マイクロホン:トランデューサータイプ

マイクロホン:テクニック基本

マイクロホンはステージ上やリハーサルルーム内で、プレゼンテーションやホームレコーディング、スタジオレコーディング用に声や楽器の音を強化したい時に使用されます。
マイクロホンの特性は大きく分けて3つに分けられます。この3つの特徴は最適なマイクロホンを選択するのにとても重要です。
 

  • トランスデューサタイプ: トランスデューサーは、マイクロホンにおいて音響エネルギー(音)を録音可能な電気信号に変換するところです。
  • 極性パターン: 極性パターンとはマイクロホンの指向性を表したものです。言い換えるなら、極性パターンは別々の方向からやってくる音に対するマイクロホンの感度となります。
  • 周波数帯域: すべての周波数で出力レベルや感度は同じですか

マイクロホン:トランデューサータイプ(ダイナミック、コンデンサ、リボン)

トランスデューサーは、マイクロホンにおいて音響エネルギー(音)を録音可能な電気信号に変換するところです。トランスデューサーにはいくつかのタイプがありますが、録音に使用されるものとして代表的なものは、ダイナミックとコンデンサーの 2 つのタイプです。他にはリボンマイクロホンというタイプもあります

ダイナミックマイクロホン

Dynamic Microphone Scheme

ダイナミックマイクロホンはダイアフラム、ボイスコイルと磁石と搭載しています。ボイスコイルはダイアフラムの後ろの磁場に囲まれています。ボイスコイルは収音に応じて電子信号を生みます。このタイプのマイクロホンは高い音圧レベルを扱うことができ、また高い温度や湿度といった不向きな状況にも耐えることが可能です。


コンデンサマイクロホン

Condenser Microphone Scheme

コンデンサーマイクロホンは、音に敏感な帯電ダイアフラムとバックプレートで出来ています。ダイアフラムが音を感知するとダイアフラムとバックプレートの距離が変わり、コンデンサの容量も変わります。このスペースの違いが電子信号を生みます。コンデンサーマイクロホンには電源が必要です。そして、電源を供給する方法としては、ファンタム電源と呼ばれる方法が一般的です。ファンタム電源は、マイクロホンケーブルを使って電圧を供給する方法を指す言葉です。ほとんどのマイクロホンミキサーにはファンタム電源が備えられていますが、コンデンサーマイクとミキサーを使用する場合には、ミキサーのマイクロホン入力にファンタム電源が装備されているかを確認する必要があります。コンデンサマイクロホンは感度が高く高域の周波数特性が優れています。アコースティックギターやシンバルのような楽器で、より細部を捕らえることができます。コンデンサーマイクロホンは、きめ細かさや声のリアリティーも高めます。 


リボンマイクロホン

Ribbon microphones scheme

リボンマイクロホンはダイナミックマイクロホンの一つで、薄い電子リボンがポールと磁石の間に配置されています。一般的にリボンマイクロホンは双方向であり、前面と背面から収音し、左右90度の音を排除します。

リボンマイクロホン