:bold; text-align:center; font-size:15px">同時通訳ユニットの新製品を発表会議システムDCS6000対応製品ラインナップとして<br />2モデルを発表。</p> <p style="float:left; width:400px; margin-left:10px">同時通訳ユニットは、3系統の通訳チャンネルに対応、大型カラーディスプレイを搭載し、更にNFCカードに対応、スピーカーも内蔵しています。この他、ネットワーク制御に対応した電子掲示ネームサインを同時発表致しました。</p> <p style="float:left; width:200px; margin-left:10px"><img width="100%" height="100%" alt="" src="/dmsfiles/default/shure/news_events/press_release/ISE2017/5" /></p> <p style="clear:both; visibility:hidden">.</p> <p style="font-weight:bold; text-align:center; font-size:15px">Centraverseに新マイクロホンラインアップを追加</p> <p>設備音響用マイクロホンCentraverseのグースネックマイクロホンに、デスクトップベース一体型の新モデルCVG12D/CVG18Dが追加となりました。 既存モデルと同様、ミュートスイッチもオプションで選択可能、更に充実した製品ラインアップとなりました。 </p> </div><div>&nbsp;</div> <p><strong>Shure Incorporated (www.shure.com)について</strong></p> <p>Shure Incorporatedは1925年に設立されたマイクロホンおよびオーディオ機器の世界のリーディングカンパニーです。長年にわたってShureは、性能、信頼、価値に対する伝説を生み出す多くの高品質のプロフェッショナルおよび一般消費者向けのオーディオ製品を製造してきました。Shureの多様な製品ラインには、パフォーマー向けワールドクラスのワイヤードマイクロホンおよびワイヤレスマイクロホンシステム、インイヤーパーソナルモニターシステム、カンファレンス・会議システム、ネットワークオーディオシステム、数々の賞を受賞したイヤホンやヘッドホン、最高品位のフォノカートリッジがあります。今日、Shure製品はオーディオ性能が最も重視される場所で選択されています。</p> <p>Shure Incorporatedは米国イリノイ州のナイルズ(Niles)に本社を置いています。また、ドイツの エッピンゲン、香港、中国にセールスおよびマーケティング本部を持ち、さらに米国、EMEA、アジアを通じ製造施設と地域の販売拠点を30以上有しています。</p> <div> <p><br /> Shure Japan(www.shure.co.jp)はその日本法人です。</p> <p>※Shureは、米国Shure Incorporatedの登録商標です。<br />※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。 </p> </div> https://www.shure.co.jp/0cac2f9c-a0ce-4116-8cde-07f575c70c3c 8 Feb 2017 Shure、ワイヤレスシステムのモニタリングが可能なiOSアプリをアップデート - ShurePlus™ Channels Ver. 1.3 https://www.shure.co.jp/ja/news/press/press_releases/2017/ShurePlus-Channels-Version-updated <div style="line-height:160%"> <p>&nbsp;</p> <p>業務用音響機器の分野でその圧倒的なサウンドと性能に対する高い信頼性から、世界中の音楽家や音楽愛好家に選ばれ、90年以上の実績を持つ Shure Inc.の日本法人シュア・ジャパン株式会社は、iOSデバイスからShureのワイヤレスシステムをモニタリングできるShurePlus&trade; Channelsアプリのアップデートを発表しました。</p> <p>主要なチャンネルパラメータのモニタリング、包括的な視認性、アクセスをさらに便利にパワフルに実行できます。ShurePlus Channels 1.3は、対応するシュアのワイヤレスシステムに対するiOSデバイスからのリアルタイムの精確なモニタリング機能を提供し、オーディオプロフェッショナルのモバイル環境をさらに拡げることを目的としています。</p> <p>iOS 8以降を搭載するAppleモバイルデバイス対応のShurePlus Channels 1.3は、AXTワイヤレスマネジメントネットワーク、UHF-Rワイヤレスシステム、ULX-D&reg; デジタルワイヤレスシステム、QLX-D&reg; デジタルワイヤレスシステム、PSM1000 パーソナルモニターシステムと互換しています。</p> <p style="margin-top:30px">今回のアップデートにより、ユーザーインターフェイスおよびチャンネルモニタリングのエクスペリエンスがさらに向上する様々な機能が使用できるようになります。ダッシュボード表示も改良され、複数のチャンネルのRF/オーディオメーターおよびアクティブな送信機情報を一つの画面で表示できます。アクセスコントロールも採用され、オーディオエンジニアはデバイスをPINで保護したり、デバイスの構成およびプロパティを変更したりできる権限をさらに詳細にコントロールすることができます。これにより保護されたデバイスにアクセスするユーザーは認証を求められ、権限を持たないユーザーがデバイスのパラメータを変更してしまう事態を防止することができます。バージョン1.3ではチャンネルをカラーコード分類できるため、ユーザーの好みに合わせた整理が可能になります。</p> <p>「ShurePlus Channelsにより、ユーザーはワイヤレスデバイスの主要エレメントの整理や表示機能をより一層コントロールし、自信をもって実行できるようになります」とShure. Incのプロダクト・マネージャーのSam Drazin(サム・ドレイジン)は述べています。「今回のアップデートにより、より一層包括的で安全な作業環境が実現することでしょう。拡張されたダッシュボード表示とアクセスコントロール機能により、ユーザーはスムーズな流れの中で主要なチャンネルパラメータをより詳細にモニタリングし、コントロールすることができるようになっています」</p> <p style="margin-top:30px">Wi-Fiネットワークに接続すると、ShurePlus Channels は互換するShureデバイスを自動検知し、RF信号強度、干渉アラート、オーディオレベル、送信機電池残量など主要なチャンネル情報をリモート表示することができます。ShurePlus Channelsはオーディオエンジニアおよびワイヤレス技術者に、ワイヤレスシステム構成とモニタリングをより簡単に、より効果的に実行するツールを提供します。</p> <p style="margin-top:30px">エンドユーザーはアプリ内課金を通して機能をロック解除し、Shureデバイスをリモートコントロールしてチャンネルパラメータを変更できます。ワイヤレス製品シリーズごとに1200円(課金は1回のみ、2016年10月現在)の課金で、周波数割り当て、オーディオ入力/出力レベル、チャンネルおよびデバイス名称設定、メニューロックなどの送受信機設定をiPad、iPhone、iPodから実行できます。</p> <p>ShurePlus Channelsバージョン1.3はApple App Storeからダウンロードが可能です。</p> <p>詳細は<a href="https://www.shure.co.jp/ja/products/software/shureplus">こちら</a>をご覧ください。</p> </div><div>&nbsp;</div> <p><strong>Shure Incorporated (www.shure.com)について</strong></p> <p>Shure Incorporatedは1925年に設立されたマイクロホンおよびオーディオ機器の世界のリーディングカンパニーです。長年にわたってShureは、性能、信頼、価値に対する伝説を生み出す多くの高品質のプロフェッショナルおよび一般消費者向けのオーディオ製品を製造してきました。Shureの多様な製品ラインには、パフォーマー向けワールドクラスのワイヤードマイクロホンおよびワイヤレスマイクロホンシステム、インイヤーパーソナルモニターシステム、カンファレンス・会議システム、ネットワークオーディオシステム、数々の賞を受賞したイヤホンやヘッドホン、最高品位のフォノカートリッジがあります。今日、Shure製品はオーディオ性能が最も重視される場所で選択されています。</p> <p>Shure Incorporatedは米国イリノイ州のナイルズ(Niles)に本社を置いています。また、ドイツの エッピンゲン、香港、中国にセールスおよびマーケティング本部を持ち、さらに米国、EMEA、アジアを通じ製造施設と地域の販売拠点を30以上有しています。</p> <div> <p><br /> Shure Japan(www.shure.co.jp)はその日本法人です。</p> <p>※Shureは、米国Shure Incorporatedの登録商標です。<br />※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。 </p> </div> https://www.shure.co.jp/860d6c06-59ef-4a7c-9471-c54ec9270b4d 2 Feb 2017 Shure, Microflexネットワーク対応マイクロホンシステムとQSCのQ-SYSプラットフォームとの統合対応を発表 https://www.shure.co.jp/ja/news/press/press_releases/2017/QSC-and-Shure-to-offer-integration-between-Shure-Microflex-networked-microphones-and-entire-Q-SYS-Platform <div style="line-height:160%"> <p>&nbsp;</p> <p>QSC, LLCとShure Incorporatedはこの度、Shure Microflex AdvanceおよびMicroflex Wirelessマイクロホンシステムと、 Q-SYSプラットフォームとの統合対応を発表、製品の外部拡張性を更に高めることとなりました。この提携により、Shure MXA910シーリングアレイマイクロホンおよびMicroflex Wirelessマイクロホンシステム用に新たなコントロールプラグインがリリースされます。Q-SYS Designerの最新バージョン5.3では、Dante、アナログ音声、AES67を用いた音声のルーティングを含め、数々の音声入出力オプションを利用できます。この他、クイックスタートガイドの追加により、ShureおよびQSCシステム間の音声のインテグレーションやコントロール設定もスムーズに行えるようになりました。</p> <p>QSCとShureが共同開発したShure MXA910コントロールプラグインでは、Q-SYS周辺機器やタッチスクリーンコントロ―ラーを使用したQ-SYSプラットフォームによるMXA910の多様な音声制御、プリセット呼び出し、モニター機能に対応しています。MXA910コントロールプラグインはQ-SYSの音声インテグレーション形式から独立しているため、異なるオーディオ伝送形式を選択してのプラグインコントロールが可能です。例えば、Shure 製品のANIシリーズによるアナログ音声、Q-SYS のDanteブリッジカード、Q-SYS Coreシステムプロセッサーに新規対応したAES67ソフトウェアのいずれでも、お選びいただけます。音声のインテグレーション形式としてAES67を使用すると、追加のブリッジ用デバイスやソフトウェア認証を必要とすることなくプラットフォーム内のすべてのQ-SYS CoreとMXA910を簡単に統合することができます。上位機種Q-SYS Core110fにも対応し、業界最高水準の効率性を発揮するDSPや、AVブリッジ、さらには16チャンネルのAEC制御を備え、最大で2台のMXA910を、単一のネットワーク接続で1台分のラックスペース内に収めることができます。</p> <p>セットアップガイドも、QSC/Shureの共同開発により、MXA910とQ-SYSとの間での、AES67を使用したネットワークオーディオにおける音声インテグレーションや、Q-SYSシステムでのMXA910のプラグインコントロール・モニタリングの設定手順を分かりやすくステップごとに解説しています。</p> <p>QSCの設備システムプロダクトマネジャー、マーティン・バーバー(Martin Barbour)氏は、「Q-SYSとMicroflexマイクロホンシステムとのソフトウェアレベルでの統合により、システムインテグレーターは、あらゆるスケールのプロジェクトにおいて完全統合されたAVソリューションをエンドユーザーに提供できるようになります。これは、新しいソリューションであるQ-SYS AV-to-USBブリッジによる会議用カメラとソフトコーデックアプリケーションの接続にも対応しています。また、制御システムを音声伝送の仕組みから独立させることにより、用途に応じた音声伝送形式を自由に選択しながら、マイクロホンやラウドスピーカー、アンプを含むあらゆる音声制御プロセスにおいて最高のパフォーマンスを実現することができるようになりました。」と述べています。</p> <p>Shure Incorporated ネットワークシステムプロダクト・シニア・ディレクターのChad Wiggins(チャド・ウィギンス)は「QSCとの提携は極めて喜ばしく、双方のお客様にさらに優れたエクスペリエンスをご提供できることを嬉しく思っています。Q-SYS Designerソフトウェア上での、Shure MXA910シーリングアレイマイクロホン用コントロールプラグインの提供は、既存のMicroflex Wirelessマイクロホンシステムから見ると、非常にスムーズな機能拡張だと言えます。また、両社が共同開発したセットアップガイドは、システム設計者が、AES67を使用してMXA910とQ-SYSとの統合プラットフォームを構築する際には、技術的に非常に有益な情報となることでしょう。これらは、お客様の利便性向上、両社機器の相互運用性向上に対する私たちの明確な意思を示す素晴らしい例です。」と述べています。</p> <p>さらに、Q-SYSはオーディオ、ビデオ、およびLinuxコントロールのRTOS(リアルタイムオペレーティングシステム)プラットフォームとしては唯一のソフトウェアベースであるため、QSCおよびShureのデベロッパーにとっては、コントロールプラグインのライブラリを他のShure製品に拡大することが可能で、またインテグレーターにとっては、簡潔なソフトウェアアップデートによって、これらの製品を将来的なシステム設計に組み込みことができるようになりました。</p> <p>Shure MXAコントロールプラグインおよびセットアップガイドは、Q-SYS Designerソフトウェア バージョン5.3よりご利用いただけます。 </p> </div><div>&nbsp;</div> <p><strong>Shure Incorporated (www.shure.com)について</strong></p> <p>Shure Incorporatedは1925年に設立されたマイクロホンおよびオーディオ機器の世界のリーディングカンパニーです。長年にわたってShureは、性能、信頼、価値に対する伝説を生み出す多くの高品質のプロフェッショナルおよび一般消費者向けのオーディオ製品を製造してきました。Shureの多様な製品ラインには、パフォーマー向けワールドクラスのワイヤードマイクロホンおよびワイヤレスマイクロホンシステム、インイヤーパーソナルモニターシステム、カンファレンス・会議システム、ネットワークオーディオシステム、数々の賞を受賞したイヤホンやヘッドホン、最高品位のフォノカートリッジがあります。今日、Shure製品はオーディオ性能が最も重視される場所で選択されています。</p> <p>Shure Incorporatedは米国イリノイ州のナイルズ(Niles)に本社を置いています。また、ドイツの エッピンゲン、香港、中国にセールスおよびマーケティング本部を持ち、さらに米国、EMEA、アジアを通じ製造施設と地域の販売拠点を30以上有しています。</p> <div> <p><br /> Shure Japan(www.shure.co.jp)はその日本法人です。</p> <p>※Shureは、米国Shure Incorporatedの登録商標です。<br />※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。 </p> </div> https://www.shure.co.jp/0c5bf528-48c3-4cc2-96b2-f111acee5662 9 Jan 2017 Shure、Lightning対応イヤホン用プレミアムオーディオアクセサリーを発表 https://www.shure.co.jp/ja/news/press/press_releases/2016/Shure-Introduces-Premium-Audio-Accessories-For-Use-With-Earphones <div style="line-height:160%"> <p>&nbsp;</p> <p>業務用音響機器の分野でその圧倒的なサウンドと性能に対する高い信頼性から、世界中の音楽家や音楽愛好家に選ばれ、90年以上の実績を持つ Shure Inc.は、イヤホン顧客向けに2種類のオーディオ・アクセサリー・ソリューションを発表しました。米国で現地時間1/5~1/8に開催されるトレードショーCESにて公開されます。</p> <p>新製品の『リモート + マイクLightningアクセサリーケーブル(RMCE-LTG)』はプレミアムインラインDACおよびステレオヘッドホンアンプを搭載、Lightning&reg;コネクターを備えるあらゆるiOSデバイス(iPhone、iPad、iPod)に対応しています。Apple社公認のLightningオーディオモジュールで、3ボタン式リモートとマイクで構成される『リモート + マイクLightningアクセサリーケーブル(RMCE-LTG)』は、デジタルオーディオの利点とシンプルな利便性をクラス最高レベルのソリューションでお届けします。</p> <p>この『リモート + マイクLightningアクセサリーケーブル(RMCE-LTG)』は、Shure初かつ唯一のMMCXコネクター搭載のLightning対応製品であり、これにより着脱式SE高遮音性イヤホンのデジタルiOS対応が実現します。Shure独自のデザインにより、外出先でも比類ない明瞭性とダイナミックレンジのデジタルオーディオをお楽しみいただけます。</p> <p>Shure Inc.シニア・プロダクト・マネージャーのSean Sullivan(ショーン・サリバン)は「ポータブル・リスニング・テクノロジーの発展に合わせ、Shureはお客様がお手元のオーディオ機材で最高のパフォーマンスを得るために求める高品質なソリューションとツールをお届けできるよう常に努力しています。」と述べています。「現在および次世代のiOSデバイスが3.5mmヘッドホン端子を非搭載としている中で、新しいLightningアクセサリーケーブルは優れたiOSデジタル・オーディオ・ソリューションを提供し、Shureイヤホンのユーザーは持っている音楽を最大限に楽しむことができます。」</p> <p>さらにShureは今回、現行の着脱式SEイヤホンと3.5mm TRRSコネクター搭載の、Apple iOSデバイス向け新製品『リモート + マイクアクセサリーケーブル(RMCE)』も発表しています。このケーブルはなめらかな3ボタンリモート/マイクを搭載、リスナーはデバイスの再生、音量、通話を簡単にコントロールできます。</p> <p>「ポータブルオーディオにはパフォーマンスと利便性の両方が求められています。スマートフォンのユーザーは常に音楽、テキスト、電話、ソーシャルメディアの間を行き来しており、私どもの新しいケーブルはSEイヤホンユーザーの皆様が現在のiOS デバイス機能すべてをスムーズにナビゲートできるようリモートとマイクを搭載しています。この新製品は極めて便利なアクセサリーといえるでしょう。」とサリバンは続けています。</p> <p style="text-align:center; margin-top:30px"><img width="80%" height="80%" alt="" src="/dmsfiles/default/shure/products/accessories/images/earphones/rmce/RMCE-LTG_pr_900px" /></p> <hr /> <p style="text-align:center"><img width="80%" height="80%" alt="" src="/dmsfiles/default/shure/products/accessories/images/earphones/rmce/RMCE_pr_900px" /></p> <p style="margin-bottom:30px; font-size:80%; font-weight:bold">『リモート + マイクLightningアクセサリーケーブル(RMCE-LTG)』(上)と『リモート + マイクアクセサリーケーブル(RMCE)』(下)</p> <p>両製品はSE215、SE315、SE425、SE535、SE846対応、オーディオ愛好家の外出先でのニーズに応え、スムーズなモバイル・リスニング・エクスペリエンスをお届けします。『リモート + マイクアクセサリーケーブル(RMCE)』および『リモート + マイクLightningアクセサリーケーブル(RMCE-LTG)』は、2017年春より販売開始を予定しております。日本での発売日や価格等の詳細は現在未定です。</p> <p>これら新製品の情報を含めShureのケーブルコミュニケーションおよびオーディオポートフォリオにおける最新ニュースは、CES Shureブース(Venetian Ballroom, Level 3, Room #3707)でご紹介しています。</p> </div><div>&nbsp;</div> <p><strong>Shure Incorporated (www.shure.com)について</strong></p> <p>Shure Incorporatedは1925年に設立されたマイクロホンおよびオーディオ機器の世界のリーディングカンパニーです。長年にわたってShureは、性能、信頼、価値に対する伝説を生み出す多くの高品質のプロフェッショナルおよび一般消費者向けのオーディオ製品を製造してきました。Shureの多様な製品ラインには、パフォーマー向けワールドクラスのワイヤードマイクロホンおよびワイヤレスマイクロホンシステム、インイヤーパーソナルモニターシステム、カンファレンス・会議システム、ネットワークオーディオシステム、数々の賞を受賞したイヤホンやヘッドホン、最高品位のフォノカートリッジがあります。今日、Shure製品はオーディオ性能が最も重視される場所で選択されています。</p> <p>Shure Incorporatedは米国イリノイ州のナイルズ(Niles)に本社を置いています。また、ドイツの エッピンゲン、香港、中国にセールスおよびマーケティング本部を持ち、さらに米国、EMEA、アジアを通じ製造施設と地域の販売拠点を30以上有しています。</p> <div> <p> Shure Japan(www.shure.co.jp)はその日本法人です。</p> <p>※Shureは、米国Shure Incorporatedの登録商標です。<br /> ※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。</p> </div> https://www.shure.co.jp/e729b44d-57f9-4bb1-8c84-efa81cdfc88c 5 Jan 2017 SHURE、BIAMP SYSTEMSのTESIRA®と MICROFLEX ADVANCEの互換を発表 https://www.shure.co.jp/ja/news/press/press_releases/2016/MXA910_Biamp-Systems_Tesira_compatibility <div style="line-height:160%"> <p>&nbsp;</p> <p style="text-align:center;"><img width="80%" height="80%" alt="" src="/dmsfiles/default/shure/news_events/press_release/shure_biamp_teisira_compatibility/shure_biamp_logo" /></p> <p>&nbsp;</p> <p>革新的なネットワークメディアシステムの大手プロバイダーBiamp Systemsとネットワークマイクロホンのリーダー企業である Shure Incorporatedは、Biamp Tesira&reg;オーディオプロセッサーおよびソフトウェアと、ステアラブルカバレッジ技術搭載のShure Microflex&trade; Advance&trade; アレイマイクロホンとの互換を発表しました。2017年2月のISEにて発表されるBiampの新たなTesiraソフトウェアおよびハードウェアでは、Dante対応Shure MXA910シーリングアレイマイクロホンと通信し、Tesiraソフトウェア内で信号レベルをコントロールすることが可能になっています。これにより、システムインテグレーターは設置やセットアップ時間を節約しながらも顧客の高い要求に応えられる柔軟なフルデジタル・オーディオ・ソリューションを提供することができます。</p> <p>Biamp System社のマーケティング担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント、Graeme Harrison (グレアム・ハリソン)氏は次のように述べています。<br /> 「Shureのような業界リーダーと提携して、当社製品の統合をストリームラインすることができ、非常に嬉しく思っています。私たちはともに、顧客のフィードバックを大切にし、それを活かして将来の製品開発を行っている企業です。Shureマイクロホン用のソフトウェアブロックをTesiraの最新ソフトウェアに加えることで、システムデザイナーはShureのマイクとTesiraのそれぞれの能力をひとつにできるわけですから、これほど有意義なことはありません。この発表に伴うその他の開発により、この性能をTesiraプロセッサの全シリーズに展開し、将来的には新たな機能性も加えていく予定です。」</p> <p>Shure Inc. ネットワークシステム・シニア・ディレクターのChad Wiggins(チャド・ウィギンス)は「MXA910シーリングアレイマイクロホンとTesiraプロセッサの相互運用性により、システムインテグレーターはクラス最高レベルのボイスピックアップとステアラブルカバレッジを幅広いタイプの会議室用途に合わせて使用することができます。」と述べています。「この二つのシステムを併せることで、コントロールの集中管理、よりシンプルな設置、少ないコンポーネントなど、さらにパワフルでありながら一層ストリームラインされたソリューションが実現しています。」</p> <p>Tesiraのソフトウェアの独特な点は、様々なソフトウェアブロックの直観的なドラッグ&amp;ドロップインターフェイスなどの機能を活用してシステムデザイナーが完全なAVソリューションを構築できることです。Tesiraソフトウェアにより、まだ構築されていない未来のフェーズも含め、デザイナーは完全に統合されたAVソリューションを計画することが可能です。</p> <p>詳しい製品の情報は各社のwebサイトをご参照ください。</p> <p style="font-weight:bold; margin-top:30px">Biamp Systems社について</p> <p>Biamp Systemsは、世界で最も洗練されたオーディオ/ビデオ設置を実現する革新的なネットワークメディアシステムのリーダー企業です。Biampはその製品の品質の高さと、それを支える素晴らしいカスタマーサービスに対するコミットメントにより世界に認められています。</p> <p>Frost &amp; Sullivanの2015年度「Global Installed Audio Conferencing Enabling Technology Leadership Award」の受賞企業でもあるBiamp&reg;は、音を通じたコミュニケーションの進化を牽引する製品開発に専心しています。受賞歴を誇るBiampの製品シリーズには次が含まれます―Tesira&reg; media system for digital audio and video networking, Audia&reg; digital audio platform, Nexia&reg; digital signal processors, Oreno&reg; mobile control software for Tesira-equipped rooms―それぞれ独自の機能セットを搭載し、企業役員室、会議センター、ミーティングルーム、舞台芸術会場、裁判所、病院、交通結節点、キャンパス、複数の建物を含む施設など、多様な用途に合わせてカスタマイズおよび統合することが可能です。</p> <p>1976年に創立されたBiampは、米国オレゴン州ビーバートンに本社を構え、ブリスベン(オーストラリア)およびロチェスター(ニューヨーク)にも開発施設を展開しています。</p> <p>Biamp社の関連リンク:</p> <p>Blog: <a href="http://blog.biamp.com/" target="_blank">http://blog.biamp.com/</a><br /> Facebook: <a href="https://www.facebook.com/BiampSystems" target="_blank">https://www.facebook.com/BiampSystems</a><br /> LinkedIn: <a href="https://www.facebook.com/BiampSystems" target="_blank">http://linkd.in/1aO2hjy</a><br /> Twitter: <a href="https://twitter.com/Biamp" target="_blank">https://twitter.com/Biamp</a><br /> YouTube: <a href="http://bit.ly/BiampYouTube" target="_blank">http://bit.ly/BiampYouTube</a></p> </div><div>&nbsp;</div> <p><strong>Shure Incorporated (www.shure.com)について</strong></p> <p>Shure Incorporatedは1925年に設立されたマイクロホンおよびオーディオ機器の世界のリーディングカンパニーです。長年にわたってShureは、性能、信頼、価値に対する伝説を生み出す多くの高品質のプロフェッショナルおよび一般消費者向けのオーディオ製品を製造してきました。Shureの多様な製品ラインには、パフォーマー向けワールドクラスのワイヤードマイクロホンおよびワイヤレスマイクロホンシステム、インイヤーパーソナルモニターシステム、カンファレンス・会議システム、ネットワークオーディオシステム、数々の賞を受賞したイヤホンやヘッドホン、最高品位のフォノカートリッジがあります。今日、Shure製品はオーディオ性能が最も重視される場所で選択されています。</p> <p>Shure Incorporatedは米国イリノイ州のナイルズ(Niles)に本社を置いています。また、ドイツの エッピンゲン、香港、中国にセールスおよびマーケティング本部を持ち、さらに米国、EMEA、アジアを通じ製造施設と地域の販売拠点を30以上有しています。</p> <div> <p><br /> Shure Japan(www.shure.co.jp)はその日本法人です。</p> <p>※Shureは、米国Shure Incorporatedの登録商標です。<br />※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。 </p> </div> https://www.shure.co.jp/53c7e3f2-5ab2-4672-9b6e-842ab98bdd3b 21 Dec 2016 Shure、 「Shureイヤホン 冬のプレゼントキャンペーン」開催 https://www.shure.co.jp/ja/news/press/press_releases/2016/epcampaign2016 <div style="line-height:130%"> <p>&nbsp;</p> <p>シュア・ジャパン株式会社は11月25日より「Shureイヤホン 冬のプレゼントキャンペーン」を開始いたします。キャンペーン期間中にShureのイヤホンおよびKSE1500イヤホンシステム、SHA900ポータブル・リスニング・アンプをお求めいただいた方の中から抽選で1500名様にShureからのプレゼントを差し上げます。<br /> さらに、KSE1500またはSHA900を購入いただいた方にはダブルチャンス!!<br /> 通常のプレゼントに加え、Shureオリジナルパーカー&タンブラーのセットを抽選で50名様に差し上げます。</p> <p style="font-size:90%">※本キャンペーンは全国家電量販店およびオーディオ専門店等で開催いたします。対象店舗はキャンペーンページにてご確認ください。</p> <p style="margin-top:30px; font-weight:bold">▼キャンペーン対象製品</p> <p>KSE1500、SE846、SE535、SE535 Special Edition、SE425、SE315、SE215、SE215 Special Edition、SE215m+ Special Edition、SE112、SE112m+、SHA900</p> <p style=" margin-top:30px; font-weight:bold">▼プレゼント賞品</p> <p><span style="font-weight:bold">【応募者全員対象】</span><br /> - Shureリモート&マイク付きケーブル(型番:CBL-M+-K)<br /> - メッセンジャーバッグ<br /> - フライトケース(イヤパッドセット付き)<br /> - モバイルバッテリー<br /> - USBメモリ</p> <p><span style="font-weight:bold">【KSE1500またはSHA900を購入いただいた方】</span><br /> KSE1500またはSHA900を購入いただいた方にはダブルチャンス!!<br />通常のプレゼントに加え、Shureオリジナルパーカー&タンブラーのセットを抽選で50名様にプレゼントいたします。</p> <p style=" margin-top:30px; font-weight:bold">▼キャンペーン期間</p> <p>2016年11月25日 (金) ~ 2017年1月22日(日)まで (応募締切:2017年1月29日23時59分)</p> <p style="margin-top:30px; font-weight:bold">▼キャンペーンページ</p> <a href="https://www.shure.co.jp/go/epcampaign2016/" target="_blank">https://www.shure.co.jp/go/epcampaign2016/</a> <p>&nbsp;</p> <p style=" margin-top:30px; font-weight:bold">▼応募方法</p> キャンペーンページより応募ページにアクセスし、必要事項をご記入の上ご応募ください。<br /> <span style="font-size:90%">※ご応募にはパッケージに記載のシリアル番号と購入店情報が必要です。</span><br /> <span style="font-size:90%">※キャンペーン前に製品を購入されたお客様は対象となりません。</span> <p>&nbsp;</p> </div><div>&nbsp;</div> <p><strong>Shure Incorporated (www.shure.com)について</strong></p> <p>Shure Incorporatedは1925年に設立されたマイクロホンおよびオーディオ機器の世界のリーディングカンパニーです。長年にわたってShureは、性能、信頼、価値に対する伝説を生み出す多くの高品質のプロフェッショナルおよび一般消費者向けのオーディオ製品を製造してきました。Shureの多様な製品ラインには、パフォーマー向けワールドクラスのワイヤードマイクロホンおよびワイヤレスマイクロホンシステム、インイヤーパーソナルモニターシステム、カンファレンス・会議システム、ネットワークオーディオシステム、数々の賞を受賞したイヤホンやヘッドホン、最高品位のフォノカートリッジがあります。今日、Shure製品はオーディオ性能が最も重視される場所で選択されています。</p> <p>Shure Incorporatedは米国イリノイ州のナイルズ(Niles)に本社を置いています。また、ドイツの エッピンゲン、香港、中国にセールスおよびマーケティング本部を持ち、さらに米国、EMEA、アジアを通じ製造施設と地域の販売拠点を30以上有しています。</p> <div> <p><br /> Shure Japan(www.shure.co.jp)はその日本法人です。</p> <p>※Shureは、米国Shure Incorporatedの登録商標です。<br />※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。 </p> </div> https://www.shure.co.jp/595cacba-92d4-41a1-887a-3f08134fad97 25 Nov 2016 Shure、オーディオアセット管理ソフトウェア『SystemOn』を発表 https://www.shure.co.jp/ja/news/press/press_releases/2016/Shure-Launches-SystemOn-Audio-Asset-Management-Software <p>&nbsp;</p> <div style="line-height:140%;"> <p>業務用音響機器の分野でその圧倒的なサウンドと性能に対する高い信頼性から、世界中の音楽家や音楽愛好家に選ばれ、90年以上の実績を持つ Shure Inc.の日本法人シュア・ジャパン株式会社は、エンタープライズサイズに既存のワイヤレスシステムを運用するお客様向けに更なる利便性を提供するソリューションとして、『SystemOn』オーディオアセット管理ソフトウェアを発表しました。<br /> SystemOnはShure ULX-D、Microflex WirelessシリーズおよびSCM820オートマチックミキサーの機器を対象に電池切れや機材の紛失などの問題を識別できる効率的なハードウェアステータス表示を備え、ITサポートの集中管理とリアルタイムのトラブルシューティングを実現します。 企業や高等教育機関におけるIT管理者やAV技術者にとって、SystemOnフレームワークは非常に効率的で使いやすいサポートを提供します。</p> <p>現代のビジネス環境において、AV機器の安定運用は欠かせないものとなっています。しかしそれらの技術的問題が発生すればテクニカルサポートが必要となり、これにより会議参加者の時間を削ってしまう状況は今も多々発生しています。企業や大学のキャンパスなど、リソースが既に数か所に離散しているような場所ではさらに問題は困難なものとなります。電池の充電切れなどという小さな原因ですら、大きな問題に発展してしまうことも少なくありません。</p> <p>SystemOnソリューションならば、Shureハードウェアデバイスのオーディオレベル、電池の残時間、RF/スペクトラムステータスの遠隔地からの識別が可能なため、AV技術者は一つのセントラルロケーションからこれらの機器をモニタリングしコントロールできます。これらのシステム操作に不慣れなエンドユーザーでも、問題が大きくなる前に異常発生箇所を検出できるため安心して管理することができます。さらに、AV技術者にとってはShureソフトウェアとハードウェアとの間のリンクがさらなる利便性を実現するため、サードパーティのコントロールシステムソフトウェアのような複雑なプログラミングの必要がなく、包括的でコスト効果の高いソリューションとなっています。</p> <p>「SystemOnソリューションは、要望の高い重要な施設を管理するITプロにとって極めて強力なツールとなるでしょう。」とShure Inc. ネットワークシステム・シニア・ディレクターのChad Wiggins(チャド・ウィギンス)は述べています。「私たちが求めたのは、問題が発生する前に技術者にリアルタイムで情報を通知できるソフトウェアでした。SystemOnは、技術者たちが大規模に配備されたShureオーディオシステムをより効率的に管理できるようサポートし、使用可能時間を増やすことで、AV機器に対する彼らの投資価値を最大化させることができます。」</p> <p>SystemOnソフトウェアは1年~5年の期間設定から選べる定期ライセンス購入により取得できます。ネットワークに接続するデバイス毎(MXWアクセスポイントおよび充電器、ULX-D受信機、SCM820オートミキサーなど)それぞれにライセンスが必要となります。ソフトウェアは<a href="https://www.shure.co.jp/ja/meta_ja/contact/distributor">Shure国内正規販売代理店</a>からお買い求めいただけます。</p> <p>SystemOn オーディオアセット管理ソフトウェアについての詳細は<a href="https://www.shure.co.jp/ja/products/software/systemon">こちら</a>をご覧ください。</p> <!-- <p>SystemOn オーディオアセット管理ソフトウェアについての詳細はシュア・ジャパンウェブサイト(www.shure.co.jp) でご確認いただけます。</p> --> </div><div>&nbsp;</div> <p><strong>Shure Incorporated (www.shure.com)について</strong></p> <p>Shure Incorporatedは1925年に設立されたマイクロホンおよびオーディオ機器の世界のリーディングカンパニーです。長年にわたってShureは、性能、信頼、価値に対する伝説を生み出す多くの高品質のプロフェッショナルおよび一般消費者向けのオーディオ製品を製造してきました。Shureの多様な製品ラインには、パフォーマー向けワールドクラスのワイヤードマイクロホンおよびワイヤレスマイクロホンシステム、インイヤーパーソナルモニターシステム、カンファレンス・会議システム、ネットワークオーディオシステム、数々の賞を受賞したイヤホンやヘッドホン、最高品位のフォノカートリッジがあります。今日、Shure製品はオーディオ性能が最も重視される場所で選択されています。</p> <p>Shure Incorporatedは米国イリノイ州のナイルズ(Niles)に本社を置いています。また、ドイツの エッピンゲン、香港、中国にセールスおよびマーケティング本部を持ち、さらに米国、EMEA、アジアを通じ製造施設と地域の販売拠点を30以上有しています。</p> <div> <p><br /> Shure Japan(www.shure.co.jp)はその日本法人です。</p> <p>※Shureは、米国Shure Incorporatedの登録商標です。<br /> ※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。</p> </div> https://www.shure.co.jp/8b559042-9fa1-420e-a03d-391b04666c55 15 Nov 2016