インイヤーパーソナルモニターとは?

インイヤーモニターを理解するにはまずモニタリングとなぜそれが必要なのかを理解する必要があります.  あなたのパフォーマンスとステージ上の他のパフォーマーの音をモニターすることが出来ます。

ステージモニターは1960年代にロックバンドがお互いの音をモニターすることによってパフォーマンスの向上を図れる事を発見した事から始まりました。ステージのフロアにある大音量スピーカー(フロアウェッジ)を使用することからモニターの時代の幕は開きましたが、当初のシステムは騒々しい嵩張るものでした。

今日、インイヤーモニターシステムはパーソナルな音を他の人のじゃまをすること無く聴くことが出来ます。このシステムはフロアウェッジから飛躍的に快適になったウェアラブル”インイヤー”システムです。

 

インイヤーパーソナルモニターのメリットは?

従来のモニタリングは、ステージに配置されたかさばる重いフロアウェッジでした。。インイヤーモニタリングは更に快適で正確なモニターをすることが出来ます。

  • 音質: インイヤーでは、外部からのノイズが入らないクリアなミックスを低レベルで高精度なサウンドでモニター頂けます。また、インイヤーモニターシステムはフィードバックを減らし、ステージ上の他のノイズを収音しないので観客にもいい音をお届けします。
  • モビリティ: フロアウェッジをステージ上の音を中央の1つの場所にまとめます。インイヤーモニタリングでは、スピーカーが耳にあるので、ステージ上での移動範囲広げ、完全に自分の音をどこでも聴くことが出来ます
  • ポータビリティ: 全てのインイヤーシステムはブリーフケースに入れて簡単に持ち運び可能です。フロアウェッジはうるさいだけでなく、重くて移動に不便です。 

 

どこでインイヤーパーソナルモニターを使うことが出来ますか?

どこでインイヤーパーソナルモニターを使うことが出来ますか? モニターが必要なすべてのアプリケーションで利用可能です.

  • ステージ上でのライブ: 距離が離れた場所で演奏をするバンドはパーソナルなミックスをコントロール出来ます。また、アンプやフロアウェッジが必要ないので移動にも便利です。
  • リハーサル室: インイヤーモニタリングはリハーサルに向かない部屋を最高のリハーサル室にします。それだけでなく、インイヤーはボーカルのひずみや耳鳴りを減らす事ができます。
  • スタジオ: 録音中に、インイヤーを使用中のパフォーマーは音量レベルやクリックトラックの音量コントロールが出来ます。また、伝統的な重いヘッドホンではなく、小さいイヤホンによって快適性も向上。高遮音性イヤホンは外部のノイズやボーカルオーバーダブ中のマイクブリーディングを減らします。
  • クラシック音楽の演奏: 特に音響機器フロアウェッジを拾うと、フィードバックを作成する傾向がある。ステージやピットでは、インイヤーモニタリングシステムは、観客が楽しんで音の品質を犠牲にすることなく、演奏の離散監視を提供しています。
  • 劇場舞台: フロアウェッジのない綺麗で雑然としないステージを実現できます。インイヤーの最大の利点は、俳優や女優やスタッフが監督の指示をモニター出来ることです。
  • 放送環境: 音の利点に加え、インイヤーモニターシステムはレポーターや放送パーソナリティにとって外部のノイズを消す役割を果たします。サテライトリンクを使ってイベントのキューイングが出来、また、カメラマンやステージ監督、カメラ内にいる人用のワイヤレス割り込みフォールドバック(IFB)システムとしても使用可能です。