WHY WE CHOOSE SHURE - Shureを選ぶ理由 -

TK氏 イヤホンレビュー(SE535 Special Edition)

あるタイミングからもっと音楽的にモニターをしたいと思いSE535を使用し始めました。以前は耳型を採取するタイプのイヤホンを使用して演奏をドライにモニタリングしていたのですが、聞こえてくる音をより音楽として自分のプレイとシンクロさせたかったのが一番の理由です。周波数バランスや原音に忠実かどうか以前に「好きな音」が鳴るかどうかが最も重要だと思ってます。

SE535は優れた遮音性や音質はもちろんの事、激しい動きや湿気の多いステージ上でのモニタリングにおいても非常に信頼出来るイヤホンです。ただ、ステージ上では両耳を密閉している事と無線で信号を受けっている音の劣化から来る高音域の空気感の物足りなさがどうしても付きまといます。これはSE535自体に起因しているものでは無く、両耳を塞いで空気を通さずにモニターする事のストレスはイヤモニを使用するミュージシャンにとっては永遠の課題と言ってもいいかもしれません。

そこで使い始めたSE535 Special Editionは基本の音質はそのままに、高音域の解像度が更に優れていることによって耳の中の音場を広く感じさせてくれます。耳障りな高音では無く、ギターのピッキングや細かい声のニュアンスが空気感を増してモニター環境が更に向上しました。自分が発した全ての音を含め、耳の中で理想のステージを鳴らす為の必要不可欠な存在です。

TK (凛として時雨)

 

TK(Toru Kitajima)

凛として時雨Vocal&Guitar
同バンドにおいては全作曲、作詞、エンジニアを担当し鋭く独創的な視点で自らの音楽を表現する。
ソロ名義での処女作となったPHOTO BOOK + DVD「film A moment」は海外で撮り溜めた写真、日記、8mm映像といったあらゆる「瞬間」を基に制作され、まるで脳内を映し出したかの様な繊細で美しい世界観を新しい形で表現したプロダクトとなった。1st solo album「flowering」では、スリーピースバンド=時雨の枠から自らを意識的に解き放ち、ジャンルを超越した類い稀な音を生み出している。

SE535 Special Edition

高域用シングルツイーターと低域用デュアルウーハーで構成された高精度トリプルMicroDriverが豊かな低域を伴った奥行きあるサウンドを再現します。