旧規格のB型ワイヤレス機器が使用できなくなります

電波法関連法令 無線設備規則の改正により旧規格の特定小電力無線機器(B型ワイヤレス機器)は2022年11月30日以降、使用できなくなります。
2005年、電波法関連法令の無線設備規制において、無線設備のスプリアス発射( 必要周波数帯以外に発射される不要な電波) 強度の許容値が改正されました。これにより、旧規格の特定小電力無線機器(B型ワイヤレス機器)は2022年11月30日以降、使用できなくなります。

  • UT/EUT ワイヤレスシリーズ
  • UC ワイヤレスシリーズ
  • UHF ワイヤレスシリーズ
  • UR ワイヤレスシリーズ
  • SLX ワイヤレスシリーズ
  • PGX ワイヤレスシリーズ
  • ULX ワイヤレスシリーズ

本情報に関する詳しいご案内は、Shure国内正規販売代理店ヒビノインターサウンド株式会社に掲載の情報をご確認ください。旧規格特定小電力無線機器該当品番一覧もご覧いただけます。

旧規格の特定小電力無線機器が使用できなくなります:
http://www.hibino-intersound.co.jp/information/5441.html