MOTIVデジタルマイクロホンとともに用いられるようデザインされ、録音機能も提供するShurePlus MOTIVモバイルレコーディングアプリは、リアルタイムでの機能調整とファイル共有が可能です。

特徴

特徴

  • MV88用のオーディオ詳細設定:
    • 指向特性の選択(ステレオ、カーディオイド、双指向性、Raw Mid-Side)
    • ステレオ幅調節(60、75、90、105、120、135度)
    • ウィンドノイズ軽減:低周波数をカットするフィルターにより、環境騒音から生じる振動ノイズを除去します。
    • 左右チャンネル入替:ビデオの録画時に携帯電話/タブレットとマイクロホンで左右が逆向きになってしまう場合に、右と左の音声チャンネルを入れ替え、ビデオと音声を一致させることができます。
  • 非圧縮のオーディオを複数のビット深度/サンプルレートで録音
  • 36 dBの調節可能なゲイン幅
  • 高精度メーター表示
  • プリセットモードでゲイン、イコライザー、およびコンプレッサーを自動調整
  • 5バンドのイコライザー
  • リミッター
  • コンプレッサー
  • 調整可能なフェーダーカーブやマーカーを備えたトリミングや分割による録音編集機能
  • 電子メール、テキスト、iTunes、Airdrop、Dropboxでファイルを共有
  • 圧縮フォーマットで保存(ALAC、AAC 96、128、256)
  • ビデオとしてカメラロールに保存

システム要件

  • iOS 10.0以上

説明

MOTIVデジタルマイクロホンとともに用いられるようデザインされ、録音機能も提供するShurePlus MOTIVモバイルレコーディングアプリは、リアルタイムでの機能調整とファイル共有が可能です。
わかりやすい操作画面で24-bit / 48 kHz 非圧縮レコーディング、選択可能なDSPプリセットモード、マイクロホンゲイン調整、また直感的なステレオ幅のコントロールにより音源や周囲の環境にあわせて指向性を最適化できます。 

ソフトウェアバージョン

ソフトウェアバージョン

ShurePlus - MOTIV 2.2.0

OS:

iOS 10.0 or later

リリースノート:

Release Date: 11/9/2018

IMPROVEMENTS

  • Arabic support
  • Improved support for landscape mode
  • Bug fixes

KNOWN ISSUES

  • In iOS 11.0, iPhone would not always recognize when an MV88 microphone was connected. If you are experiencing this issue, please upgrade to iOS version 11.1 or higher.
  • A small percentage of users may receive a numerical error message while recording, such as “-1” or “66570.” These messages occur when there was an error writing to the device and are related to Apple’s new file system (APFS). One of these errors can occur even if your device has plenty of remaining storage. We recommend clearing up your device storage from the Settings screen, and if that doesn’t resolve the issues, doing a full restore from iTunes, consisting of backing up your devicewiping/restoring to factory settings, and restoring from the backup.
  • If you monitor your recordings with Bluetooth earphones, you may hear artifacts, such as noise, while monitoring. If this occurs, we recommend changing the sample rate of your recordings. Some products may produce artifacts at 44.1 kHz, while others may do so for 48 kHz recordings. Please keep in mind that even if you hear artifacts while monitoring, they will not be present in the recordings themselves.

NOTES

互換性のある製品

互換性のある製品

同等製品

同等製品

関連項目

関連項目

専門ポータル

専門ポータル