Shureアップデートユーティリティは、互換性のあるShure製品のファームウェアのアップデートを簡素化するスタンドアロンアプリケーションです。

機能

機能

Shureアップデートユーティリティを使用して以下のShureハードウェアをアップデートいただけます。

  • AXT ワイヤレス・マネジメント・システム
  • GLX-D® デジタルワイヤレスシステム (ファームウェアリリースノート)
  • KSE1500コンデンサー型高遮音性イヤホンシステム
  • Microflex™ Advance™
  • Microflex Wireless
  • PSM 1000パーソナルモニターシステム
  • QLX-D® デジタルワイヤレスシステム
  • SCM820 デジタル IntelliMix オートマチックミキサー
  • SHA900ポータブル・リスニング・アンプ
  • ULX-D® デジタル・ワイヤレス・システム
  • UHF-R ワイヤレス・システム

システム要件

タイプ

  • 64ビット

オペレーティングシステム

  • Windows:  7 or 8 or 10
  • Mac: OS X 10.10 – 10.12

プロセッサー

  • Intel® Core™ i3, i5, or i7相当、クロック2 GHz以上

ハードディスク

  • 5 GB以上の空き(インストールサイズ400MB)

画面解像度

  • 1280 x 768 minimum

説明

Shureアップデートユーティリティは、互換性のあるShure製品のファームウェアのアップデートを簡素化するスタンドアロンアプリケーションです。このアプリケーションのシンプルなインターフェースからは、Shureの最新アップデートをダウンロードしたり、それらのアップデートを受信するようにShureハードウェアを設定したりすることができます。アップデートはイーサネットネットワーク経由でサポート対象のすべてのデバイスに拡張されます。

ソフトウェアバージョン

ソフトウェアバージョン

Shure Update Utility 2.4.2 (64-bit Windows 7, 8, 10)-JP

OS:

64-Bit Windows 7, 8, 10

リリースノート:

重要
Shure アップデートユーティリティ(バージョン2.4以前)をバージョン2.4.1にアップデートするには、Shure.co.jp/products/software/suuからダウンロードして再インストールしてください。
 

改善点

  • 32ビット版Windowsオペレーティングシステムに再び対応しました。32ビットWindowsシステムでShure アップデートユーティリティ(バージョン2.2.2以前)を更新するには、32ビットシステム用のバージョン2.4.1をダウンロードしてソフトウェアを再インストールします。
  • PSM1000 G62のサポートを追加しました。

既知の問題点

  • 「ヘルプ」>「Shure アップデートユーティリティのアップデートを確認する」を選択すると、ダウンロードするShure アップデートユーティリティの最新バージョンを提供するShure.comが開きます。その際に Shure アップデートユーティリティバージョン2.4.1は自動的に新しいバージョンを検出しません。
  • 32ビット版Windows
    • 32ビット版Windowsシステム上のShureアップデートユーティリティ(バージョン2.2.2以前)をアップデートするには、32ビットシステム用のバージョン2.4.1をダウンロードし、インストールし直してください。それ以前のバージョンのShureアップデートユーティリティでは、32ビットシステムに対応したShureアップデートユーティリティの新規アップデートは検出されません。
    • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12以上には対応していません。
  • 最低ファームウェアバージョン要件を満たしていないULX-DまたはQLX-D受信機に、ULXD6/8送信機のファームウェアをダウンロードしようとするとエラーを生じます。ULX-DまたはQLX-D受信機でULXD6/8送信機のファームウェアをアップデートする場合は、次の手順に従ってください。
    1. 受信機を次のバージョン以上にアップデートします。
      • ULXD4/ULXD4D/ULXD4Q受信機:2.1.16
      • QLXD4受信機:2.1.5
    2. Shureアップデートユーティリティを使用して、ULXD6/8送信機のファームウェアを受信機にダウンロードします。
    3. 受信機の「FW Update」メニューを使用して送信機をアップデートします。
  • バージョン1.xファームウェアで動作しているMicroflex Wireless機器は、バージョン3.x以上にアップデートする前に、まずバージョン2.0.5にアップデートする必要があります。


注記

  • ShureアップデートユーティリティをWindows PCにインストールする際、アプリケーションに加えUSBドライバーのインストールを促されますが、このドライバーはGLX-DのようなUSBデバイスのアップデートに対応するためにインストールが必要です。
  • USB 2.0 デバイス
    • KSE1500、SHA900、GLX-Dのアップデートは、1台ずつ行う必要があります。
    • USB 2.0接続デバイスのアップデートを行う際にUSBハブで接続することは推奨しません。USB 2.0接続デバイスは、Shureアップデートユーティリティを実行しているコンピューターのUSB端子に直接接続してください。
  • 64ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12.2以上に対応しています。
  • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12以下に対応しています。

Shure Update Utility 2.4.2 (32-bit Windows 7, 8, 10)-JP

OS:

32-Bit Windows 7, 8, 10

リリースノート:

重要
Shure アップデートユーティリティ(バージョン2.4以前)をバージョン2.4.1にアップデートするには、Shure.co.jp/products/software/suuからダウンロードして再インストールしてください。

改善点

  • 32ビット版Windowsオペレーティングシステムに再び対応しました。32ビットWindowsシステムでShure アップデートユーティリティ(バージョン2.2.2以前)を更新するには、32ビットシステム用のバージョン2.4.1をダウンロードしてソフトウェアを再インストールします。
  • PSM1000 G62のサポートを追加しました。

既知の問題点

  • 「ヘルプ」>「Shure アップデートユーティリティのアップデートを確認する」を選択すると、ダウンロードするShure アップデートユーティリティの最新バージョンを提供するShure.comが開きます。その際に Shure アップデートユーティリティバージョン2.4.1は自動的に新しいバージョンを検出しません。
  • 32ビット版Windows
    • 32ビット版Windowsシステム上のShureアップデートユーティリティ(バージョン2.2.2以前)をアップデートするには、32ビットシステム用のバージョン2.4.1をダウンロードし、インストールし直してください。それ以前のバージョンのShureアップデートユーティリティでは、32ビットシステムに対応したShureアップデートユーティリティの新規アップデートは検出されません。
    • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12以上には対応していません。
  • 最低ファームウェアバージョン要件を満たしていないULX-DまたはQLX-D受信機に、ULXD6/8送信機のファームウェアをダウンロードしようとするとエラーを生じます。ULX-DまたはQLX-D受信機でULXD6/8送信機のファームウェアをアップデートする場合は、次の手順に従ってください。
    1. 受信機を次のバージョン以上にアップデートします。
      • ULXD4/ULXD4D/ULXD4Q受信機:2.1.16
      • QLXD4受信機:2.1.5
    2. Shureアップデートユーティリティを使用して、ULXD6/8送信機のファームウェアを受信機にダウンロードします。
    3. 受信機の「FW Update」メニューを使用して送信機をアップデートします。
  • バージョン1.xファームウェアで動作しているMicroflex Wireless機器は、バージョン3.x以上にアップデートする前に、まずバージョン2.0.5にアップデートする必要があります。


注記

  • ShureアップデートユーティリティをWindows PCにインストールする際、アプリケーションに加えUSBドライバーのインストールを促されますが、このドライバーはGLX-DのようなUSBデバイスのアップデートに対応するためにインストールが必要です。
  • USB 2.0 デバイス
    • KSE1500、SHA900、GLX-Dのアップデートは、1台ずつ行う必要があります。
    • USB 2.0接続デバイスのアップデートを行う際にUSBハブで接続することは推奨しません。USB 2.0接続デバイスは、Shureアップデートユーティリティを実行しているコンピューターのUSB端子に直接接続してください。
  • 64ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12.2以上に対応しています。
  • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12以下に対応しています。

Shure Update Utility 2.4.1 (64-bit Windows 7, 8, 10) -JP

OS:

64-Bit Windows 7, 8, 10

リリースノート:

重要
Shure アップデートユーティリティ(バージョン2.4以前)をバージョン2.4.1にアップデートするには、Shure.co.jp/products/software/suuからダウンロードして再インストールしてください。
 

改善点

  • 32ビット版Windowsオペレーティングシステムに再び対応しました。32ビットWindowsシステムでShure アップデートユーティリティ(バージョン2.2.2以前)を更新するには、32ビットシステム用のバージョン2.4.1をダウンロードしてソフトウェアを再インストールします。
  • PSM1000 G62のサポートを追加しました。

既知の問題点

  • 「ヘルプ」>「Shure アップデートユーティリティのアップデートを確認する」を選択すると、ダウンロードするShure アップデートユーティリティの最新バージョンを提供するShure.comが開きます。その際に Shure アップデートユーティリティバージョン2.4.1は自動的に新しいバージョンを検出しません。
  • 32ビット版Windows
    • 32ビット版Windowsシステム上のShureアップデートユーティリティ(バージョン2.2.2以前)をアップデートするには、32ビットシステム用のバージョン2.4.1をダウンロードし、インストールし直してください。それ以前のバージョンのShureアップデートユーティリティでは、32ビットシステムに対応したShureアップデートユーティリティの新規アップデートは検出されません。
    • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12以上には対応していません。
  • 最低ファームウェアバージョン要件を満たしていないULX-DまたはQLX-D受信機に、ULXD6/8送信機のファームウェアをダウンロードしようとするとエラーを生じます。ULX-DまたはQLX-D受信機でULXD6/8送信機のファームウェアをアップデートする場合は、次の手順に従ってください。
    1. 受信機を次のバージョン以上にアップデートします。
      • ULXD4/ULXD4D/ULXD4Q受信機:2.1.16
      • QLXD4受信機:2.1.5
    2. Shureアップデートユーティリティを使用して、ULXD6/8送信機のファームウェアを受信機にダウンロードします。
    3. 受信機の「FW Update」メニューを使用して送信機をアップデートします。
  • バージョン1.xファームウェアで動作しているMicroflex Wireless機器は、バージョン3.x以上にアップデートする前に、まずバージョン2.0.5にアップデートする必要があります。


注記

  • ShureアップデートユーティリティをWindows PCにインストールする際、アプリケーションに加えUSBドライバーのインストールを促されますが、このドライバーはGLX-DのようなUSBデバイスのアップデートに対応するためにインストールが必要です。
  • USB 2.0 デバイス
    • KSE1500、SHA900、GLX-Dのアップデートは、1台ずつ行う必要があります。
    • USB 2.0接続デバイスのアップデートを行う際にUSBハブで接続することは推奨しません。USB 2.0接続デバイスは、Shureアップデートユーティリティを実行しているコンピューターのUSB端子に直接接続してください。
  • 64ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12.2以上に対応しています。
  • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12以下に対応しています。

Shure Update Utility 2.4.1 (32-bit Windows 7, 8, 10) -JP

OS:

32-Bit Windows 7, 8, 10

リリースノート:

重要
Shure アップデートユーティリティ(バージョン2.4以前)をバージョン2.4.1にアップデートするには、Shure.co.jp/products/software/suuからダウンロードして再インストールしてください。

改善点

  • 32ビット版Windowsオペレーティングシステムに再び対応しました。32ビットWindowsシステムでShure アップデートユーティリティ(バージョン2.2.2以前)を更新するには、32ビットシステム用のバージョン2.4.1をダウンロードしてソフトウェアを再インストールします。
  • PSM1000 G62のサポートを追加しました。

既知の問題点

  • 「ヘルプ」>「Shure アップデートユーティリティのアップデートを確認する」を選択すると、ダウンロードするShure アップデートユーティリティの最新バージョンを提供するShure.comが開きます。その際に Shure アップデートユーティリティバージョン2.4.1は自動的に新しいバージョンを検出しません。
  • 32ビット版Windows
    • 32ビット版Windowsシステム上のShureアップデートユーティリティ(バージョン2.2.2以前)をアップデートするには、32ビットシステム用のバージョン2.4.1をダウンロードし、インストールし直してください。それ以前のバージョンのShureアップデートユーティリティでは、32ビットシステムに対応したShureアップデートユーティリティの新規アップデートは検出されません。
    • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12以上には対応していません。
  • 最低ファームウェアバージョン要件を満たしていないULX-DまたはQLX-D受信機に、ULXD6/8送信機のファームウェアをダウンロードしようとするとエラーを生じます。ULX-DまたはQLX-D受信機でULXD6/8送信機のファームウェアをアップデートする場合は、次の手順に従ってください。
    1. 受信機を次のバージョン以上にアップデートします。
      • ULXD4/ULXD4D/ULXD4Q受信機:2.1.16
      • QLXD4受信機:2.1.5
    2. Shureアップデートユーティリティを使用して、ULXD6/8送信機のファームウェアを受信機にダウンロードします。
    3. 受信機の「FW Update」メニューを使用して送信機をアップデートします。
  • バージョン1.xファームウェアで動作しているMicroflex Wireless機器は、バージョン3.x以上にアップデートする前に、まずバージョン2.0.5にアップデートする必要があります。


注記

  • ShureアップデートユーティリティをWindows PCにインストールする際、アプリケーションに加えUSBドライバーのインストールを促されますが、このドライバーはGLX-DのようなUSBデバイスのアップデートに対応するためにインストールが必要です。
  • USB 2.0 デバイス
    • KSE1500、SHA900、GLX-Dのアップデートは、1台ずつ行う必要があります。
    • USB 2.0接続デバイスのアップデートを行う際にUSBハブで接続することは推奨しません。USB 2.0接続デバイスは、Shureアップデートユーティリティを実行しているコンピューターのUSB端子に直接接続してください。
  • 64ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12.2以上に対応しています。
  • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12以下に対応しています。

Shure Update Utility 2.4.2 (Mac OS X 10.11 -10.13)-JP

OS:

OS X El Capitan (10.11), macOS Sierra (10.12), macOS High Sierra (10.13)

リリースノート:

重要
Shure アップデートユーティリティ(バージョン2.4以前)をバージョン2.4.1にアップデートするには、Shure.co.jp/products/software/suuからダウンロードして再インストールしてください。
 

改善点

  • 32ビット版Windowsオペレーティングシステムに再び対応しました。32ビットWindowsシステムでShure アップデートユーティリティ(バージョン2.2.2以前)を更新するには、32ビットシステム用のバージョン2.4.1をダウンロードしてソフトウェアを再インストールします。
  • PSM1000 G62のサポートを追加しました。

既知の問題点

  • 「ヘルプ」>「Shure アップデートユーティリティのアップデートを確認する」を選択すると、ダウンロードするShure アップデートユーティリティの最新バージョンを提供するShure.comが開きます。その際に Shure アップデートユーティリティバージョン2.4.1は自動的に新しいバージョンを検出しません。
  • 32ビット版Windows
    • 32ビット版Windowsシステム上のShureアップデートユーティリティ(バージョン2.2.2以前)をアップデートするには、32ビットシステム用のバージョン2.4.1をダウンロードし、インストールし直してください。それ以前のバージョンのShureアップデートユーティリティでは、32ビットシステムに対応したShureアップデートユーティリティの新規アップデートは検出されません。
    • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12以上には対応していません。
  • 最低ファームウェアバージョン要件を満たしていないULX-DまたはQLX-D受信機に、ULXD6/8送信機のファームウェアをダウンロードしようとするとエラーを生じます。ULX-DまたはQLX-D受信機でULXD6/8送信機のファームウェアをアップデートする場合は、次の手順に従ってください。
    1. 受信機を次のバージョン以上にアップデートします。
      • ULXD4/ULXD4D/ULXD4Q受信機:2.1.16
      • QLXD4受信機:2.1.5
    2. Shureアップデートユーティリティを使用して、ULXD6/8送信機のファームウェアを受信機にダウンロードします。
    3. 受信機の「FW Update」メニューを使用して送信機をアップデートします。
  • バージョン1.xファームウェアで動作しているMicroflex Wireless機器は、バージョン3.x以上にアップデートする前に、まずバージョン2.0.5にアップデートする必要があります。


注記

  • ShureアップデートユーティリティをWindows PCにインストールする際、アプリケーションに加えUSBドライバーのインストールを促されますが、このドライバーはGLX-DのようなUSBデバイスのアップデートに対応するためにインストールが必要です。
  • USB 2.0 デバイス
    • KSE1500、SHA900、GLX-Dのアップデートは、1台ずつ行う必要があります。
    • USB 2.0接続デバイスのアップデートを行う際にUSBハブで接続することは推奨しません。USB 2.0接続デバイスは、Shureアップデートユーティリティを実行しているコンピューターのUSB端子に直接接続してください。
  • 64ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12.2以上に対応しています。
  • 32ビットシステム用のShureアップデートユーティリティバージョン2.4.1は、Wireless Workbench 6.12以下に対応しています。

互換性のある製品

互換性のある製品

専門ポータル

専門ポータル