AXT400 ファームウェア リリースノート

推奨

システム内のAXTデバイスはすべて同じファームウェアバージョンにアップデートしてください。

 

バージョン 2.1.11

リリース日: 2018年5月22日

 

改善点

  • 新しい周波数バンドのサポート(米国):
    • 578 MHz – 608 MHz (J5A)
    • 653 MHz – 663 MHz (L3A)
  • 新しい周波数バンドの検出のサポート:
    • ULXD6/8: ラテンアメリカ: 632 – 696 MHz (L50)
    • AD4D/4Q: タイ: 794 – 806 MHz (R52)


既知の問題点

  • AXT400 Jを新しいUHF-Rバンド(G1HK、H4HK、J5HK、L3HKなど)のいずれかに設定した状態で、AXT400 Jユニットをバージョン1.17.10からバージョン1.15.3にダウングレードすると、RFバンドが変更されることに加え、異常な周波数表示(例:0.000 MHz)が発生することがあります。


注記

  • バージョン2.1.11のAXTデバイスを他のShureシステム/ソフトウェアと運用する場合、以下のバージョン以降が必要です。
    • UR4 UHF-R受信機 1.171
    • UR3プラグオン型送信機1.0.0.16
    • UR5ポータブルダイバーシティ受信機 1.0.0.13
    • ULX-D ULXD4X受信機2.2.X
    • QLX-D QLXD4受信機2.2.11
    • PSM1000 P10T送信機 1.5.12
    • SBRCラックマウント型充電ステーション1.0.1
    • Shureアップデートユーティリティ2.4.2
    • ShurePlus Channels 1.4.1
    • Wireless Workbench 6.12.4

 

バージョン2.0.27

リリース日: 2017年11月29日


改善点

  • バグ修正


既知の問題点


注記

  • AXT400 Jを新たにサポートされたUHF-Rバンド(G1HK、H4HK、J5HK、L3HKなど)のいずれかに設定した状態で、AXT400 Jユニットをバージョン1.17.10からバージョン1.15.3にダウングレードすると、RFバンドが変更されることに加え、異常な周波数表示(例:0.000 MHz)が発生することがあります。
    • バージョン2.0.27のAXTデバイスを他のShureシステム/ソフトウェアと運用する場合、以下のバージョン以降が必要です。
      • UR4 UHF-R受信機1.171
      • UR3プラグオン型送信機1.0.0.16
      • UR5ポータブルダイバーシティ受信機1.0.0.13
      • ULX-D ULXD4X受信機2.1.16
      • QLX-D QLXD4受信機2.1.5
      • PSM1000 P10T送信機1.4.2
      • SBRCラックマウント型充電ステーション1.0.1
      • Shureアップデートユーティリティ2.4.1
      • ShurePlus Channels 1.4
      • Wireless Workbench 6.12.2