Shure、Lightning対応イヤホン用プレミアムオーディオアクセサリーを発表

リモート + マイクLightningアクセサリーケーブル(RMCE-LTG)およびリモート + マイクアクセサリーケーブル(RMCE)がCES 2017に登場

2017年1月5日

 

業務用音響機器の分野でその圧倒的なサウンドと性能に対する高い信頼性から、世界中の音楽家や音楽愛好家に選ばれ、90年以上の実績を持つ Shure Inc.は、イヤホン顧客向けに2種類のオーディオ・アクセサリー・ソリューションを発表しました。米国で現地時間1/5~1/8に開催されるトレードショーCESにて公開されます。

新製品の『リモート + マイクLightningアクセサリーケーブル(RMCE-LTG)』はプレミアムインラインDACおよびステレオヘッドホンアンプを搭載、Lightning®コネクターを備えるあらゆるiOSデバイス(iPhone、iPad、iPod)に対応しています。Apple社公認のLightningオーディオモジュールで、3ボタン式リモートとマイクで構成される『リモート + マイクLightningアクセサリーケーブル(RMCE-LTG)』は、デジタルオーディオの利点とシンプルな利便性をクラス最高レベルのソリューションでお届けします。

この『リモート + マイクLightningアクセサリーケーブル(RMCE-LTG)』は、Shure初かつ唯一のMMCXコネクター搭載のLightning対応製品であり、これにより着脱式SE高遮音性イヤホンのデジタルiOS対応が実現します。Shure独自のデザインにより、外出先でも比類ない明瞭性とダイナミックレンジのデジタルオーディオをお楽しみいただけます。

Shure Inc.シニア・プロダクト・マネージャーのSean Sullivan(ショーン・サリバン)は「ポータブル・リスニング・テクノロジーの発展に合わせ、Shureはお客様がお手元のオーディオ機材で最高のパフォーマンスを得るために求める高品質なソリューションとツールをお届けできるよう常に努力しています。」と述べています。「現在および次世代のiOSデバイスが3.5mmヘッドホン端子を非搭載としている中で、新しいLightningアクセサリーケーブルは優れたiOSデジタル・オーディオ・ソリューションを提供し、Shureイヤホンのユーザーは持っている音楽を最大限に楽しむことができます。」

さらにShureは今回、現行の着脱式SEイヤホンと3.5mm TRRSコネクター搭載の、Apple iOSデバイス向け新製品『リモート + マイクアクセサリーケーブル(RMCE)』も発表しています。このケーブルはなめらかな3ボタンリモート/マイクを搭載、リスナーはデバイスの再生、音量、通話を簡単にコントロールできます。

「ポータブルオーディオにはパフォーマンスと利便性の両方が求められています。スマートフォンのユーザーは常に音楽、テキスト、電話、ソーシャルメディアの間を行き来しており、私どもの新しいケーブルはSEイヤホンユーザーの皆様が現在のiOS デバイス機能すべてをスムーズにナビゲートできるようリモートとマイクを搭載しています。この新製品は極めて便利なアクセサリーといえるでしょう。」とサリバンは続けています。


『リモート + マイクLightningアクセサリーケーブル(RMCE-LTG)』(上)と『リモート + マイクアクセサリーケーブル(RMCE)』(下)

両製品はSE215、SE315、SE425、SE535、SE846対応、オーディオ愛好家の外出先でのニーズに応え、スムーズなモバイル・リスニング・エクスペリエンスをお届けします。『リモート + マイクアクセサリーケーブル(RMCE)』および『リモート + マイクLightningアクセサリーケーブル(RMCE-LTG)』は、2017年春より販売開始を予定しております。日本での発売日や価格等の詳細は現在未定です。

これら新製品の情報を含めShureのケーブルコミュニケーションおよびオーディオポートフォリオにおける最新ニュースは、CES Shureブース(Venetian Ballroom, Level 3, Room #3707)でご紹介しています。

 

Shure Incorporated (www.shure.com)について

Shure Incorporatedは1925年に設立されたマイクロホンおよびオーディオ機器の世界のリーディングカンパニーです。長年にわたってShureは、性能、信頼、価値に対する伝説を生み出す多くの高品質のプロフェッショナルおよび一般消費者向けのオーディオ製品を製造してきました。Shureの多様な製品ラインには、パフォーマー向けワールドクラスのワイヤードマイクロホンおよびワイヤレスマイクロホンシステム、インイヤーパーソナルモニターシステム、カンファレンス・会議システム、ネットワークオーディオシステム、数々の賞を受賞したイヤホンやヘッドホン、最高品位のフォノカートリッジがあります。今日、Shure製品はオーディオ性能が最も重視される場所で選択されています。

Shure Incorporatedは米国イリノイ州のナイルズ(Niles)に本社を置いています。また、ドイツの エッピンゲン、香港、中国にセールスおよびマーケティング本部を持ち、さらに米国、EMEA、アジアを通じ製造施設と地域の販売拠点を30以上有しています。

Shure Japan(www.shure.co.jp)はその日本法人です。

※Shureは、米国Shure Incorporatedの登録商標です。
※記載されている会社名、商品名は、各社の商標及び登録商標です。

コンタクト

シュア・ジャパン株式会社