先進的なオーディオ・ネットワークは、更新していないソフトウェアのままでは適切に機能しません。それに、最新バージョンを延々と探すのは時間の無駄。そこでおすすめしたいのが、無料でダウンロードできるShureアップデートユーティリティです。これさえあれば、お使いのデバイスのファームウェア管理や、互換性のあるShure製品のアップデートがとても簡単になります 。システム管理者の心配をひとつ減らすことができます。

特徴

Shureアップデートユーティリティを使用して以下のShureハードウェアをアップデートいただけます。

  • オーディオ・ネットワーク・インターフェース
  • AXT Digitalワイヤレスシステム
  • AXTワイヤレスマネージメントネットワーク
  • GLX-D® デジタルワイヤレスシステム
  • GLX-D® Advanced デジタル・ワイヤレス・システム
  • IntelliMix P300オーディオプロセッサー
  • KSE1500コンデンサー型高遮音性イヤホンシステム
  • Microflex™ Advance™
  • Microflex Wirelessマイクロホンシステム
  • PSM 1000パーソナルモニターシステム
  • SBC250/450/850 ネットワーク充電ステーション
  • Shureラックマウント型充電ステーション
  • SCM820 デジタルIntelliMixオートマチックミキサー
  • SHA900ポータブル・リスニング・アンプ
  • QLX-D® デジタルワイヤレスシステム
  • UHF-Rワイヤレス・システム
  • ULX-D® デジタルワイヤレスシステム
  • SBC220/240/250/450/850/MXCWNCS ネットワーク充電ステーション

 

このソフトウェアは次のオペレーティングシステムに対応しています。

Windows 7,8,10

Mac OS X El Captain(10.11), Sierra (10.12), High Sierra(10.13)

注記:32ビット版Macシステム上のShureアップデートユーティリティをインストールするには、バージョン2.2.2:Mac OS X 10.9-10.11をダウンロードしてください。

説明

Shureアップデートユーティリティは、互換性のあるShure製品のファームウェアのアップデートを簡素化するスタンドアロンアプリケーションです。このアプリケーションのシンプルなインターフェースからは、Shureの最新アップデートをダウンロードしたり、それらのアップデートを受信するようにShureハードウェアを設定したりすることができます。アップデートはイーサネットネットワーク経由でサポート対象のすべてのデバイスに拡張されます。

ソフトウェアバージョン

Shure Update Utility 2.4.4 (64-bit Windows 7, 8, 10)-JP

OS:

64-Bit Windows 7, 8, 10

リリースノート:

リリース日: 2019/2/7

重要

Shureアップデートユーティリティバージョン2.4.3以下をバージョン2.4.4へアップデートするには、こちら から、または「Help」 > 「Check for Shure Update Utility updates」からダウンロードして再インストールしてください。

 

改善点

  • 新しい周波数バンドに対応しました:
    • QLX-D
      • タイ: 174 MHz – 210 MHz (V52)
    • ULX-D
      • タイ: 174 MHz – 210 MHz (V52)
  • macOS Mojave (10.14)に対応しました。
  • ファームウェアバージョン1.1.0以下のPSM1000は、バージョン2.4.1以下のShureアップデートユーティリティを使用する必要があります。
  • 「Help」>「Check for Shure Update Utility updates」を選択すると、Shureアップデートユーティリティの最新バージョンのダウンロードページが開きます。その際にShureアップデートユーティリティバージョン2.4.2以降では自動的に新しいバージョンを検出しません。
  • 32ビット版Windows
    • 32ビット版Windowsシステム上のShureアップデートユーティリティ(バージョン2.2.2.以下)をアップデートするには、32ビットシステム用のバージョン2.4.2以降をダウンロードし、ソフトウェアをインストールし直してください。それ以下のバージョンのShureアップデートユーティリティでは、32ビットシステムに対応したShureアップデートユーティリティの新規アップデートは検出されません。
    • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.4は、Wireless Workbench6バージョン 6.12.1以下には対応しています。
  • 最低ファームウェアバージョン要件を満たしていないULX-D またはQLX-D受信機に、ULXD6/8送信機のファームウェアをダウンロードしようとするとエラーを生じます。ULX-D または QLX-D受信機でULXD6/8送信機のファームウェアをアップデートする場合は、次の手順に従ってください。
    • 受信機を次のバージョン以上にアップデートします。
      • ULXD4/ULXD4D/ ULXD4Q 受信機: 2.1.16
      • QLXD4 受信機: 2.1.5
    • Shureアップデートユーティリティを使用して、ULXD6/8送信機のファームウェアを受信機にダウンロードします。
    • 受信機の「FW Update」メニューを使用して送信機をアップデートします。
  • バージョン1.xファームウェアで動作しているMicroflex Wireless機器は、バージョン3.X以上にアップデートする前に、まずバージョン2.0.5にアップデートする必要があります。
  • macOS High Sierra およびMojaveを実行するTouch Bar付きUSB-C MacBook Proラップトップは、GLX-D機器の検出に失敗します。現在、この問題を調査中です。

注記

  • Shureアップデートユーティリティは次のオペレーティングシステムに対応しています。
    • Windows 7/8/10
    • Mac OS Sierra (10.12)/ High Sierra (10.13)/ Mojave (10.14)
  • ShureアップデートユーティリティをWindows PCにインストールする際、アプリケーションに加えUSBドライバーのインストールを促されますが、このドライバーはGLX-DのようなUSBデバイスのアップデートに対応するためにインストールが必要です。
  • USB2.0デバイス
    • KSE1500,SHA900,GLX-Dのアップデートは、一台ずつ行う必要があります
    • USB2.0接続デバイスのアップデートを行う際にUSBハブで接続することは推奨しません。USB2.0接続デバイスは、Shureアップデートユーティリティを実行しているコンピューターのUSB端子に直接接続してください。
  • 64ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.2以降は、Wireless Workbench6.12.2以上に対応しています。
  • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.2以降は、Wireless Workbench6.12以下に対応しています。

Shure Update Utility 2.4.4 (32-bit Windows 7, 8, 10)-JP

OS:

32-Bit Windows 7, 8, 10

リリースノート:

リリース日: 2019/2/7

重要

Shureアップデートユーティリティバージョン2.4.3以下をバージョン2.4.4へアップデートするには、こちら から、または「Help」 > 「Check for Shure Update Utility updates」からダウンロードして再インストールしてください。

 

改善点

  • 新しい周波数バンドに対応しました:
    • QLX-D
      • タイ: 174 MHz – 210 MHz (V52)
    • ULX-D
      • タイ: 174 MHz – 210 MHz (V52)
  • macOS Mojave (10.14)に対応しました。
  • ファームウェアバージョン1.1.0以下のPSM1000は、バージョン2.4.1以下のShureアップデートユーティリティを使用する必要があります。
  • 「Help」>「Check for Shure Update Utility updates」を選択すると、Shureアップデートユーティリティの最新バージョンのダウンロードページが開きます。その際にShureアップデートユーティリティバージョン2.4.2以降では自動的に新しいバージョンを検出しません。
  • 32ビット版Windows
    • 32ビット版Windowsシステム上のShureアップデートユーティリティ(バージョン2.2.2.以下)をアップデートするには、32ビットシステム用のバージョン2.4.2以降をダウンロードし、ソフトウェアをインストールし直してください。それ以下のバージョンのShureアップデートユーティリティでは、32ビットシステムに対応したShureアップデートユーティリティの新規アップデートは検出されません。
    • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.4は、Wireless Workbench6バージョン 6.12.1以下には対応しています。
  • 最低ファームウェアバージョン要件を満たしていないULX-D またはQLX-D受信機に、ULXD6/8送信機のファームウェアをダウンロードしようとするとエラーを生じます。ULX-D または QLX-D受信機でULXD6/8送信機のファームウェアをアップデートする場合は、次の手順に従ってください。
    • 受信機を次のバージョン以上にアップデートします。
      • ULXD4/ULXD4D/ ULXD4Q 受信機: 2.1.16
      • QLXD4 受信機: 2.1.5
    • Shureアップデートユーティリティを使用して、ULXD6/8送信機のファームウェアを受信機にダウンロードします。
    • 受信機の「FW Update」メニューを使用して送信機をアップデートします。
  • バージョン1.xファームウェアで動作しているMicroflex Wireless機器は、バージョン3.X以上にアップデートする前に、まずバージョン2.0.5にアップデートする必要があります。
  • macOS High Sierra およびMojaveを実行するTouch Bar付きUSB-C MacBook Proラップトップは、GLX-D機器の検出に失敗します。現在、この問題を調査中です。

注記

  • Shureアップデートユーティリティは次のオペレーティングシステムに対応しています。
    • Windows 7/8/10
    • Mac OS Sierra (10.12)/ High Sierra (10.13)/ Mojave (10.14)
  • ShureアップデートユーティリティをWindows PCにインストールする際、アプリケーションに加えUSBドライバーのインストールを促されますが、このドライバーはGLX-DのようなUSBデバイスのアップデートに対応するためにインストールが必要です。
  • USB2.0デバイス
    • KSE1500,SHA900,GLX-Dのアップデートは、一台ずつ行う必要があります
    • USB2.0接続デバイスのアップデートを行う際にUSBハブで接続することは推奨しません。USB2.0接続デバイスは、Shureアップデートユーティリティを実行しているコンピューターのUSB端子に直接接続してください。
  • 64ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.2以降は、Wireless Workbench6.12.2以上に対応しています。
  • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.2以降は、Wireless Workbench6.12以下に対応しています。

Shure Update Utility 2.4.4 (macOS 10.11 -10.13)-JP

OS:

OS X El Capitan (10.11), macOS Sierra (10.12), macOS High Sierra (10.13)

リリースノート:

リリース日: 2019/2/7

重要

Shureアップデートユーティリティバージョン2.4.3以下をバージョン2.4.4へアップデートするには、こちら から、または「Help」 > 「Check for Shure Update Utility updates」からダウンロードして再インストールしてください。

 

改善点

  • 新しい周波数バンドに対応しました:
    • QLX-D
      • タイ: 174 MHz – 210 MHz (V52)
    • ULX-D
      • タイ: 174 MHz – 210 MHz (V52)
  • macOS Mojave (10.14)に対応しました。
  • ファームウェアバージョン1.1.0以下のPSM1000は、バージョン2.4.1以下のShureアップデートユーティリティを使用する必要があります。
  • 「Help」>「Check for Shure Update Utility updates」を選択すると、Shureアップデートユーティリティの最新バージョンのダウンロードページが開きます。その際にShureアップデートユーティリティバージョン2.4.2以降では自動的に新しいバージョンを検出しません。
  • 32ビット版Windows
    • 32ビット版Windowsシステム上のShureアップデートユーティリティ(バージョン2.2.2.以下)をアップデートするには、32ビットシステム用のバージョン2.4.2以降をダウンロードし、ソフトウェアをインストールし直してください。それ以下のバージョンのShureアップデートユーティリティでは、32ビットシステムに対応したShureアップデートユーティリティの新規アップデートは検出されません。
    • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.4は、Wireless Workbench6バージョン 6.12.1以下には対応しています。
  • 最低ファームウェアバージョン要件を満たしていないULX-D またはQLX-D受信機に、ULXD6/8送信機のファームウェアをダウンロードしようとするとエラーを生じます。ULX-D または QLX-D受信機でULXD6/8送信機のファームウェアをアップデートする場合は、次の手順に従ってください。
    • 受信機を次のバージョン以上にアップデートします。
      • ULXD4/ULXD4D/ ULXD4Q 受信機: 2.1.16
      • QLXD4 受信機: 2.1.5
    • Shureアップデートユーティリティを使用して、ULXD6/8送信機のファームウェアを受信機にダウンロードします。
    • 受信機の「FW Update」メニューを使用して送信機をアップデートします。
  • バージョン1.xファームウェアで動作しているMicroflex Wireless機器は、バージョン3.X以上にアップデートする前に、まずバージョン2.0.5にアップデートする必要があります。
  • macOS High Sierra およびMojaveを実行するTouch Bar付きUSB-C MacBook Proラップトップは、GLX-D機器の検出に失敗します。現在、この問題を調査中です。

注記

  • Shureアップデートユーティリティは次のオペレーティングシステムに対応しています。
    • Windows 7/8/10
    • Mac OS Sierra (10.12)/ High Sierra (10.13)/ Mojave (10.14)
  • ShureアップデートユーティリティをWindows PCにインストールする際、アプリケーションに加えUSBドライバーのインストールを促されますが、このドライバーはGLX-DのようなUSBデバイスのアップデートに対応するためにインストールが必要です。
  • USB2.0デバイス
    • KSE1500,SHA900,GLX-Dのアップデートは、一台ずつ行う必要があります
    • USB2.0接続デバイスのアップデートを行う際にUSBハブで接続することは推奨しません。USB2.0接続デバイスは、Shureアップデートユーティリティを実行しているコンピューターのUSB端子に直接接続してください。
  • 64ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.2以降は、Wireless Workbench6.12.2以上に対応しています。
  • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.2以降は、Wireless Workbench6.12以下に対応しています。

ダウンロード

クイックスタートガイド

互換性のある製品