Microflex ワイヤレスシステム

Microflex ワイヤレスマイクロホンシステムは、役員室やAV会議室環境などに最適なモダンデザインで、鮮やかで歪みのない音声をお届けします。

Microflex ワイヤレスマイクロホンシステムは、役員室やAV会議室環境などに最適なモダンデザインで、鮮やかで歪みのない音声をお届けします。この企業向けプラットフォームは先進的な会議用システム製品として、インテリジェントな充電式マイクロホン送信機および充電ステーション、すっきりとしたデザインのワイヤレス・アクセスポイント・トランシーバー、柔軟なオーディオ・ネットワーク・インターフェース、システム設定におけるリモート調整やモニタリングのための包括的なソフトウェアツールを備えています。

設定や拡張も簡単、多様性のあるMicroflex ワイヤレスソリューションは、グループでの作業現場からネットワーク化された企業レベルにまで適用可能。Microflx ワイヤレスシステムの全コンポーネントにはMicroflex ワイヤレスコントロールソフトウェアを備えたイーサネットネットワークを介してアクセス可能、さらにAMXやCrestronといったカスタム・インターフェースを提供するサードパーティのコントロールシステムでもご使用いただけます。複数の部屋、異なる階、建物、キャンパスなどに渡ってのカンファレンスのソリューションをAVおよびITチームが管理している場合は、Microflexワイヤレスならチームのリソースの到達距離や効率性を拡大するネットワークコンポーネントを提供することができます。

多様なコンポーネント、質の高い音声、包括的なコントロールを提供するMicroflexワイヤレスは、ネットワーク化され要求の高い会議用途において、Shure伝統のワイヤレスの専門性とプロフェッショナルなクオリティをお届けします。

Microflex ワイヤレスマイクロホンシステムは、日本を含む一部の地域のみでご購入いただけます。

役員室向けのプレミアム会議用オーディオ

  • 鮮やかで歪みのない音声:性能テスト済みのMicroflexマイクロホンエレメントが音声をフルレンジでスムーズに取り込み、明瞭で鮮やかな音声を伝達
  • マイクロホンの多様な選択肢:ワイヤレス・バウンダリー、グースネック、ボディパック、ハンドヘルドモデルを取り揃え、あらゆる会議設備に対応
  • すっきりとしたデザイン:エレガントな外観と目立たないデザインのMicroflexワイヤレスシステムは、AV環境にすっきり溶け込み設置も簡単
  • 拡張性の高いソリューション: 4および8チャンネルのシステムを組み合わせれば、日本国内においては最多40チャンネルの同時運用に対応(環境による)。調整可能な送信出力制限により、追加チャンネルを別の部屋からでも操作可能

企業環境向けのネットワーク型デジタルワイヤレス

  • Dante™ デジタルオーディオネットワーキング:標準イーサネットネットワークを介して低レイテンシーの非圧縮オーディオを伝送する統合ソリューション
  • イーサネット接続性:Microflexワイヤレスネットワーキングのコンポーネントは全てCat5eケーブルで接続、設置も簡単
  • 企業ネットワーク対応:標準ネットワーキングプロトコルを使用して企業ネットワークおよびサードパーティコントロールシステムに接続、遠隔管理やキャンパス全体に渡る運用などにも対応
  • Microflexワイヤレスコントロールソフトウェア:ブラウザベースのコントロールソフトウェアが、包括的な遠隔モニタリングと全設定のコントロール、ウェブ、企業ネットワーク、あるいはAVローカルエリアネットワーク上のステータスパラメーターを提供
  • 互換性のあるコントロールシステム:サードパーティのコントロールおよびオートメーションシステム(AMX、Crestron)はMicroflexワイヤレスと完全な互換性を持ち、タッチスクリーンパネルでカスタマイズされたインターフェースの作成が可能

インテリジェント性能、簡単な設定&操作

  • 先進的な充電式電源管理:スマートリチウムイオン充電式バッテリーが連続使用最長9時間を実現、充電中も遠隔モニタリングを可能にし、ネットワーク上のコントロールシステムを通して、使用中にも残り時間を時/分単位で表示
  • 周波数自動コーディネーション:ワイヤレスシステムが使用可能なスペクトラムをスキャン、明瞭で互換性のある周波数を全マイクロホンチャンネルにコーディネート。使用中はシステムが自動的に不測の干渉を回避
  • 暗号化ワイヤレス:オーディオ転送は、政府用として使用される厳格な安全規格のAES-256暗号化機能により保護
  • 選択可能な送信出力:部屋ごとに適切なワイヤレス送信出力を選択し、スペクトラムの使用量、帯域、電池寿命を最適化

信頼のShure実績

  • ワイヤレスの専門性:Microflexワイヤレスは、世界的に著名な他のShureワイヤレスシステムと同様に、堅固な性能と信頼性を提供
  • 信頼のオーディオ:Microflexワイヤレス送信機は、世界中の会議室用途で使用されている、信頼高いMicroflexワイヤードマイクロホンと同一の特徴的なマイクロホンエレメントを搭載

 

オーディオネットワーク インターフェース

MXWANI

効率的なMicroflex ワイヤレスが、柔軟なアナログおよびデジタル入力/出力により会議室のAVシステムとの接続性を提供

アクセスポイント トランシーバー

MXWAPT

Microflex ワイヤレスシステム対応の、壁/天井にすっきりとマウントできるワイヤレストランシーバー

ネットワーク 充電ステーション

MXWNCS

Microflex ワイヤレスシステム対応の、マイクロホン充電ポートを2、4または8基備えた充電ステーション

ボディーパック

システム技術仕様

  • 最大周波数帯域毎の互換システム: 40(環境による)
  • オーディオセットアップ機能: スキャン/リンク
  • ARC: いいえ
  • アンテナ付属: MXWAPTと統合
  • アンテナオプション: いいえ
  • PCコントロール: あり
  • レシーバのネットワーク能力: 装備
  • ラック・ハードウェア: 付属
  • ケース: なし
  • トランスミッター・ディスプレイ: LED
  • レシーバー・ディスプレイ: LED
  • バッテリー、電池寿命: MXW1/MXW6/MXW8:約9時間、MXW2:約15時間
  • 環境: カンファレンスセンター、ホテル、教会、学校

更に詳しい技術仕様

RFキャリア周波数帯域

日本:1893~1905MHz

動作領域

50 m
注:実際の動作領域は、RFパワー設定と信号の吸収、反射、干渉により異なります

オーディオ周波数特性

50 Hz– 20 kHz (+1, -3 dB)
注:マイクロホンのタイプにより異なります。

ダイナミックレンジ

>99 dB、Aウェイト

システムゲイン
(0dBでのマイクゲインからDanteを介したMXWANIのラインレベル出力まで)

+50 dB

レイテンシー

公称18ms

システムオーディオ極性

ダイアフラム(またはTA4Mコネクタの3番ピン)に正圧が加わることにより、低インピーダンス出力の3番ピンに対してANIの2番ピンに正電圧が発生

無線伝送

TDMA(時分割多元接続)、GFSK(ガウス型周波数偏移変調)、最大偏移365kHz

RF感度

最低-87 dBm

RF出力

最大 80mW

ケーブル要件

Cat 5eまたはそれ以上、シールド、ネットワークデバイス間最大距離100m
ネットワークアドレス機能DHCP、ローカルのリンク、スタティック

使用温度範囲

0°C ~49°C

保管温度範囲

-29℃ ~74℃

 

Microflexワイヤレスコントロールソフトウェア

説明

 

Microflexワイヤレスコントロールソフトウェアはブラウザベースのソフトウェアアプリケーションで、全てのMicroflexワイヤレスデバイスに対し包括的でリアルタイムの遠隔モニタリングを提供します。 マイクロホンレベルのモニターおよび調整、電池の充電ステータス、ミュートの設定などを、他のソフトウェアをインストールすることなくあらゆるウェブブラウザからネットワーク経由で実行することができます。
Shureウェブデバイスディスカバリーアプリケーション―Shureウェブデバイスディスカバリーアプリケーションは、ウェブベースのコントロールソフトウェアを備えるShureデバイスをネットワークからすべて検出します。アプリケーションはこちらからダウンロードしてください。

 

機能

  • ウェブブラウザへのアクセス:あらゆるネットワーク上のコンピュータ(要Flash)から、Shureディスカバリーアプリあるいは直接IPアドレスを経由して接続
  • スペクトラムスキャナー:最長24時間までスキャンを実行、使用可能なスペクトラムのデータをチャンネルカウント概算と併せて提供
  • 電池充電ステータスモニタリング:充電ステーションに接続した電池の残量およびフル充電までの時間を表示
  • 電池使用ステータスモニタリング:電池の使用時間の残量を時/分単位で表示
  • 個別およびグローバルマイクコントロール:マイクロホンの電源オン/オフ、チャンネルのミュート、スタンバイモードの有効化
  • デフォルトの送信機機能:充電器から取り外した際の送信機初期ステータス、ミュートボタン機能、LEDデフォルトを送信機のタイプごとにプログラム
  • オーディオチャンネル設定:マイクゲインおよびパスフィルターの高低を調整
  • RFおよびオーディオ計測:オーディオ入力および出力レベル、ワイヤレス接続強度を表示
  • グローバルワイヤレス設定:送信機の送信出力レベルおよび動作領域外通知を設定
  • デバイスグループの構成:ネットワーク上のコンポーネントをグループとしてリンクし、部屋ごとにシステムを構築
  • ユーティリティメニュー:ネットワーク上の全てのデバイスにおけるIPアドレス情報、ファームウェアバージョン、電池の健全性を表示
  • 段階化されたパスワードアクセス:管理者、技術者、またはゲスト用アクセスによりフル、限定、閲覧のみの権限を割り当て

Microflex Wirelessファームウェア バージョン4.0.6

リリースノート

リリース日:2016年4月12日

これらのリリースノートでは、次のモデルについて説明しています:

  • MXWNCS2/4/8 ネットワーク充電ステーション
  • MXWANI4/8 オーディオネットワークインターフェース
  • MXWAPT2/4/8 アクセスポイントトランシーバー
  • MXW1/2/6/8 ワイヤレスマイクロホン

新機能

  • 2チャンネルシステム: 新製品MXAPT2およびMXWNCS2に対応しています。コンフィギュレーション内のすべてのMXWコンポーネントを同一のファームウェアバージョンに更新し、互換性を維持します。
  • バックアップペアリング機能: MXWマイクロホン2本を同じAPTチャンネルスロットにリンクさせMXWマイクロホンセットを確立。ボディパックとハンドヘルドを同一のチャンネルにリンクしてプレゼンターが2つのオプションから選べるように設定できます。同じタイプのマイクロホン2本を同一のチャンネルにリンクしてバックアップマイクロホンとして準備が可能です。該当チャンネルで先に電源が入ったマイクロホンがRF/オーディオチャンネルを占有します。この機能を使用するには、MXWAPTのブラウザベースのインターフェースをご使用ください。すべてのチャンネルにグループコマンドを設定するには、Configuration(構成)タブからLink All Primary(すべてをプライマリにリンク)あるいはLink All Secondary(すべてをセカンダリにリンク)を選択してください。一つのチャンネルにコマンドを設定するには、Monitor(モニター)タブを開いてください。
  • リモートペアリング:マイクロホンをネットワーク上のMXWアクセスポイント(サブネット間も含む)のいずれかにリンクします。コントロールシステムのカスタムプログラミングが必要となります。詳細はMXW Creston/AMX コントロール設定をご覧ください。
  • 電池サイクルカウントのリセット:新しい電池に交換した際はマイクロホンの電池サイクルカウントをリセットしてください。サイクルカウントをリセットするには、マイクロホンをMXW充電器に設置し、ミュートボタンを約10秒間長押しします。マイクロホンのLEDが点滅し、リセットが実行されます。ユーザーはMXWAPTウェブUIにログインしてサイクルカウントがゼロであることを確認してください。

改善点

  • MXWNSC充電器の充電効率が改善されました。充電器のデバイスプロパティーでEnergy Efficient(エネルギー効率)モードを選択します。このモードは各充電器ごとに選択する必要があります。充電器のLEDは充電量により点灯量が変わります。
  • MXWAPTウェブUIでは各チャンネルにリンク/リンク解除ボタンが使用できます。
  • MXWAPTをサードパーティのDanteデバイス(Dante DSPなど)と使用する場合、サードパーティのデバイスはMXWAPTコントロールIPアドレスをDanteネットワークのデータチャンネルから取得できるようになりました。これにより複数のインターフェースのネットワークアーキテクチャおよびセットアップの柔軟性がより一層高まりました。
  • MXWチャンネル名をDanteチャンネル名にプッシュするとMXWシステムとサードパーティのDanteデバイスの間で名称設定を同期することができるようになりました。
  • 送信機のアップグレードおよびダウングレードが保証されます。

既知の問題点

  • SCM820オートミキサーがAPTオーディオチャンネルの自動ルーティング用のAudio Output Device(オーディオ出力デバイス)として選択されている場合、SCM820ファームウェアバージョンがバージョン1.2.3以上であることを確認してください。または、Danteコントロールソフトウェアでチャンネルをルーティングしてください。無料のDanteルーティングおよび診断ツールはAudinate.comでご紹介しています。
  • 充電器のファームウェアバージョンよりも送信機のファームウェアバージョンが低い場合、送信機の更新が行われない場合があります。送信機を正しく更新できるよう、充電器のファームウェアバージョンが4.0.6であることを確認してください。

注記

  • MXW機器をShureネットワーク上の他のシステムと操作する場合、MXW4.0.6バージョンに対応するソフトウェアおよびファームウェアバージョンの最小要件は次のとおりです。
    • SCM820 1.2.3
    • Shure ウェブデバイスディスカバリー1.0.17
    • Shure アップデートユーティリティ2.2.1.17
  • Danteパケットブリッジ対応: MXWAPTをサードパーティのDanteデバイス(Dante DSPなど)と使用する場合、サードパーティのデバイスはMXWAPTコントロールIPアドレスをDanteネットワークのデータチャンネルから取得できるようになりました。これにより複数のインターフェースのネットワークアーキテクチャおよびセットアップの柔軟性がより一層高まりました。www.shure.com/faq で「packet bridge(パケットブリッジ)」を検索してください。

 

Microflex ワイヤレス ファームウェアバージョン3.0.2

リリースノート

リリース日: 2014/12/19

以前のファームウェアバージョンをご使用のMicroflexワイヤレス製品は、Shure アップデートユーティリティからアップデートすることができます。

これらのリリースノートでは、次の機種について説明しています:

  • MXWNCS4/8 ネットワーク充電ステーション
  • MXWANI4/8 オーディオネットワークインターフェース
  • MXWAPT4/8 アクセスポイントトランシーバー
  • MXW1/2/6/8 ワイヤレスマイクロホン

新機能

  • 構成のロック – 同一のサブネット上でより多くのMXW機器の動作が可能に。構成をロックすると、この構成の外にある機器との総合的なネットワーク通信が低減されます。これによりネットワークトラフィックが大幅に低減し、同一のサブネットに共存できるMXW機器の総数が増加します。システムパフォーマンスを最適化するため、セットアップ完了後に全ユーザーは構成をロックすることを推奨します。

修正

  • バージョン2.0.5で見られたスペクトラムスキャナーディスプレイが固まるバグを修正。スキャン結果はすぐに表示されます。
  • オーディオネットワークインターフェースの安定性の改善。

注記

  • MXW機器をShureネットワーク上の他のシステムとともに動作させる場合には、下記のMXWバージョン3.0.2に対応するソフトウェアおよびファームウェアバージョンの最小要件を確認してください。
    • SCM820-DAN 1.1.21
    • Shure ウェブデバイスディスカバリー1.0.15
    • Shure アップデートユーティリティ2.1.1

トランスミッター

MXW8 グースネックベース型送信機

Microflex ワイヤレスシステム対応のグースネックベース型送信機。5インチ(12.7cm)、10インチ(25.4cm)、15インチ(38.1 cm) のMicroflexグースネックマイクロホンに対応

ヘッドセットマイクロホン

MX153

目立たず装着したいスピーチ等の用途に最適なプロフェッショナル向けの超小型イヤセット ヘッドウォーンマイクロホンです。

WCE6O

ライブやブロードキャスティング用のWCE6Dイヤーセットマイクロホンは最も小さく、最も軽い快適なマイクロホンです。このマイクロホンの特性パターンは無指向性です。

小型マイクロホン

SM93

SM93はスピーチ用途のために生まれた、コスト・パフォーマンスが高い超小型な、無指向性コンデンサ型ラベリア・マイクロホンです。

MX183

MX183プレミア無指向性ラベリアマイクロホンは洗練されたパーソナルボイスを収音。他のMicroflex製品の様に、このラベリアマイクロホンは交換可能なコンデンサカートリッジを搭載しています。

MX184

MX184プレミアスーパーカーディオイドラベリアマイクロホンは洗練されたパーソナルボイスを収音。他のMicroflex製品の様に、このラベリアマイクロホンは交換可能なコンデンサーマイクロホンヘッドを搭載しています。

MX150

目立たず装着したいスピーチ等の用途に最適なプロフェッショナル向けの超小型エレクトレットコンデンサー型ラベリアマイクロホンです。

MX185

MX185プレミアカーディオイドラベリアマイクロホンは洗練されたパーソナルボイスを収音。他のMicroflex製品の様に、このラベリアマイクロホンは交換可能なコンデンサーマイクロホンヘッドを搭載しています。

WCB6

わずか0.1インチ(3mm)のWCB6超小型ラベリアマイクロホンは頑丈で目立たない作りで使用する場所を選びません。

グースネックマイクロホン

MX405/ 410/ 415

モジュラー式グースネックマイクロホンは、会議室や外観が重要な場での使用に適しています。