KSM141は、大口径ダイアフラム・エンドアドレス・コンデンサー型マイクロホンで、極めて均一なカーディオイド指向特性または真の無指向性を簡単に切り替えられる回転式メカニズムによって、スムーズかつ集中的に音楽再生を行えます。

機能

機能

  • 極めて均一なカーディオイド指向特性と真の無指向性を切り替えられる機械式指向性スイッチさまざまなレコーディング状況で柔軟性を発揮します
  • 超薄型、2.5ミクロン、24金メッキ処理、低質量マイラー(r) 製ダイアフラムが優れた過度特性を実現
  • A級ディスクリート・トランスレス・プリアンプが、高調波歪みと混変調波歪みを最**小限に抑え、ゼロ・クロスオーバー歪みと超高速の過度特性、透明感のある音質を実現
  • 内外部共に金メッキ処理を施したコネクタを含む高品位電子パーツを採用
  • サブソニック・フィルタにより機械的振動から生じる17 Hz以下の低周波ノイズを除去
  • スイッチ切替式3ポジション・パッド(0 dB、15 dB、および25 dB)を搭載することにより、音圧レベル (SPL) が極めて高い場合にも対応可能
  • スイッチ切替式3ポジション・パッド(0 dB、15 dB、および25 dB)を搭載することにより、音圧レベル (SPL) が極めて高い場合にも対応可能
  • スイッチ切替式3ポジション・ロー・カット・フィルタが、バックグラウンド・ノイズや近接効果の低減に効果を発揮

説明

KSM141はどのような用途に適していますか?

レコーディングはもちろん、ライブでも使用可能な高い耐久性を誇り、極めて高い音圧レベル(SPL)でも使用できます。低い等価雑音レベルと広い周波数特性を備え、楽器のレコーディングに最適です。

KSM141の特徴は何ですか?

KSM141は、高い音圧レベル(SPL)に対応する処理能力と、きわめて優れた低周波サウンドの再現能力を併せ持っています。切替可能な(無指向性とカーディオイド)指向特性と3つの切替可能パッド(0 dB、15dB、25dB)によりさまざまなレコーディング状況で柔軟性を発揮します。


【販売SKU】

KSM141/SL STEREO-X ステレオペアモデル
KSM141/SL-X  

付属アクセサリー

付属アクセサリー

数量 品名
1 Case Single KSM141 (Part No: A141C)
1 Case KSM141 Stereo Pair (Part No: A141SPC)
1 Windscreen (Part No: A100WS)
1 Microphone Clip (Part No: A57F)

製品バリエーション

製品バリエーション

仕様

仕様

技術仕様

質量:
156 g
周波数レスポンス:
20 Hz – 20 kHz
周波数レスポンス:
フラット
感度:
-37.00 dBV/Pa – 14.10 mV/Pa
等価雑音レベル:
14 dB(A)
音圧:
139 dB, 164 dB, -25 Pad
トランスデューサータイプ:
コンデンサー
指向特性パターン:
カーディオイド, 無指向性
Switchable low cut:
対応
コネクター:
XLR3ピン
アテニュエーター:
対応
Interchangeable Capsule:
非対応
主要機能:
レコーディング
ヘッドホン出力:
非対応
Requires Phantom Power:
11 to 52 VDC
カートリッジ:
着脱不可
周波数応答曲線:
Shure KSM141 デュアルパターン楽器用マイクロホン 周波数応答曲線

更に詳しい技術仕様

詳しい仕様:
Switch Attenuator: 0, −15, −25 dB
Low Frequency Response: flat; -6 dB/octave below 115 Hz; -18 dB/octave below 80 Hz

ダウンロード

ダウンロード

同等製品

同等製品

オプションアクセサリー

オプションアクセサリー

関連項目

関連項目

専門ポータル

専門ポータル