Wireless Workbench 6 (6.12.1版)

Wireless Workbench® 6ソフトウェアはShureのワイヤレスシステム AXT、ULX-D、QLX-D、PSM1000、UHF-R に対応しています。豊富な機能をもつユーザーインターフェイスと信頼あるプログラミングにより、プリショープランニングから本番中の電界強度分析まで、ネットワークを介したワイヤレスシステムパフォーマンスの管理及び高精度なモニタリングが可能です。

バージョン 6.12.1の新機能

OSサポート

  • MacOS Sierra(10.12)への互換性が追加され、Wireless Workbench はGatekeeper(MacOSのみ)の署名に対応しました

UI全般

  • UIを高解像度ディスプレイでの表示に最適化しました。
  • モニター(Monitor) ビューにおける多数のチャンネルストリップ表示時のパフォーマンスを改善しました。
  • ヘルプ(Help)メニューに「リリースノートを見る(View Release Notes)」を追加しました。
  • ファイル(File)メニューに「最近のショーを開く(Open Recent Show)」を追加しました。
  • プロパティパネル上のコンテキストメニュー(Win: 右クリック、Mac: control+クリック)に「色の割り当て(Assign Color)」を追加しました。

リモートデバイス接続

  • VPN接続によるリモートデバイス接続オプションを追加しました。VPN接続が確立された後、WWB6のネットワーク設定(Network Preferences)を開き、VPNのNICを選択します。続いてリモートデバイスのIPアドレスを指定します。

タイムライン(Timeline)

  • UHF受信が途切れるとShowLinkデータの記録が停止していた問題を改善しました。
  • チャンネルスロットごとにShowLinkデータの記録および表示ができるようになりました。
  • 下記のシステムイベントを新たに追加しました。
    • アクティブTxの変更
    • オーディオモード(Audio Mode)の変更
    • オーディオピーク・オーバーロード
    • RF出力(RF Power)の変更
  • RF、オーディオ、電池のデータストリーム・プロット表示の縦軸にカラースケールを追加しました。
  • タイムラインの記録を終了した際に「チャンネルをそのままにする(Keep channels armed)」オプションを追加しました。これにより、別のタイムラインを記録するために新たにタイムラインを開いたとき、同じチャンネルを記録できます。
  • ULX-Dシステムのアンテナステータス(Antenna Status)で、干渉ステータス(赤)表示を改善しました。
  • 記録中の周波数ダイバーシティ(Frequency Diversity)チャンネルの表示を改善しました。
  • マーカーの時間解像度が100ミリ秒となりました。
      周波数コーディネーション
      • コーディネーションのプリファレンス設定で、「TVチャンネルから最小のスペース(minimum spacing from TV channel)」を、回避するTVチャンネルの前後で異なる間隔にできるようアップデートしました。
      • コーディネーションワークスペースの周波数ヘッダーにコンテキストメニューを追加しました(周波数グループの削除、他のゾーンへの移動)。
      • 一般的なファイル形式(.csv、.txt)の周波数リストを除外(Exclusions)ダイアログでインポートできるようになりました。

      TV管理(TV Management)

      • コーディネーション・プリファレンスに「除外されたTVチャンネル内のスキャン・ピークを無視する(Ignore scan peaks within an excluded TV channel)」を追加しました。
      • 以前のWWBバージョンで作成され「6MHzの国(日本)(Countries with 6 MHz (Japan))」が選択されたTV除外ファイルがWWBバージョン6.12.0でインポートできなかった問題を解決しました。

      デバイス/バンド新規サポート

      • ULX-Dバンド:G62、Z17、Z18、Z19、Z20
      • QLX-Dバンド:Z17、Z18、Z19、Z20
      • Shure バッテリーラックチャージャー (SBRC)

      システム要件

      タイプ

      • 64ビット

      オペレーティングシステム

      • Windows:  7 or 8 or 10
      • Mac: OS X 10.10 – 10.12

      プロセッサー

      • Intel® Core™ i3, i5, or i7相当、クロック2 GHz以上

      ハードディスク

      • 5 GB以上の空き(インストールサイズ400MB)

      画面解像度

      • 1280 x 768 minimum

      ダウンロード

      Wireless Workbench 6 フォーラム

      WWB6ユーザーのための最新ニュース、質問の投稿、ユーザー間およびShure Wireless Workbench専門家との意見交換に関する情報は、Wireless Workbench 6 Forum をご覧ください。(Shure Incorporated のページが表示されます。英語のみでのご提供となりますことご了承ください。)

      リリースノート

      バージョン 6.12.1


      バージョン 6.12


      バージョン 6.11.3


      バージョン 6.11.0


      バージョン 6.10.3


      バージョン 6.10.2